2019年のレバレッジ型ファンドブームにのって新規設定
されたのが、三井DSアセットの米国分散投資戦略ファンド
(5倍コース)『愛称:USブレイン5』です。

 

米国の株式、債券、リート、コモディティに分散投資を
しながら、レバレッジをかけられるファンドということで
今までにありそうでなかったファンドです。

 

USプレインにはレバレッジが1倍のUSブレイン1、レバレッジが
3倍のUSブレイン3と、レバレッジ5倍のUSブレイン5があります
が、今回は一番人気の高いUSブレイン5を徹底分析してきます。

 

USブレイン1とUSブレイン3についての分析も併せてしていき
ますので、参考にしてください。

 

 

『USブレイン5』米国分散投資戦略ファンドの基本情報

投資対象は?

USブレイン5の投資対象は、米国の株式、債券、リートおよび
コモディティの先物です。

 

実質的な運用はケイマン籍の外投を通じて行います。

 

投資対象は以下のようになっており、米国の代表的な
指数を中心に投資をしていきます。


※引用:交付目論見書

 

AIを活用した機械学習を活用した独自のアセットアロ
ケーション戦略により、徹底したリスク分散を図ること
で、良好なポートフォリオの構築を目指します。

 

USブレイン5の具体的な組入比率は以下のようになって
おり、米国債の比率が460%とほぼすべてが米国債と
なっています。

 

当初、私が想定していたUSブレイン5というのは、
かなり積極的にレバレッジをかけて運用していく
いわゆるギャンブルファンドのような印象をもって
いました。

 

しかし、こうして中身を見てみると、かなり堅実な
アセットアロケーション戦略をとっており、相場に
合わせてしっかりとリスク分散をしていることが
わかります。

 

株式100%でレバレッジ5倍のファンドとなると、
リスクが高すぎて投資をする気になれませんが、
アセットアロケーションを相場状況に合わせて、
変更してくれるので、投資する側としても、安心です。

 

運用会社は?

実質的な運用はTCWが行います。

 

TCWは1971年に設立されたTCWグループ傘下のグローバル
資産運用会社で、高度のコンピューターサイエンス、電気
工学および計算神経科学への強みをバックグラウンドとして、
AIなど機械学習に関する専門知識を有します。

 

USブレインの運用にもAIを活用したTCW独自の機械学習
モデルが活用されています。

 

純資産総額は?

続いて、USブレイン5の純資産総額はどうなっているか見て
みましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から
集めた資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまく
できず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

USブレイン5の純資産総額は現在200億円程度です。

 

コロナショック後にもかかわらず、かなり純資産を
伸ばしており、パフォーマンスが好調であることが
大きく影響しているようです。

 

この調子で運用ができるのであれば、純資産は今後も
着実に増えていきそうですね。


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

USブレイン5の実質コストはまだ運用報告書が出ていないため、
わかりません。

 

ただ、購入時手数料と信託報酬はかなり割高な水準になっています。

 

運用が始まっていないので、まだ正確にはわかりませんが、
割安な手数料体系になっていないことだけは間違いありません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.8825%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト まだ不明

※引用:最新交付目論見書

 

『USブレイン5』米国分散投資戦略ファンドの評価分析

基準価格の推移は?

USブレイン5はの基準価額の推移を見てみましょう。

 

通常のファンドとはかなり異なる値動きをしている
ことがチャートからわかります。

 

注目すべきはコロナショックからの立ち直りの速さ
です。

 

3月に急落して以来、すぐにもとの高値水準にまで
戻しており、その後は手堅く基準価額が上昇して
います。

 

今回、コロナショックのような急落相場では、多くの
ファンドが成すすべなく、下落していきました。

 

その後、反発してきましたが、USブレイン5ほど
早く回復してきたファンドは早々ありません。


※引用:モーニングスター

 

AIを活用した運用とレバレッジのかかった運用の
双方の相乗効果で、下落を抑えつつ、リターンを
伸ばすことができていると言えると思います。

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

USブレイン5に投資をするのであれば、より低コストの
インデックスファンドとパフォーマンスを比較しておき
たいところです。

 

USブレイン5は米国株、米国債券、米国RIETなどに分散
投資をしていますので、本来はバランスファンドというのが
正しい認識です。

 

しかし、レバレッジが5倍となっているので、値動きとしては、
株式並みに変動します。

 

そこで今回は、S&P500に連動しているeMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
と比較をしてみました。


※引用:モーニングスター

 

コロナショック以降は大きくUSブレイン5がパフォーマンスで
上回っています。

 

eMAXIS Slim S&P500も決して悪くないファンドですが、
USブレイン5のパフォーマンスが良すぎるというのが正直な
感想です。

 

レバレッジの活用がうまく機能して、下落幅を抑えつつ、
しっかりとリターンも追及できています。

アクティブファンドとのパフォーマンス比較

USブレイン5に投資をするのであれば、類似のアクティブ
ファンドとパフォーマンスを比較してからでも遅くはありません。

 

残念ながらUSブレイン5と同じポートフォリオのファンドは
ありませんので、今回はS&P500の中から優れた銘柄を絞り
込んで運用しているアライアンス・バーンスタインの米国成長
株投信Bコース
とパフォーマンスを比較しました。


※引用:モーニングスター

 

パフォーマンスはかなり拮抗していることがわかります。

 

ただUSブレイン5のほうが上限の変動幅を小さく抑えられ
ており、リスクを抑えつつ、利益を増やすことができて
います。

 

レバレッジをかけて債券を購入しているのが、下落幅を
抑えられた大きな要因と言えそうです。

レバレッジ型ファンドとのパフォーマンス比較

USブレイン5への投資を検討している人であれば、USブレイン1
とUSブレイン3とパフォーマンスを比較をしておきたいと
いう人もいると思います。

 

そこで3つのファンドのパフォーマンスを比較しました。


※引用:モーニングスター

 

レバレッジをかけないのであれば、USブレインをあえて
選択する理由もなくなるので、実際はUSブレイン3なのか
USブレイン5なのかで悩んでいる人が多いと思います。

 

パフォーマンスを見ると、USブレイン3であれば、株式
ファンドよりはリスクが低いので、投資をしやすいと
言えるでしょう。

 

USブレイン5は株式100のファンドと同じレベルで
基準価額が変動します。

 

ですので、大きく下落することも当然あると想定
しながら投資をするようにしてください。

 

評判はどう?

続いて、USブレイン5の評判を見てみましょう。

 

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

 

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということに
なります。

 

USブレイン5はまだ期間があまりたっていませんが、毎月
資金が流入超過となっています。

 

コロナショックをうまく乗り切ったことで、評価が高まり、
多くの投資家の資金が流入をし始めています。

 


※引用:モーニングスター

 

積立NISAとiDeCoの対応状況は?

USブレイン5の積立NISAとiDeCoの対応状況を確認して
おきましょう。

 

レバレッジ型ファンドはリスクが高いと思われていますので、
残念ながらどちらも対応していません。

積立NISA iDeCo
× ×

※2020年7月時点

 

『USブレイン5』米国分散投資戦略ファンドの評価まとめと今後の見通し

USブレインはエース証券・東洋証券からの要望で
三井DSアセットが設定したものだと思いますが、
当初はレバレッジ5倍はやりすぎだと思っていました。

 

投資と言うよりも一発ドカンのギャンブルであり、
レバレッジ型ファンドブームにのって、販売会社と
運用会社が組んで、とんでもない商品を出したものだ
と思っていました。

 

しかし、運用の中身をしっかり見てみると、株式
にレバレッジをかけて、ハイリスクの運用をする
というよりは、債券にレバレッジをかけて運用
することで、リスクを抑える戦略となっています。

 

(厳密には、REITやコモディティにも分散して
いますが)

 

ですので、コロナショックでの下落度合いをみても、
株式100%のファンドと比較しても下落幅が抑えられ
ています。

 

株式にレバレッジをかけて運用していたら、このような
結果にはまずなっていません。

 

また資産構成比を流動的に変更しているので、株式に
レバレッジをかけて運用していたとして、急落相場が
きたときに、株式の比率を下げて、債券のレバレッジを
高めて運用するということもできます。

 

正直、私が思っていた以上に手堅く運用できており、
とても興味深いファンドの1本だと思っています。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点