投資を始めると、できるだけ安く購入し、できるだけ高
く売ろうと誰しもが思います。

しかし、あまりにもそこにこだわりすぎると、例えば、
「もっと下がるにちがいない。」と思い続けているうち
に相場が反転してしまい、買い場を逃してしまうことが
あります。

また逆に「もっと上がるに違いない」と思い、保有を続
けていると、反落して利益が少なくなってしまうことも
あります。

どちらの場合にも言えることですが、投資において完璧
を求めてもうまくいくことはありません。

誰しもが相場の反転タイミングを見定めようとしますが、
反転のタイミングを予想するのは至難の業です。

それよりも「売り買いは腹八分」と言うように、完璧を
求めるのではなく、もともと完璧にタイミングを予想す
るのは不可能ということを理解し、

「反転の兆しがしっかり見えてからエントリーする。」
「10~20%程度下に逆指値注文を入れながら、利益を確定
させる」といった方法を取るほうが最終的には良い結果
を生むものです。

投資信託においては、中長期の投資が前提となるので、
なおさら初回の購入時期を気にしてもあまり意味があり
ません。

それよりも、自分の保有している銘柄に自信を持ち、保
有を続けることのほうがよほど重要です。

繰り返しになりますが、投資というのは、平常心で投資
判断ができているかがすべてを決めます。欲張りすぎて
も何も良い結果を生みません。

少し気を緩めて投資をしてみると良いかもしれませんね。