VIXトレードのパフォーマンス

※2018年3月に変動率が1倍→0.5倍になったことを受け、2012年〜2018年2月のデータも変動率を0.5倍に変換後のシミュレーション。
※シミュレーションはYahoo!FinanceのSVXYのデータを基に作成。あくまでも過去の実績であり将来の結果を保証するものではありません。
※2012~2017年はシミュレーション値。2018年以降は実際のトレード実績値。

米国VIベアETFがトレードできるようになった2012年~2019年の平均利回りは約30%となっており、かなり高いことがわかります(一部シミュレーションを含む)。今回は2018年、2019年の私の実際のトレード実績をもって、年利20%としていますが、この利回りで安定して、運用ができるようになれば、あえて他の投資に手を出す必要がなくなります。