米国で圧倒的な人気を得ている米国フィデリティの旗艦
ファンドと同じ手法で運用されるファンドが、満を持して
日本市場に投入されました。

 

その名も、フィデリティ・米国株式ファンド。

 

50年以上の運用実績があり、年平均利回りが10%を超えて
いる旗艦ファンドと同じ方針で運用されるということで
非常に注目が集まっています。

 

フィデリティ・米国株式ファンドには為替ヘッジあり/なし、
資産成長/分配重視の組み合わせでA~Dの4コースがあり
ますが、今日は一番に人気のBコースを中心にA~Dコース
と比較もしながら、独自目線で分析していきます。

 

 

フィデリティ・米国株式ファンドの基本情報

投資対象は?

フィデリティ・米国株式ファンド の投資対象は
セクターや規模で制約せず、すべての米国株式です。

 

EPS成長を加速させるファンダメンタルズ(新しい経営陣、
コスト削減、新製品、買収・合併等)の変化をとらえ、
優れた企業に投資していきます。

 

現在は232銘柄で構成されており、そのうちソフトウェア・
サービスの業種が最もシェアが高くなっています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

具体的に組入られている上位銘柄を見てみると、米国企業
の有名どころがランクインしていることがわかります。

 

米国の大手企業が多く組入られている場合はS&P500に連動
するようなファンドとパフォーマンスをしておくとよいですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

運用体制は?

フィデリティ・米国株式ファンド は米国で75万世帯
が保有している人気の「フィデリティ・コントラ・ファンド」
と同じ投資哲学で運用されます。

 

コントラ・ファンドは1967年に設定されて以来、50年以上の
運用実績があり、年率12.57%と非常に高いリターンを実現
しています。

 

現在、コントラ・ファンドを運用しているのがウィル・
ダノフ氏で、本ファンドの運用も担当しています。

 

フィデリティの伝説的ファンドマネージャー、ピーター・
リンチのアシスタントを務めた経験もあり、市場平均以上
の高い成長性が期待できる企業の発掘を得意としています。

 

新規設定されたファンドの場合は、ファンドマネージャーが
他のファンドの運用で出したパフォーマンスを参考にする
しかないのですが、ウィル・ダノフ氏は他のファンドで
しっかり実績を出しているので安心材料になりますね。

 

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

 

純資産総額が大きいほうが、ファンドマネージャーが資金を
運用する際に効率よく運用できますし、ファンドの運用で
必ず発生する保管費用や監査費用が相対的に低くなります
ので、コストが相対的に低く抑えられます。

 

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースの純資産総額は、
現在400億円程度です。

 

規模としては全く問題ありません。

 

Aコース~Dコースまで合わせると、1000億円をこえる
大規模ファンドですので、とても人気は高いです。

 


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コスト
がかなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースの実質コストは
1.72%となっており、アクティブファンドの中でも割高の
部類に入ります。

 

初年度は購入時手数料も3.3%かかってきますので、1年目
はほぼプラスにならないでしょう。

 

Aコース~Dコースで実質コストはほとんど変わりません
が、為替ヘッジコスト分、Aコース、Cコースはわずかに
実質コストが高くなります。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.65%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 1.72%

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

フィデリティ・米国株式ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースの基準価額は
2019年から非常に好調でしたが、2020年のコロナショ
ックで、一時期30%近く下落しました。

 

ただ、他のファンドと比べると、2020年に大きく上昇
していた分、下落せずに済んでいます。

 


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

フィデリティ・米国株式ファンド Bコース の直近1年間の
利回りは▲2.82%です。マイナスではありますが、北米
株式カテゴリーでは上位15%にランクインしており、
実はかなり優秀な成績を残しています。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲2.82% 13%
3年
5年
10年

※2020年4月時点

 

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、フィデリティ・
米国株式ファンド Bコース
の基準価額の変動幅の大きさを
知るには役立ちます。

 

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースの標準偏差は
18ということで、平常時とほとんど変わっていません。

 

つまりコロナショックが起きてもあまり運用に大きな
影響はなかったということです。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えて
おいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 18.03 10%
3年
5年
10年

※2020年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースの年別のパフォ
ーマンスも見てみましょう。

 

2019年は30%近いプラスとなっているので、2020年の
マイナス分を差し引いても十分プラスが出ています。

年間利回り
2020年 ▲12.97%(1-3月)
2019年 +29.84%

※2020年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースへの投資を検討する
のであれば、低コストのインデックスファンドよりもパフォ
ーマンスが優れているかは確認しておきましょう。

 

今回は、米国の主要500銘柄の合成指数であるS&P500に
連動するiFree S&P500インデックスとパフォーマンスを
比較してみましょう。

 

直近では、わずかにフィデリティ・米国株式ファンドBコース
が勝っていますが、ほとんど五分五分のパフォーマンスです。

 

コロナショックによる下落はアクティブファンドだからこそ
銘柄を選定することで抑えられたと言えますね。

 

ちなみに、近年ではiFree S&P500インデックスよりもさらに
低コストのeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が登場して
いますので、こちらがおすすめです。

 


※引用:モーニングスター

 

Aコース、Bコース、Cコース、Dコースどれがいいの?

フィデリティ・米国株式ファンドに投資をする上で、
Aコース、Bコース、Cコース、Dコースのどれがよいのか
悩む人も多いでしょう。

 

そのため、4つのファンドのパフォーマンスを比較して
みました。

 

結果、一番パフォーマンスが高いのは、Bコースです。
つまり、為替ヘッジ無の分配金無のファンドですね。

 

前々からこのブログでは言っていますが、分配金が
支払われるとその分、パフォーマンスが落ちます。

 

今回、BコースとDコースは0.2%ほどパフォーマンス
に差が出ていますが、これは分配金が原因です。分配が
大きくなればなるほど、この差は開きます。

 

そして、直近の3年間では為替ヘッジ無しのほうが、ファンド
のパフォーマンスに有利に働きましたが、この期間はたまたま
ヘッジ無が良かっただけなので、為替ヘッジは自分が為替の
変動の影響を気にしたくない人は、為替ヘッジ有を選べばよい
と思います。

 

評判はどう?

それでは、フィデリティ・米国株式ファンド Bコースの評判
はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入
を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が
悪くなっていれば、資金が流出超過になります。

 

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースは毎月資金が流入
していましたが、2019年2月には資金が流出超過となって
しまいました。

 

パフォーマンス自体は決して悪くはないのですが、やはり
コストが高いというのが要因かもしれません。

 


※引用:モーニングスター

 

フィデリティ・米国株式ファンドの今後の見通しと評価まとめ

いかがでしょうか?

 

米国株式自体は非常に魅力的な投資対象であり、自分の
ポートフォリオの中に米国株式が対象になっているファンド
はぜひ組入れたいものです。

 

ただ、米国株式ファンドの多くがS&P500に連動するイン
デックスファンドにパフォーマンスで勝てていないという
こともあり、S&P500をはるかに上回るパフォーマンスを残
せていないのであれば、わざわざ高コストのアクティブファ
ンドに投資する理由がありません。

 

フィデリティ・米国株式ファンド Bコースも今後に期待したい
ファンドではありますが、あえて今すぐ投資するような銘柄
ではありませんね。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点