米国株式が非常に好調のせいか、米国株式を切り口に
色々な運用戦略を採るファンドが続々と登場しています。

 

今回、三井DSアセットから登場するテトラ・エクイティ
もまさにその一つです。

 

一見すると非常に合理的な4つの戦略で運用をしていますが、
果たして実際のパフォーマンスはどうなのでしょうか?

 

今日はテトラ・エクイティについて分析していきます。

 

 

テトラ・エクイティの基本情報

投資対象は?

テトラ・エクイティの投資対象は米国S&P500株価指数先物
です。

 

先物取引は下図のように買いからだけでなく、売りからも
入れるので、うまく相場を予測できれば、上昇局面だけで
なく、下落局面でもしっかりと利益を狙っていけます。

 


※引用:交付目論見書

 

ですので、収益のイメージは以下の右図のようにS&P500が
上昇しようが下落しようが絶対収益を狙っていくという
投資戦略です。

 

理論的にはまさにそのとおりなのですが、私の知る限り、
買いも売りもうまく運用ができているファンドはほとんど
知りません。

 

ただ、直近のテトラ・エクイティのパフォーマンスを見る限り
この4つの戦略が見事にはまっているようです。

 


※引用:交付目論見書

 

4つの投資戦略は?

テトラ・エクイティの最大の特徴は以下の4つの投資戦略を
組み合わせている点です。

 


※引用:交付目論見書

 

(1)の日中トレンド戦略はS&P500先物の終値と翌日の価格の
方向から、トレンドを予測し、上昇しそうだと思えば、先物
を買い建て、下落しそうだと思えば、先物を売り建てる戦略
です。

 

ポジションはその日の取引終了時刻で精算するので、まさに
デイトレード戦略です。

 

(2)の月初トレンド戦略は米国では確定拠出年金の買い付けが
月初の数営業日は株価が上昇しやすいトレンドがあります。

 

そのため、月初の3営業日に限り、S&P500先物を買い建てる
戦略です。

 

一見するとかなり合理的な考えですが、機関投資家であれば、
当然このようなことは誰でも知っているので、パフォーマンス
にどの程度影響があるのか甚だ疑問です。

 

(3)の月中トレンド戦略はS&P500オプションの満期乗り換えに
伴って、株式相場に影響を与えることがあります。

 

そこを狙って、オプション満期日の4営業日前のトレンドを見て、
S&P500を買ったり、売ったりする戦略です。

 

個人投資家でも似たようなことを考える人がたくさんいますが、
あまり成果が出ているという話は聞きません。

 

(4)の月末トレンド戦略はリバランスによって生じるトレンド
を捉えます。

 

株式相場が好調であれば、月末のリバランスで株を売却する
人がいますので、S&P500先物を売り建てるというわけです。

 

合理的に考えられているようには見えるのですが、大勢が
知っている内容では、すでに対策が取られてしまっている
ことも多く、どの程度この4つの運用戦略が効果を発揮する
のか気になっていました。

 

ただ、今回のコロナショックでは、4つの運用戦略が見事に
はまり、他の株式ファンドとは全く異なる基準価額の推移と
なりました。

 

さすがの私も驚きましたね。

 

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくで
きず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

 

テトラ・エクイティの純資産は運用からまだ1年も経って
いないですが、すでに700億円を集まっており、順調な
滑り出しと言えます。

 

コロナショック前まではたいしたパフォーマンスになって
いなかったので、資金の集まり方も緩やかでしたが、
コロナショック以降、資金が急激に集まり始めています。

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外
に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含ま
れています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高
くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断
をしなければなりません。

 

まだ運用報告書が出ていないので、実質コストはわかりません
が、少なくとも購入時手数料で2.2%、信託報酬が0.954%と
決して安くはない水準です。

 

このような水準の場合はインデックスファンドとパフォーマ
ンスを比較するのは必須ですね。無駄に高いコストを支払う
メリットはありません。

 

購入時手数料 2.2%(税込)※上限
信託報酬 0.954(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 不明

※引用:最新運用報告書

 

テトラ・エクイティの評価分析

テトラ・エクイティの基準価額は?

テトラ・エクイティの基準価額を見てみましょう。

 

米国株のファンドでこのようなチャートパターンを
描いているファンドは見たことがありません。

 

コロナショックで一切下落せず、むしろ急騰している
ことから、先物の売り戦略が見事にはまったものだと
思われます。

 

ただ、気をつけたいのは、確かにコロナショックの約
1~2カ月は異常に高い実績を残していますが、それ以外の
期間は大した成果を出せていないという点です。

 

単年でみれば、間違いなく高い実績を残したファンドと
なるでしょうが、長期でみたときに、どこまで高いリターン
を得られるかは疑問が残ります。

 


※引用:モーニングスター

 

テトラ・エクイティの期待リターンは?

新規設定されるファンドでは、最近お馴染みになった運用
シミュレーションです。

 

シミュレーションでは12年間で6倍程度のパフォーマンス
となっています。

 

ちょうどリーマンショック前からデータを切り出している
ので、パフォーマンスがとても高いように見えますね。

 

運用期間が意図的に区切られているので、参考程度に見て
おくようにしましょう。

 


※引用:交付目論見書

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

テトラ・エクイティに投資を検討しているのであれば、より
低コストのインデックスファンドとのパフォーマンスは比較
しておいて損はありません。

 

テトラ・エクイティがS&P500の先物で運用しているので、
今回はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と比較をしてみたい
と思います。

 


※引用:モーニングスター

 

一見すると、テトラ・エクイティの圧勝に見えるのですが、
注意も必要です。

 

2020年の3月、4月を見ると、確かにテトラ・エクイティ
が優れているのですが、それ以外の期間はeMAXIS Slim
米国株式(S&P500)のほうが優れています。

 

コロナショックをうまく乗り切ったということで、
運用会社が積極的にプロモーションをしていますが、

 

コロナショック以外のパフォーマンスの奮わなさが
引っかかります。

 

もう少し運用の状況を見てから購入するかを判断した
ほうが賢明ですね。

 

アクティブファンドとのパフォーマンス比較

テトラ・エクイティに投資を検討しているのであれば、
他のアクティブファンドとパフォーマンスを比較して
おいて損はありません。

 

そこで、今回は米国株ファンドで非常に優秀な成果を
残しているAB・米国成長株投信と比較をしてみました。

 


※引用:モーニングスター

 

ここでも、テトラ・エクイティの圧勝です。

 

やはりコロナショックの逃げ切り方が他の
ファンドと比べものにならないほど、秀逸
だったということです。

 

ただ、さきほど言ってように、もう少し
テトラ・エクイティの真価を見極めるために
時間を取って良いと思います。

 

評判はどう?

続いて、テトラ・エクイティの評判を見てみましょう。

 

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

 

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということに
なります。

 

テトラ・エクイティは直近かなり大きく資金が流入しており、
運用会社がプロモーションに力を入れていることが見て取れ
ます。

 

このパフォーマンスを見せられると、投資家としては気になって
当然と言えば当然でしょう。

 

当面、他のファンドのパフォーマンスと比較をしても、負ける
ことはないと思いますので、まだまだ人気は続くと思います。

 


※引用:モーニングスター

 

積立NISAとiDeCoの対応状況は?

テトラ・エクイティの積立NISAとiDeCoの対応状況を確認
しておきましょう。

 

残念ながらどちらも対応していません。

積立NISA iDeCo
× ×

※2020年8月時点

 

テトラ・エクイティの評価まとめと今後の見通し

いかがでしょうか?

 

2020年のパフォーマンスだけを見ると、テトラ・エクイティに
投資をするという判断をしてもおかしくありません。

 

ただ、コロナショック前後のパフォーマンスはインデックス
ファンド以下となっており、果たして長期で高いパフォーマンス
を残せるのか少し疑問が残ります。

 

ですので、もう少し、期間をあけて、本当に優れた運用を継続
できるのかモニタリングしてから投資をすれば十分だと思います。

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点