さて、投資で成功できる人をイメージしたとき、次のう
ちどの人が成果を出せると思いますか?

①頭がいい人、②才能がある人、③容姿端麗な人、
④その他

今日は、投資で成果を出すためには、私が前々から非常
に重要だと思っている考え方をジム・ロジャーズが見事
に言い表してくれたので、その名言を紹介していきたい
と思います。

ジム・ロジャーズの名言

「世の中には、とても頭がいいのに成功していない人が
たくさんいます。容姿端麗でも、才能に恵まれていても、
学歴が高くても、全く目が出ない人がいます。成功する
のは、粘り強くやり続けられる人だけです。だから諦め
てはいけません。」

あなたはこの言葉を聞いて、どう感じたでしょうか?

私はこの言葉がとても好きです。

生まれ持った才能がある人が初めは有利であることも多
いと思いますが、最後は結局、粘り強く努力を続けられ
た人が勝つということを言っています。

あなたの周りで何かの分野で成功している人を思い浮か
べてみてください。

どうでしょうか?

成果を出している人は少なくとも5~10年以上、その分野
に集中して取り組んでいる人が多いのではないでしょう
か。

私の周りでも、成果を出している人というのは、基本的
に何か1つのことを長く続けている人がほとんどです。

1年や2年でたまたま大きな成果が出ている人もいますが、
たいてい長続きしません。

投資もまさにジム・ロジャーズの名言どおりだと思って
います。

頭がよかろうが、容姿端麗だろうが、才能に恵まれてい
ようが、投資で成果を出せない人は全く出せません。

結局、投資で成果を出すには、「投資でもっと成功した
い」という強い思いを持って、自己研鑽を継続できた人
が最終的には成果を出せるのです。

私が嫌いな言葉

一方で、私が嫌いな言葉があります。

それは、「才能がある人ってうらやましい」「頭が良い
人ってうらやましい」「お金持ちってうらやましい」と
いった言葉です。

なぜ私がこのような言葉が嫌いなのかと言えば、いかに
も元から自分とは出来が違うんだというスタンスで言葉
を発しているからです。

私が思うに、今プロの第一線で活躍しているスポーツ選
手やアーティスト、経営者含め、才能だけでそこまで到
達できた人は皆無だと思っています。

むしろ、小さいころから人並以上に努力を続けてきたか
らこそ、今の地位まで上り詰めることができたのだと思
います。

そう考えると、先天的な要因というのはごくわずかであ
り、どちらかと言えば、その後の努力や粘り強さが彼ら
をあそこまでの地位に押し上げたと言えます。

なので、自分が努力をしていないことを棚に上げて、自
分と彼らは元から違う人種なんだと諦めるような発言は
私は好きではありません。

あなたが目指すべきは・・・

ですので、まずあなたがするべきことは、投資をコツコ
ツ長く継続することです。

もちろんやる気次第で、投資の知識やスキルの伸び方に
は大きな差がつきますが、継続さえしていれば、時間と
ともに経験値を蓄えられます。

いきなり大きな利益を狙ってリスクの高い投資をすると、
どこかで大きな損失を出し、相場から強制退場すること
になります。

種銭がなければ、投資を学びたくても、学べませんので、
スキルも向上させられません。

一方で、細く長く投資が続けられるように、とにかく負
けを少なくしながら投資をすれば、投資金額も徐々に増
えます。

そうすれば、より投資のスキルを向上したいという気持
ちも出てきますので、より成長スピードも速くなります。

投資は、頭が良くなくても、才能がなくても、容姿端麗
でなくても、コツコツ継続できる人であれば、成果を出
すことができます。ぜひ粘り強く投資を続けていきまし
ょう。