米国債とともに投資家から人気のある豪ドル建ての債券。

その波に乗って作られたのが三井住友DSアセットマネジメントの
短期豪ドル債オープン(毎月分配型)です。

設定当初は非常に人気があり1兆円をこえる規模まで膨れ上がった
のですが、現在はやや落ち目となっています。

今日は、短期豪ドル債オープン(毎月分配型)について徹底的に
分析していきます。

「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)って投資対象としてどうなの?」

「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)って持ってて大丈夫なの?」

「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)より良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の基本情報

投資対象は?

投資対象は主として、高格付けの豪ドル建ての公社債及び短期金融商品
へ投資していきます。

格付というのは、債券などの元本及び利息が当初の契約の定め通りに
返済される確実性を示すもので、信用力の高い格付けをもつ債券ほど、
元本及び利息が当初の予定どおり償還されます。

一般的に長期格付けでBBB以上の債券が投資適格債と呼ばれており、
多くの機関投資家も投資対象とするのですが、短期豪ドル債オープン
(毎月分配型)の場合は、長期格付けでA以上の債券を対象としており、
安心できる材料のひとつと言えます。

そして、オーストラリアの国債利回りを下に示しますが、格付が
AAAでアメリカより利回りが高いということで、実は世界的にみても、
非常に優良な投資先として、注目を集めています。

豪ドル建て債券と聞くと、ほとんどがオーストラリア国債なのではと
思ってしまいがちですが、組入銘柄の国別の構成を見てみると、
オーストラリア国債はあくまで4割となっており、残りの6割は
それ以外の債券ですので、勘違いしないように注意が必要です。


※引用:マンスリーレポート

また債券別の組み入れ比率を見ると社債の比率が高いことから、
値動きは株式相場と相関が高くなる傾向があります。


※引用:マンスリーレポート

つみたてNISAとiDeCoの対応状況は?

つみたてNISAやiDeCoで積立投資を検討している人も多いと
思います。

そこで、つみたてNISAやiDeCoの対応状況をまとめました。

つみたてNISA iDeCo
× ×

※2022年2月時点

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)は一時期1兆円をこえる人気
ファンドでしたが、現在では、1050億円ほどとなっています。

毎月分配型のファンドは風当たりが強くほとんどのファンドで
純資産が減っていますが、短期豪ドル債オープン(毎月分配型)も
例外に漏れず影響を受けています。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の実質コストは1.02%となっており、
カテゴリーの中ではかなり低いのですが、利回りが低いことを考えると
取り過ぎです。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 2.2%(税込)※上限
信託報酬 0.99%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.02%(概算値)

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の評価分析

基準価額をどう見る?

現在の短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の基準価額は直近3年間で
ほぼ横ばいとなっています。

分配金を受け取らずに運用した場合の基準価額(青線)の推移を
見ると、3年間で5%ほどしか上昇していないので、運用は
うまくいっていないことがわかります。

下落続きのファンドでしたが、分配金を減らしたことで、何とか
トントンの状況を維持していますが、基準価額が3000円台の時点
で、悪質な分配をしてきたとわかります。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の直近1年間の利回りは
▲0.34%です。

10年平均利回りは2%弱のプラスですが、5年平均利回りは
マイナスとなっており、安定した運用ができていないこと
がわかります。

このファンドで美味しい思いができているのは、運用会社
と販売会社だけですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 ▲0.34%
3年 +1.42%
5年 ▲0.24%
10年 +1.78%

※2022年2月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年平均利回りランキングで見る圧倒的に優れた投資信託まとめ

同カテゴリー内での利回りランキングは?

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)は国際債券の短期債カテゴリー
に属しています。

投資をするのであれば、同じカテゴリーでも優秀なパフォーマンス
のファンドに投資をすべきなので、同カテゴリー内でもパフォー
マンスのランキングは事前に調べておいて損はありません。

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)は、直近1年のパフォーマンスが
厳しかったことが要因で、全体的に大きく順位をさげています。

カテゴリー内では、下位30%程度とパフォーマンスとしては
残念な結果になっています。

上位●%
1年 67%
3年 43%
5年 67%
10年 70%

※2022年2月時点

年別の運用利回りは?

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

思った以上にマイナスの年が多くなっています。

毎月分配金を受け取るようなファンドというのは、安定した毎年
プラスのリターンになっているのが理想的です。

その点、短期豪ドル債オープン(毎月分配型)はマイナスの年が
かなり多く、あまり良い運用ができているとはいいがたいですね。

年間利回り
2021年 +4.87%
2020年 +4.35%
2019年 ▲0.05%
2018年 ▲10.08%
2017年 +6.43%
2016年 ▲2.50%
2015年 ▲8.88%
2014年 +7.88%

※2022年2月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

インデックスファンドとの利回り比較

アクティブファンドに投資をするのであれば、インデックス
ファンドよりも優れたパフォーマンスでなければ投資をする
価値がありません。

あまり類似したファンドというのがありませんでしたので、
今回は、FTSEオーストラリア国債インデックスに連動する
eMAXIS 豪州債券インデックスとパフォーマンスを比較
してみました。

※引用:モーニングスター

結果は、終始、短期豪ドル債オープン(毎月分配型)がパフォ
ーマンスで劣っています。

これでは、高いコストを支払ってまで、短期豪ドル債オープン
(毎月分配型)に投資をするメリットがありませんね。

短期豪ドル債 eMAXIS豪州
1年 ▲0.34% ▲4.19%
3年 +1.42% +2.17%
5年 ▲0.24% +1.01%
10年 +1.78%

※2022年2月時点

類似ファンドとの利回り比較

毎月分配型のアクティブファンドに投資するのであれば、
同じく毎月分配型のアクティブファンドとパフォーマンスを
比較してから投資をしても遅くはありません。

今回はオーストラリアの公社債に分散投資ができるオース
トラリア公社債ファンド『オージーボンド』
と比較を
してみました。


※引用:モーニングスター

結果は短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の惨敗です。

オーストラリアの債券に投資をしたいのであれば、
オージーボンドのほうがまだ健全ですね。

より長期のパフォーマンスで比較をしてもオージーボンドが
優位であることは変わらないようです。

短期豪ドル債 オージーボンド
1年 ▲0.34% ▲4.07%
3年 +1.42% +1.88%
5年 ▲0.24% +0.58%
10年 +1.78% +2.84%

※2022年2月時点

最大下落率はどれくらい?

投資をするにあたって、気になるのがどの程度下落するかでしょう。

標準偏差である程度は理解できるものの、やはり実際に下落したかは
気になります。

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)では、2008年2月~2009年1月の
間に最大34.31%下落しています。

リターンが全く望めない中で、比較的大きい下落が起こり得るファンドは
恐くて投資ができません。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲19.93%
3カ月 ▲34.12%
6カ月 ▲40.89%
12カ月 ▲34.31%

※2022年2月時点

分配健全度はどれくらい?

分配金を毎月受け取っていると、受け取っていることに安心
してしまい、自分の投資元本からの配当なのか、ファンドの
収益からの配当なのか調べなくなります。

そこで、分配金がファンドの収益からちゃんと支払われている
のかを調べるときに役立つのが分配健全度です。

分配健全度とは、1年間の分配金の合計額と基準価額の変動幅を
もとに、あなたが受け取った分配金の約何%がファンドの収益
によるものなのかを計算できる指標です。

基準価額の変動幅 1年間の分配合計額 分配健全度
▲20円 60円 67%

※2021/2/10~2022/2/10

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の直近1年間の
分配健全度は67%となっています。

分配健全度は100%を切ると、一部ファンドの収益以外から
分配金が支払われていることを意味しますが、0%を下回る
ということは、ファンドの収益からの支払いは一切ない
ということを意味します。

分配金自体がかなり少ないにも関わらず、分配健全度が
100%を切っているというのは何とも残念なファンドです。

分配金利回りはどれくらい?

毎月分配型のファンドに投資をしている場合、どれくらいの
分配金が受け取れるのかを知るために分配金利回りを参考
にします。

分配金利回りは1年間で受け取った分配金の合計金額を
基準価額で割ることで計算できます。

ただし、投資信託の場合、分配金利回りだけをみていると、
受け取っている分配金がファンドの収益から出ている
ものなのか、投資元本が削られているのか、判断できません。

そのため、ファンドの運用利回りと分配金利回りを比較して、
ファンドの運用利回りのほうが高ければ、あなたが受け取って
いる分配金がファンドの運用の収益から支払われていると
判断することができます。

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の分配金利回りは
1.7%なので、かなり健全です。

とはいえ、ファンドの運用利回りよりも、少し高いですので、
すべてをファンドの運用益から賄えるかというと難しいでしょう。

運用利回り 分配金利回り
1年 ▲0.34% 1.7%
3年 +1.42%
5年 ▲0.24%
10年 +1.78%

※2022年2月時点

分配金余力はどれくらい?

毎月分配型ファンドに投資をしている場合、もう1つ気になる
のが今後いつごろ、減配されそうかという点です。

そんなときに役立つのが分配金余力という考え方です。

分配金余力というのは、今の分配金の水準をあと何か月
続けられそうかを判断するための指標です。

明確にこの水準になったら減配されるという指標では
ありませんが、12カ月を切ったファンドはたいてい近々、
減配されることが多いです。

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の分配金余力は
残り20カ月程度しかありません。

このままいくと、近々減配となる可能性が高いです。

分配金 繰越対象額 分配金余力
210期 10円 127円 13.7カ月
211期 5円 126円 26.2カ月
212期 5円 125円 26.0カ月
213期 5円 124円 25.8カ月
214期 5円 123円 25.6カ月
215期 5円 121円 25.2カ月
216期 5円 120円 25.0カ月
217期 5円 116円 24.2カ月
218期 5円 112円 23.4カ月
219期 5円 108円 22.6カ月
220期 5円 106円 22.2カ月
221期 5円 102円 21.4カ月

 

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約
している人が多いということなので、評判が悪いということです。

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)は2015年以降毎月資金が流出
しており、評判はこよなく悪いと言えます。


※引用:モーニングスター

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)の評価まとめと今後の見通し

毎月分配型のファンドに投資をする上で、大前提として必要に
なるのが、ファンド自体の運用利回りがそれなりに高い必要
があるということです。

そうしなければ、あなたが受け取ったファンドの収益はすべて
あなたの投資資金から支払われることになります。

ですので、短期豪ドル債オープン(毎月分配型)のように、
ファンドの運用がそもそもうまくいっていないものには
投資をするべきではありません。

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)は、今後、同水準の配当を
続けるようであれば、ますます基準価額は下がり、分配金余力も
心許ないことから、減配されることが予想されます。

少なくとも、短期豪ドル債オープン(毎月分配型)に投資をする
よりはeMAXIS 豪州債券インデックスやオージーボンドのほうが
パフォーマンスがまだよいので、そちらに乗り換えるべきでしょう。

ただ、根本的に豪州債券ファンドはそこまで優れているわけでは
ないので、根本的に見直すのが一番おすすめです。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点