アポロ11号が人類初の月面着陸を成功させてから約半世紀。
今や宇宙は企業がビジネスを展開する空間となりました。

 

ロケットや人工衛星に関する技術は日進月歩で進化して
おり、人工衛星は私たちの生活になくてはならないインフラ
にまでなっています。

 

そんな宇宙関連ビジネスに投資できるファンドがニッセイ
アセットから登場しました。

 

ニッセイ 宇宙関連グローバル株式ファンド『愛称:スペース
革命』には、為替ヘッジのあり・なしと分配あり・なしで
4種類のファンドが設定されています。

 

その中で、今回は一番人気のある為替ヘッジ無・分配無の
スペース革命を分析していきます。他のスペース革命を
検討している方にも参考になるよう書いていますので、
ぜひ一読ください。

 

 

ニッセイ 宇宙関連グローバル株式ファンド『スペース革命』の基本情報

投資対象は?

スペース革命の投資対象は日本を含む世界各国の宇宙関連企業の
株式です。

 

宇宙関連企業には、ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等
に関する事業を展開する企業、衛星データを活用して事業を展開
する企業などが含まれます

 

下図のように、宇宙関連企業が活躍している分野は大きく3つに
分類されます。

 

1つ目が宇宙へのアクセスという分野でロケットの製造や打ち上げ
などを行っている分野ですね。

 

そして2つ目が宇宙インフラの整備の分野で人工衛星の製造や運営
などを行っています。

 

そして3つ目が宇宙インフラの活用の分野で、衛星データを活用
した様々なビジネスが展開されています。

 

スペース革命の現在の組入銘柄は32銘柄でかなり数を
絞り込んでいます。個人的に銘柄を絞り込んだファンド
というのは好みですね。

 

国別の組入比率を見ると、アメリカが約7割、フランス、
カナダが約1割といったところです。

 

やはり宇宙開発もアメリカが進んでいるんですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を見極める際に大切なポイントとなります。

 

純資産総額が多い方が、ファンドマネージャーが資金を投資する際に
有利であったり、他の投資家の解約の際の影響が小さくなりますので、
良い投資信託と判断されます。

 

また純資産総額が減少しているファンドは、解約が増えているという
ことです。さらに投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることもあります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

スペース革命は2019年末にかけて純資産を大きく伸ばし、
現在150億円の規模となっています。為替ヘッジ有や配当有
も含めると500億円を超えていますので、投資家からも
注目が集まっていることがわかります。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用がかかって
いることをご存知ですか?これを実質コストと言います。

 

実質コストには、株式売買手数料や有価証券取引税、監査費用などが
含まれています。

 

信託報酬より実質コストがかなり高くなっている場合もあるので、
事前に確認しておいた方が良いでしょう

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

スペース革命の実質コストを見てみると、2.08%とかなり割高な
設定となっています。ファンド・オブ・ファンズでの運用なので、
どうしても手数料が余計にかかってしまいますが、初年度に5%も
手数料を支払うのはばからしいですね。

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.8975%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 2.08%(概算値)

 ※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

ニッセイ 宇宙関連グローバル株式ファンド『スペース革命』の評価分析

基準価額の推移は?

それでは、スペース革命の基準価額の推移を見てみます。

 

設定来、非常に好調で、パフォーマンス的には文句の
つけようがありません。

 

※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

スペース革命の直近1年間の利回りは36.91%とかなり高い実績を
残しています。

 

後述しますが、インデックスファンドをアウトパフォームして
おり、銘柄を絞り込んでの運用が功を奏したと言えます。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 36.91% 6%
3年
5年
10年

※2020年1月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

標準偏差は基準価額の変動幅を把握するときに役立ちます。

 

スペース革命の標準偏差は一般的な株式ファンドと同程度です。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 13.40 36%
3年
5年
10年

※2020年1月時点

 

年別のパフォーマンスは?

スペース革命の年別のパフォーマンスを見てみます。

 

2019年の実績しかありませんが、36%は驚異的な数字
ですね。

年間利回り
2019年 36.91%
2018年

※2020年1月時点

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

さて、ここまでスペース革命のパフォーマンスはかなり
優れていることがわかりました。

 

では、続いてあえて高いコストを支払う価値があるのか、
インテックスファンドのパフォーマンスと比較をしてみ
たいと思います。

 

スペース革命は米国株式の比率が70%程度ありますので、
今回は、同程度、米国株式が組み入れられているeMAXIS
Slim先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
と比較をしてみました。

 

ご覧のとおり、スペース革命が圧勝しています。eMAXIS
Slim 先進国株式インデックスやeMAXIS Slim米国株式も
ファンドとしてはかなり優秀なのですが、それを凌ぐとは
素晴らしいパフォーマンスですね。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

スペース革命への投資を検討するのであれば、過去にどの程度
下落したことがあるのかは確認しておいて損はありません。

 

まだ運用期間が短いので10%程度しか下落していませんね。

 

スペース革命のようにファンドの運用が好調だとファンドの
下落を気にせず投資をして、大きな下落をしたタイミングで
精神的に耐えられなくなり損切りするという人がかなり多く
います。

 

好調だったとしても下落するときは大きく下落しますので、
心構えだけはしておいてください。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲9.11%
3カ月 1.01%
6カ月 4.44%
12カ月 23.09%

※2020年1月時点

 

評判はどう?

それでは、スペース革命の評価はどうでしょうか?

 

資金の流出入を見れば、投資信託の評判がわかります。解約が
増えているということは、この投資信託の魅力が減っていると
いうことです。

 

まだ設定から日が浅いこともあって資金流入超過の月がほとんど
となっています。

 

2019年末にかけて、流入額が増えているので、ここからも
パフォーマンスが好調なため多くの投資家が投資をし始めて
いることがわかりますね。

 


※引用:モーニングスター

 

ニッセイ 宇宙関連グローバル株式ファンド『スペース革命』の今後の見通し

スペース革命は、パフォーマンスだけ見れば、インデックスファンド
よりもはるかに高いパフォーマンスですし、宇宙という将来性の高い
分野であるので、今後も期待が持てるファンドの1つではあると
思います。

 

ただ、正直私は宇宙関連ビジネスについてはさっぱり知識がありません。
そして、どのようなことが行われているのかイメージもつきませんし、
どんなビジネスが今後伸びそうなのかも全くイメージがつきません。

 

投資をする上で、やはり身近なものや自分が感覚としてわかるものに
投資をしないと、結局勘で投資をしているようなものなので、

 

ファンドとしては魅力はあると思いますが、私が投資をしようとは
あまり思えないファンドです。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点