募集から1カ月で純資産が1000億円を突破したグローバル・
プロスペクティブ・ファンド『イノベーティブ・フューチャー』。

 

破壊的イノベーションを起こし得る企業に投資をしていく
という耳ざわりの良い言葉を並べて作られていますが、
果たしてパフォーマンスはどうなっているでしょうか?

 

今日は、グローバル・プロスペクティブ・ファンドについて
徹底分析していきます。

 

 

グローバル・プロスペクティブ・ファンド『イノベーティブ・フューチャー』の基本情報

投資対象は?

グローバル・プロスペクティブ・ファンドの投資対象は、
世界の破壊的イノベーションを起こし得るビジネスを行う
企業の株式です。

 

破壊的イノベーションの3条件として、①劇的に生産性の向上
をもたらすこと②急激なコスト低下をもたらすこと③イノベ
ーション・プラットフォームであることが挙げられます。

 

個別銘柄の選定ではイノベーションにフォーカスした調査に
強みをもつ米国のアーク・インベストメントが行います。

 

日興アセットが最近設定しているファンドの多くがアーク社の
投資助言を受けており、日興アセットの力の入れ具合がわかります。

 

それでは、国別の構成比と業種別の構成比を見てみましょう。

 

まず国別の構成比ではアメリカの比率が90%を超えてきており、
ほぼ米国株のファンドといっても差し支えありません。

 

業種別で見ると、ヘルスケアや情報技術の比率が高いようです。

 


※引用:マンスリーレポート

 

もう少し具体的に組入銘柄を見てみましょう。テスラは
名前を聞いたことがあると思いますが、自動車メーカです。

 

ただ近年では、自動運転やライドシェアサービスなど、
副次的なサービスに注目が集まっています。

 

イルミナはゲノム解析装置製造の世界的リーダーです。

 

スクエアはモバイル決済のハードウェアを提供する企業
ですね。

 

インビテやCRISPRなどもイノベーションという言葉が
似合う企業群です。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を購入する前に必ず確認しておきたい
ポイントです。

 

純資産総額が少ないと、銘柄の入れ替えに支障をきたすことが
あったり、運用時に必ずかかる印刷費用や監査費用が相対的に
高くなります。

 

さらに投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその投資
信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることもあります。

 

グローバル・プロスペクティブ・ファンドは設定してから1カ月
経たずに1000億円を突破し、それ以降も着実に資産を増やして
いき、一時は3000億円を超える規模にまで成長しました。

 

コロナショックで一時は2000億円近辺まで下落しましたが、
パフォーマンスの回復に伴い、現在は2600億円程度まで
戻しています。規模としてはかなり大きいファンドなので、
問題ありませんね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式
売買手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

 

グローバル・プロスペクティブ・ファンドの実質コストは
運用報告書が出ていないためわかりませんが、信託報酬が
1.6424%となっているので、実質コストは1.8%台になっても
おかしくありません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.6424%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト まだ不明

※引用:運用報告書

 

グローバル・プロスペクティブ・ファンド『イノベーティブ・フューチャー』の評価分析

基準価額の推移は?

グローバル・プロスペクティブ・ファンドの基準価額は、
2020年に13000円近辺まで上昇しましたが、コロナショック
の影響で8,000円を割るところまで下落しました。

 


※引用:モーニングスター

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

グローバル・プロスペクティブファンドへの投資を検討
するのであれば、より低コストのインデックスファンドと
パフォーマンスを比較してからで損はありません。

 

グローバル・プロスペクティブファンドは90%が米国
株式ですので、今回はS&P500に連動するインデックス
ファンドであるiFree S&P500インデックスと比較をして
みます。

 

こう比較すると、グローバル・プロスペクティブファンド
は負けたり、買ったりしていますがS&P500のほうが変動
幅が小さいようです。

 


※引用:モーニングスター

 

評判はどう?

それでは、グローバル・プロスペクティブ・ファンドの
評判はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入
を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

 

グローバルプロスペクティブファンドはコロナショックを
受けて大きく下落した月も何とか流入超過を維持できて
おり、未だ人気が衰えていません。

 

高コストファンドなので、もう少し様子を見てから投資を
してもいいように思いますが、積極的に投資をしている
人も多いようです。

 


※引用:モーニングスター

グローバル・プロスペクティブ・ファンド『イノベーティブ・フューチャー』の今後の見通しと評価まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

投資助言会社が同じ場合、組入られる銘柄というのは、基本的
に似通ってきます。

 

特に日興アセットはアーク社と似たようなファンドを何個も
設定しています。

 

日興アセットとアーク社は、フィンテック、宇宙、ゲノム、MaaS
などのテーマでファンドを設定しており、今回はこれらのテーマを
ひとまとめにしたファンドと言えるかもしれません。

 

iFree S&P500インデックスにパフォーマンスで勝てるアクティブ
ファンドはほとんどありませんので、互角の戦いができている
グローバル・プロスペクティブファンドは決して悪いファンド
ではありません。

 

ただ、販売手数料もかかりますし、信託報酬もかなり割高です
ので、もう少し様子を見てから投資をしても遅くはないでしょう。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点