2018年に続き、2019年のモーニングスターのファンド・
オブ・ザ・イヤーで最優秀ファンドを受賞したモルガン
・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン。

 

海外株式ファンドは優れたパフォーマンスを残している
ファンドが多い中で、2年連続で最優秀賞を受賞するのは
並大抵のことではありません。

 

早速、どんなファンドなのかを見ていきましょう。

 

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)の基本情報

投資対象は?

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
の投資対象は、世界各国のプレミアム企業です。

 

プレミアム企業というのは各国で圧倒的なシェアの獲得や
商品展開を行い、優良な特許、強固な販売網を裏付けに、
持続的に高い収益率や潤沢なキャッシュフローの増大が
期待できる企業です。

 

銘柄を20~40銘柄に絞り込む点も私としては好みですね。

 

現在の組別の組入比率を見てみると、アメリカが約60%、
次いでイギリス、フランス、ドイツと続きます。

 


※引用:マンスリーレポート

 

現在の組入銘柄は約30銘柄となっており、その中での
上位トップ10は以下のようになっています。

 

やはり、ほとんどがアメリカの企業が占めており、有名な
大手企業が上位にランクインしていることがわかります

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

 

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

 

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
は現在850億円程度で、為替ヘッジありも合わせると1000億円
をこえる巨大なファンドとなっています。

 

これだけの規模があれば、全く問題ありません。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
の実質コストは2.10%とかなり割高です。

 

それに加えて高い購入時手数料もかかりますので、購入した
初年度から5%近く資産が目減りしてしまいます。

 

優れたファンドでなければ、まず投資をしてはいけませんが、
コストに見合うリターンを提供してくれるのであれば、投資
をする価値も出てきます。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.980%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 2.10%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)の評価分析

基準価額の推移は?

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
の基準価額は直近3年間で40%以上上昇しており、非常に好調
であることがわかります。

 

2018年末の下落時は、どうなることかと多くの人が思ってい
ましたが、それをものともせず、2019年以降も大きく伸びて
います。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
の直近1年間の利回りは+26.93%とかなり高いリターンを実現
しています。

 

3年、5年平均利回りもほぼ10%を超えており、同カテゴリー内
のランキングで見ても、かなり優秀な成果を残すことができて
います。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解
していますか?

 

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +26.93% 2%
3年 +13.92% 6%
5年 +9.82% 4%
10年

※2020年2月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、モルガン・
スタンレー グローバル・プレミアム株式オープンの
基準価額の変動幅の大きさを知るには役立ちます。

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
の標準偏差は通常の株式ファンドと比べるとわずかに小さく
なっており、シャープレシオ等を見ても非常に優秀です。

 

基準価額の変動を抑えながらも大きな収益獲得ができています。

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 9.34 9%
3年 11.15 8%
5年 13.93 13%
10年

※2020年2月時点

 

年別のパフォーマンスは?

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
の年別のパフォーマンスも見てみましょう。

 

2016年、2018年はマイナスリターンで終わってしまって
いますが、2017年、2019年は20%以上のプラスを出して
います。

年間利回り
2019年 +27.94%
2018年 ▲5.10%
2017年 +20.18%
2016年 ▲0.53%
2015年 +5.33%

※2020年2月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
に投資を検討する上で、インデックスファンドとのパフォーマ
ンス比較をしてみましょう。

 

今回は、eMAXIS Slimシリーズの米国株式(S&P500)および
先進国株式インデックスと比較を行いました。

 

ここから少なくとも先進国株式インデックスよりはパフォ
ーマンスの面で優れていることがわかります。

 

S&P500とはかなり僅差の争いをしており、ほぼ同水準の
パフォーマンスです。

 

S&P500は世界的に見ても、かなり優秀な指数で、ほとん
どのファンドは指数に勝てていない現状を考えると、十分
健闘していると言えます。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
に投資をする前に、最大でどの程度下落する可能性があるのか
を知っておくことは非常に重要です。

 

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

 

それではここでモルガン・スタンレー グローバル・プレ
ミアム株式オープンの最大下落率を見てみましょう。

 

最大下落率は運用期間がまだ短いので13%程度しかありません
が、リーマンショックのときは株式ファンドは50%程度下落
したこともありますので、今後、まだまだ大きな下落をする
ことはあると思っておいたほうがいいですね。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

 

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲10.76%
3カ月 ▲12.24%
6カ月 ▲12.14%
12カ月 ▲13.02%

※2020年2月時点

 

評判はどう?

それでは、モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム
株式オープンの評判はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入
を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン
は2018年以降急激に純資産が流入しており、2019年も引き続き
大きく資金が流入しています。

 

2020年もファンド・オブ・ザ・イヤーを受賞していますし、
人気は継続すると考えるのが妥当でしょう。

 


※引用:モーニングスター

 

モルガン・スタンレー グローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)の今後の見通し

eMAXIS Slim 米国株式に負けないパフォーマンスである
時点で、優秀なファンドであり、今後も大きなリターンが
期待できるファンドの1つだと思います。

 

マザーファンドの運用も30年近く運用・調査経験をもつ
Lock氏が運用チームを率いており、マザーファンドの運用
には約7年携わっています。

 

この体制が維持される限りは高いパフォーマンスが期待
できそうです。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点