投資詐欺を見抜く極意をお伝えする前に、必ず覚えておいてほしい
ことがあります。

株や投資信託、債券と違って、ハイリスク・ハイリターン投資に
おける損失というのは投資資金がゼロになるということです。

仮想通貨のような自分で取引をコントロールできる案件は別として、
投資資金の60%だけ戻ってきたなどということは基本的には起こり
ません。

詐欺にあった場合、投資資金を回収する方法がないわけではありま
せんが、相当難易度は高くなります。ですので、今日は、いかに
資金を回収するのが難しいかを実感していただきたいと思います。

今まで、大きな損をしたことがない人ほど、この点の認識が相当甘い
ので、必ず良く読み込んでください。

典型的な投資詐欺事例

例えば、あなたがFXファンドに100万円投資していたとしましょう。
※ファンドというのは、多くの人から投資資金をあつめて、運用する
会社のことです。

あなたは毎月配当を3万円受け取って、順調そのものです。1年間配当
がずっと続いたので、2年目はもっと資産を増やそうとボーナス全額を
追加し、200万円で運用しはじめました。

1カ月目は6万円の配当がありました。しかし2カ月目。配当が指定した
期日に振り込まれていません。

あなたは不安になりエージェント(あなたにファンドを紹介してきた
営業マンのこと)に連絡をします。

すると「システムのトラブルで配当が遅れている。1週間以内には
振り込まれるから、安心してくれ」と言われます。あなたはその言葉を
信用し、1週間待ってみることにしました。

1週間後、6万円が入金されており、安心します。そして3カ月目、また
配当が期日までに振り込まれませんでした。あなたはまたエージェントに
連絡をします。

エージェントは「まだシステムのトラブルが解消せず、1週間程度で
支払えるはずだ」と言います。あなたは前回ちゃんと支払われていた
ので、少し不安ではあるものの配当が入金されるのを待ちます。

1週間経ちました。まだ配当がありません。

2週間たちました。配当がありません。

あなたは不安になり、エージェントに連絡します。「もう少ししたら
入金できるから、もう少しだけ待ってほしい」と。さらに、1カ月、
2カ月が過ぎ、結局配当が払われません。

あなたはようやくここで投資詐欺にあったのではないかと気づきます。

ブログの読者さんの中には、まさに自分も同じ目にあった!という方も
いるのではないでしょうか。

被害金を回収するための選択肢

さて、ここからが本題ですが、あなたはこのタイミングで初めて、投資
した資金を回収するために行動をし始めることになるわけですが、さて、
このタイミングであなたは投資資金を回収するためにどのような行動を
とりますか?

①友達に助けを求める

友達は話を聞いてくれるかもしれませんが、過去にこのような経験を
したことがなければ、ほとんどアドバイスらしいアドバイスはできな
いでしょう。

そもそも投資で失敗したことを友人知人に知られたくない方がほとんど
なので、相談する人も少ないと思いますが。

②エージェント(営業マン)を問い詰める

エージェントを呼び出し、実際何がどうなっているのか詳しく
聞きたいとあなたは思うかもしれません。

投資詐欺にあったことがある人であれば、これくらいのことは
やったことがある人は多いのではないでしょうか。

ただ、エージェントがその投資案件についてかなり根幹に携わって
おり、事態の全容を把握していればよいのですが、たいていの場合、
全容を把握しているようなことはなく、問い詰めたとしても満足の
いく回答が得られず、悶々としたまま終わることがほとんどです。

③資金を集めていた会社の代表を問い詰める

配当が止まってしまうと、代表と連絡を取ることも難しくなることが
多いのですが、例えば、代表の自宅を把握している場合、直接出向い
てどうなっているのか話を聞くという方法もあります。

しかし、今、何が起こっているのかはよくわかったとして、お金が
戻ってくるわけではありません。

99%の確率で、「お金がないんです。お金ができるまでお待ちくだ
さい。もう少しすれば資金ができそうなんです」と言われて終わりに
なります。

もしここであなたが逆上し、自宅のものを盗んだり、暴力をふるったり、
脅したりしてしまうと、逆にあなたが窃盗罪、暴行罪、脅迫罪などで
逮捕されかねませんので、注意してください。

④弁護士に相談する

これもよくある事例です。投資で失敗し、弁護士に相談したことが
ある人であれば、ある程度わかると思いますが、弁護士は投資詐欺
において、ほとんど役に立ちません。

というより、弁護士費用だけとられて、あなたはさらに出費がかさむ
ことになると思ってください。

では、なぜそうなってしまうのか。

弁護士は弁護士法に則った手続きしか踏むことができません。もし
違反するようなことをすれば、今まで時間をかけて取得した弁護士の
資格がはく奪されますのでそんなバカなことはしません。

そうすると、資金回収のために弁護士ができることは以下のように
限られてしまいます。

(1) 相手側の口座を差し押さえる (2)詐欺だと訴える。

(1)を行うには、まずあなたは裁判で勝訴判決を得るかもしくは、
支払督促などを送付し、あなたが支払いを受けることができる権利を
確定させなければいけません。

当然、この作業をするために弁護士費用が発生します。契約書がある
からといって、いきなり口座を差し押さえられるわけではないのです。

仮に弁護士に依頼をして、確定判決をとり、口座を差し押さえられる
ようになったとしても、あなたは安心できません。なぜなら口座を
差し押さえるにも費用がかかるのです。

さらに現行法では、かなり不都合な仕組みになっており、あなたが
相手側の口座(銀行名と支店名)がわからないと差し押さえること
ができないのです。

相手も教える義務があるわけではありませんから、事前にあなたが
相手の銀行口座と支店名を把握していない限り、知ることは不可能です。

そうすると、相手の銀行口座がありそうな支店に差し押さえの依頼を
することになるのですが、1支店の差し押さえを依頼すると、数千円の
費用がかかります。

これは依頼するだけでかかる費用なので、仮に相手の口座がなかった
としても発生してしまいます。

空振りでもいいからということで絨毯爆撃のように手あたり次第、
銀行口座の差し押さえの申請をすることもできますが、この効率の
悪さは計算するまでもなくあなたにもわかるでしょう。

さらに差し押さえというのは、銀行が差し押さえた瞬間に口座に
残っている残高が対象です。つまり、差し押さえの三日前に相手側が
資金を引き出してしまっていれば、当然あなたは何も回収できないと
いうことです。

さらに悪いことに口座の差し押さえは、空振り(ほとんど口座に
お金が残っていないような口座を差し押さえてしまった場合)でも
相手側に通知がいってしまいます。

つまりあなたが差し押さえのために動いていることが伝わってしまう
のです。当然、相手側は差し押さえから逃れるために資金を引き出し
てしまうでしょう。

そのために口座を差し押さえようとする場合は、ある程度目途が
立ったタイミングで一気に複数の銀行口座を差し押さえなければ
ならないのです。(費用もその分かかる。)

とにかく不都合だらけの口座差し押さえ制度です。

最近になって、ようやくメガバンクが債務名義(勝訴判決に該当するもの)
があれば、支店名まで特定できていなくても、差し押さえに応じる
ようになってきたので、少しはマシになるかと思います。

ただ、口座に資金が残っていなければ、差し押さえても全く意味が
ないということには変わりありません。(直前で引き出されてしま
えば、対処のしようがないということ)

そして、このような知識は当然、詐欺する側も知ることになり、
大きく回収実績がよくなることはないでしょう。

なかには(2)の刑事告訴を検討される方もいると思います。どうせ資金
が返ってこないならば、詐欺師を牢屋に入れてやろうというものです。

しかし、あなたが望む結果から一番遠ざかるのがこのパターンです。
詐欺した人間がどうなろうが関係ないが、とにかくあなたは投資した
資金を少しでも回収したいと思っているはずです。

そもそも詐欺を立証するのはかなり難易度が高いのですが、もし
本当に詐欺で相手側が捕まってしまえば、その時点で資金が返って
くる確率はゼロになります。

また刑事告訴するのであれば、弁護士費用がかかります。資金を
回収することが目的であるはずなのに、さらに出費がかさんでしま
っては、本末転倒です。

あなたの感情的な満足は得られるかもしれませんが、本来のゴール
からは遠ざかってしまうのです。

弁護士に費用を払って刑事告訴しようとするのであれば、以下に記載
しますが、資金回収を専門にしている業者に費用を払ったほうがあなた
の目的を達成できる可能性は高いでしょう。

とにかく弁護士に相談してもほとんど解決しないということは覚えて
おいてください。

⑤資金回収のプロに相談する

資金回収のプロと言うと、、弁護士等をイメージされるかもしれま
せんが、投資の世界では、そうともいえません。

餅は餅屋とはよくいったもので、弁護士の先生たちが正攻法で攻め
立てても埒があかないような案件で活躍されている方たちがいます。

彼らは相手側がとにかく嫌がる法律的にはギリギリのところを攻め
立てて、返済計画表を作らせたりします。

このあたりの話はあまり詳しく書けないので、より詳しい話が聞き
たい方は個別にご連絡ください。

とにかく彼らは、独自のルートで、住所を調べ上げ、自宅にも訪問
しますし、張り込みもしますし、メディアとの太いパイプをもって
いるので、メディアで大大的に取り上げるように仕向けるようなこと
もできます。

当然、家族や親族、仕事先・取引先などにもアプローチしますので、
ある意味、敵にすると一番厄介なのはこの方々です。逆に、だから
こそ、資金回収という意味では、もっとも心強い味方となってくれます。

彼らは騙された人には紳士的なので、相談するときも特に怖がる必要は
ありません。気さくに話を聞いてくれます。

ただ、そんな彼らでも資金回収できる確率はそう高くないのが正直な
ところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、ハイリスク・ハイリターン投資に手を出して、資金が
戻ってこなくなった場合、被害金を回収することがいかに難しいか
わかっていただけたのではないかと思います。

よく、ニュースで投資詐欺の代表が捕まった等のニュースを見ると、
そのあとに投資した資金が戻ってくると思っている人もいるようで
すが、決してそのようなことはありません。

隠し口座に資金が残っていれば、一部戻ってくる可能性もありますが、
そのような事例はほとんどありません。

ですので、繰り返しになりますが、ハイリスク・ハイリターンの投資
案件は事前にしっかりと見極める必要があるのです。