投資信託に投資することを検討したことがある人であれば、まず名前を聞いたことがあるひふみプラス。

ファンドマネージャーの藤野さんによるメディア戦略が功を奏している側面もありますが、ファンドのパフォーマンス実績に加え、「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」を要件とする「つみたてNISA」制度の対象ファンドのひとつに選ばれているとおり、金融庁のお墨付きを得ていることも大きな人気となっている要因のひとつです。

今日は、このひふみプラスについて、独自の目線で徹底分析していきたいと思います。

「ひふみプラスって持ってて大丈夫なの?」

「ひふみプラスって投資対象としてどうなの?」

「ひふみプラスより良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、悩みは解消すると思います。


ひふみプラスの基本情報

レオスキャピタルとは?

まず、ひふみプラスを運用しているのは、レオス・キャピタルについて簡単に説明しておきます。

同社を率いるのは、ゴールドマンサックス・アセットマネジメントなどで主に日本の中小型株ファンドマネージャーとして辣腕を振るってきた、藤野英人さんです。

藤野さんは同社の最高投資責任者でもあり、ひふみプラスとひふみ投信の運用実務に携わるメンバーのひとりです。2003年設立の比較的若い資産運用会社で、日本の資産運用会社としては珍しく、ブティック型の自社運用に特化しています。

運用する投資信託の純資産残高が業界中堅クラスであるにも関わらず、設定している投資信託はマザーファンドを除き、わずか10程度というのは運用の自信がなければできません。

このような特徴と運用するファンドの好調さも相俟って、日本の資産運用会社の中でもユニークな存在として、注目を集めています。

投資対象は?

ひふみプラスは国内害の上場株式を投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して投資していきます。

株式の割安感や株価水準といった定量調査と、経営者や製品、現場の声といった定性調査の双方からアプローチし、成長企業を発掘していきます。


※引用:交付目論見書

もともと海外株式は組入られていなかったのですが、資金が集まり過ぎたことにより現在は海外株式も組み入れられるようになっています。

現在では約3%が海外株式となっています。以前と比べるとかなり海外株式の比率は少なくなっていますね。


※引用:マンスリーレポート

ひふみプラスの組入れ銘柄は265銘柄となっており、かなり多くの銘柄に分散投資していることがわかります。組入れ上位銘柄を見てみると、有名どころが並んでいますね。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できなかったり、コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ひふみプラスは2018年以降、純資産が減少を続けていますが、それでも、4500億円ありますので、かなり大きなファンドです。大きくなりすぎたことで、海外株式まで組入れ始めている点のほうが気になるファンドですね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ひふみプラスの実質コストは、1.25%と同カテゴリー内ではかなり割安となっています。

ただし、インデックスファンドと比べると、割高であることには変わりないので、パフォーマンスの比較は必須でしょう。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.078%(税込)※純資産総額により変動
信託財産留保額 0
実質コスト 1.25%(概算値)

※引用:最新運用報告書

「ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?」と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

ひふみプラスの評価分析

基準価額をどう見る?

ひふみプラスの基準価額を見てみましょう。コロナショックでは大きく下落しましたが、その後は2021年末まで大きく伸長しました。ただ、2022年以降は大きく下落しています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

それでは、ひふみプラスの利回りはどうでしょうか?

直近1年間の利回りは▲18.11%とかなり大きくマイナスとなっています。3年、5年、10年平均利回りはプラスなので、悪くはないことはわかりますが、果たしてどの程度良いのかもわかりません。

ですので、同類のファンドとパフォーマンスを比較したうえで、投資判断をするようにしてください。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 ▲18.11%
3年 +5.61%
5年 +3.30%
10年 +14.78%

※2022年10月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している国内大型株式ファンドランキング

同カテゴリー内での利回りランキングは?

せっかく投資をするのであれば、同じカテゴリー内でも、優れたファンドに投資をするべきです。

ひふみプラスは国内中型株の成長カテゴリーに属しています。10年平均利回りだけは上位30%内にランクインしていますが、それ以外の期間では平均以下のランキングとなっています。

上位●%
1年 68%
3年 55%
5年 51%
10年 25%

※2022年10月時点

年別のパフォーマンスは?

ひふみプラスの年別のパフォーマンスを見てみると、2018年、2022年は2桁のマイナスとなっています。

それ以外の年では2桁のプラスを出している時も多くあり、トータルで見れば十分プラスとなっているように見えますが、同カテゴリー内ではそこまで凄い成果を残しているわけではない点に注意してください。

年間利回り
2022年 ▲15.19%(1-9月)
2021年 +3.32%
2020年 +20.73%
2019年 +23.09%
2018年 ▲21.23%
2017年 +44.79%
2016年 +4.62%

※2022年10月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、重要なテーマです。ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみてください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

アクティブファンドに投資をするのであれば、事前にインデックスファンドとのパフォーマスを比較しておいて損はありません。

ひふみプラスはTOPIXを参考ベンチマークとしておいていますが、直近、日本を代表する指数としては日経225のほうがパフォーマンスが優れているので、ニッセイアセットのニッセイ 日経225インデックスファンドと比較してみました。


※引用:モーニングスター

2021年まではひふみプラスが上回っていましたが、2022年に入ってからはニッセイ日経225インデックスファンドが上回っています。

より長期のパフォーマンスはどうでしょうか。

年平均利回り ひふみプラス ニッセイ 日経225
1年 ▲18.11% ▲10.29%
3年 +5.61% +7.77%
5年 +3.30% +6.77%
10年 +14.78% +13.08%

※2022年10月時点

5年平均利回りまではニッセイ 日経225インデックスファンドのほうが上回っていますが、10年平均利回りだけはひふみプラスが買っています。

ひふみプラスも悪くないファンドではあるものの、あえて一本選ぶとなった際に、このファンドを選ぶかと言われると、少し躊躇してしまうような結果ですね。

アクティブファンドとのパフォーマンス比較

アクティブファンドに投資をするのであれば、他のアクティブファンドとパフォーマンスを比較してから投資をしても遅くはありません。

今回は、国内大型株カテゴリーで優れた成果を出しているスパークスの新・国際優良日本株ファンド『厳選投資』と比較を行いました。


※引用:モーニングスター

結果は、大半の期間でひふみプラスはパフォーマンスで厳選投資に負けています。

より長期のパフォーマンスで比較をしても厳選投資がリードしており、厳選投資のほうがコストは高くなりますが、検討する価値があると言えるでしょう。

年平均利回り ひふみプラス スパークス厳選投資
1年 ▲18.11% ▲22.13%
3年 +5.61% +5.38%
5年 +3.30% +5.59%
10年 +14.78% +16.29%

※2022年10月時点

最大下落率は?

ひふみプラスへの投資を検討するのであれば、どの程度下落する可能性があるのかは知っておきたいところです。標準偏差からある程度の変動範囲は予測できますが、過去に実際にどの程度下落したのかを確認しておいたほうがよいです。

ひふみプラスは2018年10月~12月の3カ月間で、▲22.53%の下落をしています。

期間 下落率
1カ月 ▲13.43%
3カ月 ▲22.53%
6カ月 ▲21.48%
12カ月 ▲21.23%

※2022年10月時点

まだ運用期間が短いということもあり、このような結果となっていますが、株式ファンドですので30~40%は下落する可能性もあると思っておいたほうがよいでしょう。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

評判はどう?

資金の流出入を見るのはそのファンドの評判を確認するために有効な手段です。資金が多く入っていれば人気があるファンドですし、流出が続いているようであれば、評判が悪いファンドと言えます。

それではひふみプラスはどうでしょうか。

2021年、2022年にはまた資金が流入しており、評判が戻りつつあるようです。ただ、先述のとおり、インデックスファンドにパフォーマンスで負けてしまっているので、爆発的な人気には繋がっていないですね。


※引用:モーニングスター

ひふみプラスの評価まとめと今後の見通し

いかがでしょうか?

私は前々からもっと多くの運用会社のファンドマネージャーには表舞台に出てきてもらって、どのような考えで運用しているのか等、話をしてほしいと思っていますが、サラリーマン体質の抜けない運用会社はまったくそのそぶりを見せません。

とは言ったものの、レオスの藤野さんを筆頭に独立系の運用会社は積極的に表舞台に出てきて、投資家とコミュニケーションをとることで、純資産を増やしているという事実がありますので、今後はもう少し増えてきてもおかしくないでしょう。

少し話がそれましたが、直近数年のひふみプラスは低コストのインデックスファンドと比べても、パフォーマンスで負けており、苦しい展開が続いています。

ただ、アクティブファンドというのは、大半のファンドがこのようにインデックスを下回る年もあれば、大きく上回る年もあるような運用になっていることも事実です。

ですので、ひふみプラスを信じて投資をするというのもひとつの選択肢ですし、厳選投資東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンのように世の中にはひふみプラスよりも高いパフォーマンスを出している国内株式ファンドも存在していますので、色々と比較してみると面白いと思います。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点