10年以上、投資信託の運用をしている私ですが、長年運用
しているからこそ、投資信託のアドバイスをしていて、少し
違和感を覚えることがあります。

 

それは多くの人がファンドの銘柄選定だけをとにかく大事
にしているということです。

 

長年、投資信託の運用をしてきたからこそわかりますが、
ファンドのパフォーマンスに最も影響を与えるのは、実は
銘柄選定ではありません。

 

正直、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを選ぶか、
全世界株式(オールカントリー)を選ぶか、全世界株式(日本
除く)を選ぶか、米国株式(S&P500)を選ぶかは重要ではない
とは言いませんが、この中からどれを選ぶかよりもはるかに
重要なことがあります。

 

それが、「下落相場でも平常心で保有を続けられる精神力」
です。

 

これはある程度大きな金額で、大きな下落相場を経験した
ことのない人にはまだイメージができないかもしれません。

 

ですが、私が運用してきた経験から言えば、間違いなくこの
精神力を鍛えるほうがファンドのパフォーマンスに大きな
影響を与えます。

 

残念なことに、今私が保有しているファンドと同じファンド
をあなたが選択して保有したとしても、私と同じパフォーマ
ンスを得られる可能性はそこまで高くありません。

 

それはなぜか。

 

それは、あなたがなぜそのファンドを保有しているのか自信
を持てていないからです。

 

投資経験が少ない人にとって、ファンド選定に自信を持てと
いうのは酷ですが、自信を持っていないと、大きな下落相場
が来たとき、含み損に耐えられなくなり、最悪なタイミング
で売却してしまうことが頻繁に起こります。

 

というより、投資信託で損をしたと言っている人のほとんど
がこのパターンです。

 

「いやそんなことはない」と思う人もいると思いますが、
いざ大きな下落相場を経験すれば、この感覚がわかるよう
になります。

 

大きく相場が下落しているようなときは、相場に悪いニュー
スばかりが目に入ってきてしまいます。

 

そうすると、もっと下落してしまうのではないか、もっと
損失が膨らむんじゃないかと、毎日が不安で仕方なくなり
ます。

 

その結果、不安から解放されたい一心で、せっかく優れた
ファンドを選定できていたとしても、たいした利益も出ない
うちに売却してしまうのです。

 

下落相場でもしっかりと長期保有ができれば、eMAIXS Slim
先進国株式インデックスだろうが、全世界(オールカントリー)
だろうが、米国株式だろうが、たいていの株式ファンドで
あればプラスのリターンは出ます。

 

パフォーマンスにある程度の差は尽きますが、どれかを選ぶ
とマイナスになり、どれかを選ぶと大きなプラスになるとい
ったレベルの開きはまずつきません。

 

一方で、下落相場でも平常心のまま長期保有を続けた人と、
精神的にまいってしまい途中で売却してしまった人を比較
すると、いくら優れた銘柄を選定していたとしても、パフォ
ーマンスに雲泥の差がつきます。

 

片方はマイナスで終わってしまい、長期保有をしたほうだけ
プラスのリターンで終わります。

 

私が、ファンドの本数はそんなに増やさないほうが良いと
言っているのも、自分がこれだ!と思えるファンドをしっ
かりと選んでほしいからです。(初心者の方には難しいの
もわかっていますが。)

 

結局、ファンドを多数持っている人は、自分がどのような
ファンドを保有しているのかさえ、かなりあいまいの場合
が多いです。

 

そんな状態であれば、当然ですが、1本1本に自信をもって
保有しているはずはなく、大きな下落相場がこればほぼ間違
いなく売却してしまうでしょう。

 

「みんなが買っているから」
「あの人が良いって言ってるから」
「なんか良さそうだから」
「人気があるから」
「この投資信託を紹介されたから」

 

このような理由で初めは銘柄を選んでいると思いますが、
購入後、なぜ自分はこのファンドを選んだのか自分事と
して捉えておかないと、いくら良いファンドを選択して
いたとしても、いずれ来る下落相場で平常心を失い、
大きな利益を逃すことになります。

 

過去のパフォーマンスを調べたり、類似ファンドと比較
をしてみたり、運用会社のセミナーに参加してみたり、
色々とできることはあるのですが、とにかく自分の中で
確信が持てるまで調べてみると良いと思います。

 

逆に言えば、ファンドの選定がしっかりできていて、
この考え方が身についていれば、投資信託の運用は
安泰と言えます。

 

大きな下落相場がきたときはぜひ私の言葉を思い出して
くださいね。