利回りの計算というのは、非常に重要なのですが、案外この部分
について、詳しく調べないまま放置している人が多いように
感じます。

 

ここで1つ質問をしてみたいと思います。

 

あなたは投資信託の「実質利回り」の計算できますか?

 

ここでいう実質利回りとは、あなたが投資した元本に対して、
最終的にあなたの手元に入ってきた収益の割合です。

 

なんとなくわかっているという方も多いと思いますが、
自信をもって答えられる人はかなり限られると思います。

 

自信をもって答えられた人はこの先をよまなくて結構です。

 

そこまで細かく計算方法を知らなくても良いという人も
いるとは思いますが、投資においてはこういった細かい部分を
しっかり突き詰めていく作業というのがのちのち役立ちます。

 

投資信託に限らず他のありとあらゆる投資の場面で使える
知識ですので、今日ここでマスターするようにしてください。

 

 

投資信託の一般的な利回りの計算方法

まずは、一般的な利回りの計算方法を整理しておきましょう。

 

一般的に皆さんが月報や運用報告書、その他のHPなどで
よく目にする投資信託の利回りと言うと、投資した元本に
対して、どれだけ収益を得ることができたのかを表します。

 

計算方法もこれといった決まりはないのですが、通常であれば
利回り=(ファンドの収益-信託報酬(実質))÷投資元本×100で、
表すことができます。

 

ちなみに複数年の利回りを計算する場合は、複利計算されます。

 

不動産投資もそうなのですが、このように何の問題もない
ように見える利回りの計算方法には、実は問題があります。

 

気づかなかった人は次へ進んでくださいね。

 

投資信託の実質利回りの計算方法

さて、では何が問題なのでしょうか。

 

それは、販売手数料や税金のコストが計算に含まれていない
ということです。

 

あなたが実際に受け取れる金額というのは、上記のコスト分も
差し引いた金額になるわけですから、一番正確に計算をするので
あれば、こういったコストも加味する必要があります。

 

では具体例で見てみましょう。

 

例:投資元本100万円、運用期間1年、信託報酬(実質)1%/年
購入時手数料3%、所得税率20%

 

ここで、1年間で5%の運用益の出るファンドに投資をしたとすると、
あなたの手元に入ってくる最終的なリターンは以下になります。

 

100万円×(100-3%)×(5%-1%)×80%=3.104万円

 

一般的な利回りで計算したときは100万円投資すれば、4万円が
手元に入ってくるリターンのように思ってしまいますが、
実際はかなり少なくなってしまいます。

 

約75%にまで減ってしまいますので、将来に貯めたい資金を
試算する際などは注意しなければなりません。

 

当然、証券会社の営業マンや銀行の窓口販売員などは、
基本、一般的な利回りベースでしか話をしてきません。

 

彼らは数字を良く見せることで買ってもらうことが仕事ですので、
気づかなかった人はそれまでというわけです。

 

決して落とし穴にはまらないよう注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日、具体的に出した利回りは
かなり実態に近い数値でシュミレーションをしています。

 

一般的な利回りだけで計算するのがいかに危ないかわかって
いただけたのではないでしょうか。

 

投資の世界において、数値をしっかり計算できることは
かなりのアドバンテージになりますし、騙されないためにも
把握できなければいけないスキルです。

 

ぜひこれを機会に利回りの計算方法をマスターしましょう。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点