投資の世界で最も成功した人物といえば、多くの方が
ウォーレン・バフェットの名前を挙げると思います。

2020年の純資産はなんと732億米ドルとなっており、
世界で3番目の大富豪です。

バフェットは数多くの名言を残しており、今でもあなた
が投資をするときに役立つ数多くの名言を残しています。

今日はその中でも私が一番好きな名言を紹介したいと
思います。

バフェットの名言

ルールその1:絶対に損をするな。

ルールその2: 絶対にルール1を忘れるな。

これが数ある名言の中で私が一番好きな名言です。

「絶対に損をするな」だけでも、それなりに強い表現
ですが、さらに「絶対にルール1を忘れるな」と強く
念を押しているのが伝わってきます。

世界第3位の大富豪まで成り上がったバフェットがなぜ
それほどまでに損を避けることにこだわっていたので
しょうか。

それは一度損をすると、その損失を取り戻すためには、
とてつもない労力が必要だとわかっているからです。

50%の損失と50%の利益

とてつもない労力がかかるという話をする前に、あなた
には知っておいてほしい事実があります。

投資の世界では利回りという言葉が使われますが、こちら
は資産が上がったり下がったりした幅の%のことを指して
います。

この利回りというのには不思議な性質があり、50%の利益
が出たあとに50%の損失が出た場合、もとの数字に戻り
そうなものなのですが、実際にはそうはなりません。

例えば1,000万円が手元にあっって、3年間であなたの
資産が50%増えました。

そうすると、1000万円×50%=1500万円となります。

では、その後3年間であなたの資産が50%減ってしまった
とします。

さて、いくらになったでしょうか?

50%増えて、50%減ったので、1000万円に戻るでしょうか。

いいえ。正解は、1500万円×50%=750万円です。

なんと、50%増えて、50%減ったにもかかわらず、資産は
750万円に目減りしてしまうのです。

ちなみに、下の表のように、30%増えて、30%減った場合と
10%増えて、10%減った場合の金額も載せておきます。

スタート 利益 損失
10% 1000万 1100万 990万
30% 1000万 1300万 910万
50% 1000万 1500万 750万

ここからわかることは、大きな損失を出せば出すほど、
損失を出した分と同じ利回りで運用したとしても、資産
が減っていくということです。

逆に言えば、大きな損失を出すと、元本を取り戻すため
には、損失以上の高い利回りで運用ができなければいけ
ないことを意味します。

元本を取り戻す難しさ

さきほどは、50%プラスを出しても、50%マイナスを出す
と大きく資産が減ってしまうことがわかりました。

それでは、50%資産が減った場合、何%の利回りで運用が
できれば、1000万円まで回復させることができるでしょうか?

わかりやすく説明するために、まず3年間で50%資産が
目減りしたとすると、1000万円×(100-50)%=500万円に
なります。

さて、ここから3年間で1000万円まで戻すには何%の
利回りが必要でしょうか。

答えは500万円×(100+100)%=1000万円。

つまり、利回り100%の運用が求められるのです。

50%しか目減りしていないにもかかわらず、元の水準に
戻すには100%のリターンが必要なのです。

この元本を取り戻す難しさを知れば、大きな損失を出す
ことがいかに危険かわかったのではないでしょうか。

ちなみに30%目減りした資産をもとの1000万円に戻す時と、
10%目減りした資産を元の水準に戻すための利回りは以下の
ようになります。

スタート 損失 元本回復に必要な利回り
10% 1000万 900万 約11%
30% 1000万 700万 約42%
50% 1000万 500万 100%

いかがでしょうか?

損失を抑えることができれば、それを取り戻すことも容易
であることがわかりますね。

だからこそ、バフェットは『絶対に損をするな。絶対に
それを忘れるな』と念をおしているのです。

とはいっても、損失を恐れすぎていては、リターンを得る
ことはできません。

なので、ある程度のリスクは取る必要があるわけですが、
どうすればよいのでしょうか。

標準偏差とキャッシュポジション

投資の種類にもよりますが、標準偏差がわかる投資信託を
例にしてみましょう。

標準偏差とは価格の変動幅を表しています。

株式ファンドであれば、平常時は15~16程度が多いので、
平均利回りが5%だとすると、1年間で▲10%~+20%以内
に値動きが収まる可能性が高いことを意味します。

もう少し具体的に説明すると、

あなたは余剰資金として1000万円を保有していて、1000万円
を株式ファンドに投資をしたとします。

そうるすると、あなたが保有する資産に対して、この1年間で
最大10%の資産が減少するリスクがあります。

一方で、1000万円のうち、500万円は現金で保有し、残り
500万円を株式ファンドに投資をしたとすると、あなたが
保有資産に対して、この1年間で5%資産が減少するリスク
があります。

何が言いたいのかというと、現金の比率(キャッシュポジション)
を調整することで、あなたの全資産に対して、リスクを抑える
ことが可能であるということです。

つまり、もし、年間50%損失を出す可能性があるハイリスク
ハイリターンの投資案件にどうしても挑戦したいという場合、
1000万円全額で投資をすると、万が一のときに挽回すること
が非常に難しくなります。

一方で、100万円だけ投資をするのであれば、1000万円に
たいしては5%程度のリスクにしかなりません。

ここで重要なのは、いくら儲かりそうなのかという観点で
投資をしていないということです。

とにかく大きな損は絶対しないように自分の資金をコント
ロールすることができれば、あなたが投資している商品が
50%の大暴落を起こしたとしても、資産全体から見れば、
軽傷で済みます。

ですので、改めてになりますが、

ルールその1:絶対に損をするな。

ルールその2: 絶対にルール1を忘れるな。

どれだけ儲かりそうかではなく、どうすれば損失を抑えながら
資産を増やすことができるかと言う視点で、あなたの投資戦略
を考えてみてください。