積立NISAやiDeCoの普及と同時に、多くの個人投資家が投
資信託の積立を始めています。

 

長期で積み立てることで、複利効果を高めるというのは、
とても有効な戦略であることには間違いありません。

 

ただ、投資は最終的に売って初めて、うまくいったかい
かなかったかが決まります。

 

一番重要と言っても過言ではないのですが、出口のこと
を考えて運用できている人はごくわずかしかいません。

 

ですので、今日は、投信運用の出口戦略として考える方
向性をお話ししたいと思います。

 

長期投資しておけばいいのか?

 
投資信託は、もともと企業の長期的な成長に期待をして、
投資をしていくものなので、長期投資という戦略は間違
ってはいません。

 

ただ、長期投資をしていれば、必ず利益が出るわけでは
ないことも理解しておく必要があります。

 

特に警戒すべきは出口付近での急落です。

 

例えば、15年運用して、あなたの資産が投資金額に対し
て、1.5倍程度になっていたとしましょう。

 

1000万円で運用をスタートして、1500万円になっていた
とします。

 

ここで、大きな急落相場が発生し、あなたの資産が30%減
りました。

 

そうすると、資産は1050万円になってしまいます。

 

「長期保有をすれば、いずれ戻るからそれまで保有を続
ければいいんでしょ?」とあなたは思うかもしれません。

 

しかし、実際にその場に出くわしてみるといかに、理論
と実践が違うかがわかります。

 

大きな下落相場では、悲観的なニュースばかりが流れま
す。

 

「まだ下落の始まりにすぎない」「もう一段下がる可能
性がある」など、悲観的なニュースを見ていると、「も
っと損失が大きくなるかもしれない」という思いになり
ます。

 

そうすると、大半の人は、「もう、これ以上損失を大き
くするわけにはいかない」と思い、断腸の思いで、保有
していた投資信託を売却します。

 

人間は元来、損失が大嫌いです。

 

そのため、評価損が▲300~400万円の状態がずっと続く
というのは、それだけで精神をすり減らされます。

 

頭では長期保有がいいとわかっていても、耐えられない
のが普通の人なのです。

 

これは一例ですが、盲目的に長期投資をしておけば、利
益が出るというのがいかに危険な発想かわかっていただ
けたでしょうか?

 

では、出口戦略としてどういったことを考えながら投資
をしていけばよいのかを次にお話しします。

 

自分でコントロールできるキャッシュフローを増やす

 
私がいつもアドバイスするときは、運用の出口戦略とし
て、月単位、年単位のキャッシュフローを増やすことを
目標に投資戦略を考えるようにアドバイスをしています。

 

なぜ、2000万円とか1億円とか資産の規模でなく、キャッ
シュフローなのかというと、老後も楽しく生活するため
に一番安心できるのは、

 

数千万円や数億円の資産を持つことよりも、毎月、毎年
着実に入ってくる収入の額を増やすことだからです。

 

毎月分配型の投資信託はこれだけ世間で叩かれるように
なりましたが、それでも需要があります。

 

それは、パフォーマンス以上に毎月入ってくる安心感を
投資家が買っているからです。

 

つまり、理論的に資産が増える投資(パフォーマンスが良
い、手数料が安い等)は老後になればなるほど、必要では
なくなり、安心感を感じられる投資のほうが重要になっ
てくるのです。

 

そして、老後に安心して投資をするためには、もう1つ
予想外の損失をなくすことも重要になります。

 

予期せず、20%の資産を失うようなことがあれば、老後の
ライフプランが大きく狂いかねません。

 

私がなぜ出口戦略で投資信託をおすすめしていないかと
言えば、投資信託では損失を自分でコントトロールでき
ないからです。

 

運用がすべてファンドマネジャー頼みなので、運が良け
れば、大きなプラスが出ますが、運が悪ければ、大きな
マイナスが出ます。

 

リスクを取れる若いうちはそれでも問題ありませんが、
年を重ねるにつれて、万が一にも大きなマイナスが出る
ような運用をしていては恐くて夜も安心して眠れません。

 

ですので、毎月、毎年安定したキャッシュフローをうみ、
かつ損失も自分でコントロールできるような投資戦略が
求められるのです。

 

出口として考えられる手段は?

 
それでは、具体的にどういった出口戦略を想定しながら
投資をするのがよいのでしょうか。

 

まず、最も定番の出口は不動産オーナーです。

 

1000万円でマンションを購入し、月6万円の家賃収入を受
け取るイメージです。

 

地価が落ちにくく、アクセスのよいエリアに物件を購入
すれば、大きな失敗はまずないのが不動産です。

 

内装にこだわって、自分でリフォームすれば、家賃収入
をあげられるので、利回り向上にもつながります。

 

不動産価格はリーマンショック級の下落が来たとしても、
エリアを間違えなければ、ほとんど値崩れしませんので、
安定収益という意味では、鉄板の手段になります。

 

2つ目は配当目当ての株式投資です。

 

米国には年4~5%の配当を20年、30年と出し続けている優
良株式がいくつもあります。

 

コカ・コーラ、アッヴィ、デューク・エナジーなど、調
べればいくつもの銘柄が見つかります。

 

株と聞くと、少しリスクが高いように感じる人もいるか
もしれませんが、20年、30年と増配しているような超優
良企業は、

 

大型銘柄が多いので、値動きは比較的小さく、配当利回
りも大きく変動しない銘柄がいくつもあります。

 

こういった高い配当利回りの銘柄を、少しずつ買い足し
ていくというのは、有効な出口戦略になります。

 

3つ目がトレードです。

 

トレードと聞くとリスクが高いイメージを持っている人
も多いかもしれません。

 

しかし、ちゃんとした運用戦略のもとトレードをすれば、
投資信託よりもはるかに手堅く収益を伸ばすことができ
ます。

 

私が運営しているVIXトレードスクールでも多くのスクー
ル生がVIXトレードを学んでおり、将来の安定したキャッ
シュフロー作りのために日々研鑽をつんでいます。

 

それ以外にも事業のオーナーなどありますが、少しハー
ドルも高いので、また別の機会にお話ししたいと思います。

 

まとめ

 
いかがでしょうか?

 

出口戦略を意識しながら自分の投資戦略を考えると、今、
投信の運用だけやっていてはいけないことに気が付きます。

 

あなたがするべきことは、出口戦略を見据えて、少しず
つさきほど紹介した投資にも取り組んでいくことです。

 

大きな金額でいきなり投資をするのではなく、少額で少
しずつ経験を積んでください。

 

その成功・失敗の経験が、そのあとの投資で成功するた
めの大きな糧になります。

 

不動産投資は最低でも数百万円は必要になりますので、
高配当の米国株式投資や私が教えているVIXトレードに挑
戦していくのも悪くないと思います。

 

VIXトレードスクールも随時開校していますので、興味の
ある方は、こちらから情報を取ってみてください。

>>VIXって何?なぜ多くの投資家がVIXトレードを習得したいと思うのか。VIXトレードスクールの内容を知りたい人はこちら