三井住友アセットが運用する、三井住友・アジア・オセアニア
好配当株式オープン(愛称:椰子の実)。

知名度はかなり廃れたものの、過去はモーニングスターの
ファンド・オブ・ザ・イヤーの最優秀ファンド賞(国際株式型)
を受賞するなど、業界でそれなりの話題性があったファンド
でした。

果たして、近年の運用状況はどうなっているのでしょうか?

今日は椰子の実について徹底的に分析していきます。

「椰子の実って投資対象としてどうなの?」

「椰子の実って持ってて大丈夫なの?」

「椰子の実より良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン『椰子の実』の基本情報

投資対象は?

投資対象は日本を除く、アジア・オセアニア各国地域の
好配当の株式、不動産投資信託などに投資をします。

典型的なテーマ型アクティブファンドですね。

国別でみると、香港、台湾、オーストラリアなどの
比率が高くなっています。


※引用:マンスリーレポート

投資先は約90%弱が株式であり、リートは約8%に留まっていますが、
アジアリートで投資可能な国は実質的に香港かシンガポールくらい
しか無いことを考えると、やむを得ないポートフォリオなのでしょう。


※引用:マンスリーレポート

運用の特徴は?

マザーファンドの運用会社は、三井住友アセットマネジメントの
香港拠点であるスミトモ ミツイ アセットマネジメント(ホンコン)
リミテッドであり、このタイプのファンドにしては珍しく運用を
外部委託していないことが特徴的です。

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

世界のいしずえは2017年頃から着実に増加しており、現在
の純資産総額は約700億円です。

純資産総額の推移を見ても、最近になって日の目を浴びる
ようになったファンドであることがわかります。

椰子の実の純資産総額は、約300億円です。

規模としては十分ですね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

椰子の実の実質コストは約2.2%と、かなり高い水準と
なっています。

ただでさえ、運用実績が優れないのにこのコストは高すぎます。

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.738%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 2.20%(概算値)

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン『椰子の実』の評価分析

基準価格をどう見る?

椰子の実の基準価額はコロナショックで大きく下落しましたが、
3年前の水準まで戻ってきています。

これは分配金を減らしたことによる影響ですが、ようやく健全な
分配金の水準に戻ってきたと言えますね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

椰子の実の直近1年間の利回りは59.25%です。

3年、5年、10年平均利回りは6%を超えており、
株式ファンドでこの利回りであれば文句のない
水準です。

ただ、後述しますが、非常に優れたパフォーマンス
というわけではありません。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 59.25%
3年 6.97%
5年 7.22%
10年 8.41%

※2021年4月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンドランキング

同カテゴリー内での利回りランキングは?

椰子の実は、グローバル株式のエマージング(複数国)
カテゴリーに属しています。

投資をするのであれば、同じカテゴリーでも優秀な
パフォーマンスのファンドに投資をすべきなので、
同カテゴリー内でのパフォーマンスのランキングは
事前に調べておいて損はありません。

椰子の実は10年平均だけは上位20%にランクインして
おり、優秀な成果を残していますが、1年、3 年、5年
平均利回りは平均的な水準となっています。

上位●%
1年 58%
3年 41%
5年 63%
10年 19%

※2021年4月時点

年別の運用利回りは?

椰子の実の年別のパフォーマンスも見てみましょう。

2015年、2018年は2桁近いマイナスとなっていますが、
それ以外の年ではしっかりとプラスの運用ができています。

年間利回り
2021年 +12.36%(1-3月)
2020年 +2.26%
2019年 +12.07%
2018年 ▲9.96%
2017年 +19.44%
2016年 +0.66%
2015年 ▲9.67%

※2020年4月時点 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

最大下落率は?

椰子の実に投資をする前に、最大でどの程度下落する可能性
があるのかを知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

椰子の実の最大下落率は2007年11月~2008年10月の1年間で
55.12%となっています。リーマンショックの時と比べると、
コロナショックの影響はまだ小さいと言えますね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまう
かもしれません。

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲28.43%
3カ月 ▲45.15%
6カ月 ▲51.70%
12カ月 ▲55.12%

※2020年4月時点

分配健全度はどれくらい?

分配金を毎月受け取っていると、受け取っていることに安心
してしまい、自分の投資元本からの配当なのか、ファンドの
収益からの配当なのか調べなくなります。

そこで、分配金がファンドの収益からちゃんと支払われている
のかを調べるときに役立つのが分配健全度です。

分配健全度とは、1年間の分配金の合計額と基準価額の変動幅を
もとに、あなたが受け取った分配金の約何%がファンドの収益
によるものなのかを計算できる指標です。

基準価額の変動幅 1年間の分配合計額 分配健全度
1,575円 200円 887%

※2020/4/8~2021/4/7

椰子の実の直近1年間の分配健全度は887%となっています。

分配健全度は100%を切ると、一部ファンドの収益以外から
分配金が支払われていることを意味しますが、100%を超える
ファンドの場合は、ファンドの運用益から分配金がすべて
支払われていることを意味します。

ただ、椰子の実の場合は、今まで過剰な分配を続けてきて、
どうしようもなくなり、分配金を10円/月まで下げたことで、
分配金が健全な水準になったという背景があります。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金利回りはどれくらい?

毎月分配型のファンドに投資をしている場合、どれくらいの
分配金が受け取れるのかを知るために分配金利回りを参考
にします。

(分配金利回りは基準価額に対する分配金合計額で計算が
できます。)

ただし、投資信託の場合、分配金利回りだけをみていると、
受け取っている分配金がファンドの収益から出ている
ものなのか、投資元本が削られているのか、判断できません。

そのため、ファンドの運用利回りと分配金利回りを比較して、
ファンドの運用利回りのほうが高ければ、あなたが受け取って
いる分配金がファンドの運用の収益から支払われていると
判断することができます。

椰子の実の分配金利回りは約4%で、ファンドの運用利回り
を下回っています。

この利回りであれば、タコ足配当になることもなく、
健全な運用と分配金を受け取ることができる水準です。

運用利回り 分配金利回り
1年 59.25% 4.13%
3年 6.97%
5年 7.22%
10年 8.41%

※2021年4月時点

分配金余力はどれくらい?

毎月分配型ファンドに投資をしている場合、もう1つ気になる
のが今後いつごろ、減配されそうかという点です。

そんなときに役立つのが分配金余力という考え方です。

分配金余力というのは、今の分配金の水準をあと何か月
続けられそうかを判断するための指標です。

明確にこの水準になったら減配されるという指標では
ありませんが、12カ月を切ったファンドはたいてい近々、
減配されることが多いです。

椰子の実の分配金余力は、減配したことで、16カ月まで
回復しましたが、そこまで余裕がある水準ではありません。

ファンドのパフォーマンスがまた悪くなれば、減配され
てもおかしくない水準です。

分配金 繰越対象額 分配金余力
175期 20円 228円 12.4カ月
176期 20円 218円 11.9カ月
177期 20円 200円 11.0カ月
178期 20円 196円 10.8カ月
179期 20円 188円 10.4カ月
180期 20円 201円 11.0カ月
181期 20円 201円 11.0カ月
182期 20円 188円 10.4カ月
183期 20円 172円 9.6カ月
184期 20円 158円 8.9カ月
185期 20円 160円 17.0カ月
186期 10円 156円 16.6カ月

評判はどう?

純資産総額に見られるとおり、受益者があまりいないためか
口コミ総数そのものが少ないです。そして数少ない口コミや
評価を見ると、やはり散々です。

受益者からのコメントに好意的なものは全く見受けられません。

人気度を測る指標として、月次の資金流出入額がありますが、
月次の純資産流出入額を見ても、2018年以降は資金流出が
続いており、歯止めがかかっていません。

これは仕方ないというか、投資家がファンドを解約している
ということなので、ある意味正しい行動の表れと言えます。


※引用:モーングスター

三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン『椰子の実』の今後の見通しと評価まとめ

投資対象などのコンセプトは決して間違ってはいないと
思いますが、昨今の投資信託の傾向を考慮すると、毎月
分配型である点と高額な購入手数料・信託報酬が致命的
にマイナスです。

また、最近は販売会社もファンドのパフォーマンスを
厳しく見るようになっているため、平凡な運用実績では
積極的に「椰子の実」を販売するモチベーションは
無いでしょう。

椰子の実の分配金の水準は今まで無理をしてきたことで
ようやく健全な水準にまで下がってきました。

そのため、今から投資をする場合は、タコ足配当になる
可能性は低いと言えます。

ただ、そもそもファンドのパフォーマンスがそこまで
良いわけでもありませんので、あえて高いコストを支払って
まで、椰子の実に投資をする理由はないと思います。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点