老後2000万円問題が大きくクローズアップされるように
なってから、よりリスクの高いファンドで運用をしたい
というニーズが増加しています。

 

そのニーズに合わせて設定されたのが、日興アセットの
グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)です。

 

このファンドが設定されなければ、2019年にあれほど
レバレッジ型ファンドが設定されることはなかったでしょう。

それくらい多くの投資家から注目を集めていたのが、
グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)です。

 

投信ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤー2019でも
見事入賞を果たし、さらに注目が集まっています。

 

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は世界の株式、
REIT、債券に分散投資をしながら、レバレッジを3倍に
した商品です。

 

ただし、多くの人が勘違いをしているのですが、あくまでも
純資産総額が3倍になるように運用がされるのであり、基準
価額の値動きが3倍になるわけではありませんので、注意して
ください。

 

このあたりは後程詳しく解説します。

 

それでは、早速グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)を見て
いきましょう。

 

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の基本情報

投資対象は?

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の主要投資対象は、
グローバルの株式、REIT、債券です。

 

構成比率を見ると、例えば株式なら国内株式、新興国株式、
先進国株式にそれぞれ均等に分散投資をしており、他の
アセットクラスでも均等に分散投資をしていることが
わかります。

 


※引用:マンスリーレポート

 

注目すべきは資産の合計が300%になっているということです。

 

通常であれば、合計100%になるように分散投資をするわけですが、
グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)では100%×3倍になって
いるということですね。

 

ただし、繰り返しになりますが、これは基準価額の変動が3倍に
なるのとは意味が違いますので、注意してください。

 

為替リスクを抑えた運用とは?

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は、一見すると単純に
純資産を3倍にして運用ができるとだけ思ってしまいますが、
それ以外にも運用の特徴があります。

 

それは、為替リスクです。通常のファンドであれば、100万円
分の海外国債を購入し、110万円に値上がりしたとすると、
110万円にたいして、為替リスクを負っていることになります。

 

しかし、先物取引を活用した場合は違います。

 

先物取引を活用した場合、仮に100万円分の海外国債を購入
したとして、先物が110万円に上昇したとしても、この10
万円にしか為替の影響を受けないのです。

 

これは、先物取引が証拠金取引であることが関係している
のですが、先物についてここで詳しく理解する必要はあり
ませんので、先物取引(信用取引)を活用しているので、
為替リスクを抑えられるとだけ覚えておいてください。

 

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を購入する前に必ず確認しておきたい
ポイントです。

 

純資産総額が少ないと、銘柄の入れ替えに支障をきたすことが
あったり、運用時に必ずかかる印刷費用や監査費用が相対的に
高くなります。

 

さらに投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなること
もあります。

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は2019年の3月ごろ
までは全くと言っていいほど、注目されていませんでした。

 

しかし、パフォーマンスが好調になるにつれて、注目を集め
出し、現在ではすでに4000億円に迫る勢いで資金が集まって
きています。

 

コロナショックで大きく基準価額が下落したにもかかわらず、
いまだ4000億円の規模を維持できているのはすごいですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買手数料や
有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は購入時手数料がかかる
ものの、信託報酬については、比較的健全な水準となっています。

 

実質コストを見てみると、0.510%とアクティブファンドの
中では、割安な水準ですので、こういった点も投資家から
評価されているのでしょう。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 0.484%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 0.510%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の評価分析

基準価額の推移は?

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の基準価額は、
2020年3月ごろまで大きく上昇しました。

 

モーニングスターのFund of the year 2019を受賞する
レベルですので、いかにパフォーマンスがよかったのか
わかります。

 

ただ、コロナショック時はかなり大きく下落し、一時は
10000円を割り込む水準まで下落しました。

 

のちほど比較しますが、バランスファンドだと思って、
運用していたとすると、この下落幅にはきっと驚いた
に違いありません。

 


※引用:モーニングスター

 

ただ、基本的にグローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は
株式ファンドとほぼ同じリスクですので、株式ファンドだと
思っておいたほうが驚かずに済むと思います。

 

利回りは?

つづいて、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の
運用実績を見てみましょう。

 

直近1年間の平均利回りは1.28%なっており、半年前の
利回りと比べると急激に悪化しました。

 

コロナショックの下落幅が株式ファンドと比べても
大きかったことが大きな要因です。

 

2019年はとにかくパフォーマンスが優れていたので、
投資家が集まりましたが、2020年以降はそこまで
優れているわけでもありませんので、今後が勝負
になってくるでしょう。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り 2020年1月 2020年7月
1年 31.80% 1.28%
3年
5年
10年

※2020年7月時点

 

同カテゴリー内における利回りランキング(上位●%)の変化

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は、バランス
成長型カテゴリーに属しています。

 

同カテゴリー内では、上位10%に入るパフォーマンスと
なっていますが、

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)はポートフォリオ上
はバランスファンドですが、レバレッジが利いていますので、
実質は株式ファンドとして考えておくべきです。

 

ただ、バランスファンドとしてみれば、非常に優れたファンド
だと評価できます。

平均利回り(上位●%) 2020年1月 2020年7月
1年 1% 10%
3年
5年
10年

※2020年7月時点

 

年別のパフォーマンスは?

つづいて、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の
年別のパフォーマンスを見てみましょう。

 

2019年の30%超のリターンは、文句のつけどころが
ありません。

 

ただ、2020年以降のパフォーマンスが伸び悩んでおり、
少し残念な部分です。

年間利回り
2020年 ▲6.04%(1-6月)
2019年 31.80%

※2020年7月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

インデックスファンドとのパフォーマンスの差は?

グローバル3倍3分法ファンドに投資をするのであれば、
より低コストのインデックスファンドとパフォーマンスを
比較しておいて損はありません。

 

さきほど説明したとおり、グローバル3倍3分法ファンド
(1年決算型)は実質株式ファンドと同じ程度のリスクで
運用されているので、今回は株式ファンドと比較します。

 

そして、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)は
世界の株式に分散投資をしていることから、超低コスト
で人気の高い、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
とパフォーマンスを比較します。


※引用:モーニングスター

 

直近1年間のパフォーマンスはほぼ互角となっています。

 

若干、値動きに差はありますが、この程度の変動であれば、
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)を保有している
のとたいして差はないと言えます。

 

ご覧のとおり、ほぼ株式ファンドと同じ値動きをしています
ので、一般的に株式ファンドよりもリスクの低いバランス
ファンドだと思って投資をするとかなり痛い目を見ること
になります。

 

手堅く運用しつつ、大きく儲けたいと思い、グローバル3倍
3分法ファンドを選択すると、これくらいの下落幅は
今後も必ず発生します。

 

そのことをしっかりと理解した上で投資をしてください。

 

つづいて、アクティブファンドともパフォーマンスを
比較してみます。

 

インデックスファンドとのパフォーマンスの差は?

グローバル3倍3分法ファンドに投資をするのであれば、
同じくパフォーマンスの優れたアクティブファンドとも
比較をしてから投資をしても損はありません。

 

今回は、世界中の株式に分散投資ができて、非常に人気の
高いセゾン 資産形成の達人ファンドとパフォーマンスを
比較しました。

※引用:モーニングスター

 

結果はわずかではありますが、セゾン 資産形成の達人
ファンドのほうが上回っています。

 

注意したいのは、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)
のほうが、上にも下にも大きく上下に振れており、リスク
が高いという点です。

 

逆に言えば、セゾン 資産形成の達人ファンドはグローバル
3倍3分法ファンド(1年決算型)と比較して、リスクを抑え
ながら高いパフォーマンスを残していると言えます。

 

設定当初のパフォーマンスが異常によかっただけにここに
きて、勢いが失速しています。

 

ただ、決して他のファンドと比較をして劣っているわけでは
ないので、今後に期待が持てると言えます。

 

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が
気になるのが、最大どの程度、資産が下落する可能性が
あるのかという点です。

 

特に、3倍のレバレッジがきいていますので、どの程度下落
するものなのか調べておく必要があります。

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の最大下落率は、
2020年1月~3月の18.78%です。

 

コロナショックはすぐに回復したため、そこまで大きな
下落はまだ経験していません。

 

ただ、バランスファンドではありますが、株式ファンドか
それ以上に下落するファンドであることはしっかりと
理解した上で投資をするようにしてください。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまう
かもしれません。

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れ
の可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲17.04%
3カ月 ▲18.78%
6カ月 ▲16.83%
12カ月 ▲7.41%

※2020年7月時点

 

評判はどう?

それでは、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)のの評判は
どうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を
見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪くなって
いれば、資金が流出超過になります。

 

以下のグラフを見てみると、コロナショック前までは急速に
資金が流入超過となっていましたが、コロナショック後は、
資金が流出しています。

 

正直、直近のパフォーマンスはそこまで優れていないことが
流出の原因でしょう。


※引用:モーニングスター

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の評価まとめと今後の見通し

いかがでしたでしょうか?

 

2019年は2018年末に大きく下落した分、多くのファンドが
好調なパフォーマンスとなりました。

 

そのため3倍のレバレッジを効かせたグローバル3倍3分法ファンド
も基準価額が大きく上昇しました。

 

パフォーマンスが好調であるため、多くのメディアでも取り上げ
られて、それによりさらに多くの投資家が流入してきていますが、
すぐに飛びいて良いことはありません。

 

初年度は好調だったグローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)
ですが、直近の1年間でみると、eMAXIS Slim 全世界株式や
セゾン 資産形成の達人ファンドとほとんど変わらない
パフォーマンスとなっています。

 

これらのファンドも決してパフォーマンスが悪いわけでは
ないので、それと同程度なのであれば、悪くはないのですが、
逆に言えば、あえて特別なファンドを購入しなくても、
同程度のパフォーマンスは実現できるということです。

 

どうしてもファンドの運用をしていると、他のファンドに
目移りをしてしまいがちです。

 

ただ、そこでファンドを乗り換えると、今度は乗り換える
前のファンドのパフォーマンスが好調になったりします。

 

ですので、そこまでパフォーマンスに差がないのであれば、
無理に乗り換える必要はありません。

 

ただ、グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)も決して
悪いファンドではありませんので、新しく今から投資を
する人であれば、選択肢の1つとして検討してもよいかと
思います。

 

ただ、繰り返しになりますが、バランスファンドとして
ではなく、バランスファンドよりリスクの大きい株式
ファンドだと思って投資をするようにしてください。

 

そうしなければ、値動きの大きさに驚くことになると
思います。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点