分かりやすくするために、投資資金を集めているZ社。代表者A。
エージェントBとします。

あなたはエージェントのBから投資案件の説明をうけ、投資するか
検討していることにしましょう。

私はこのような場合に、必ず代表者のAに合わせてもらっています。
では、なぜAに合う必要があるのでしょうか?

それはBが投資案件を細部まで把握している可能性が低いためです。
場合によっては内容が間違っている可能性もあります。

Aに直接話をきくことで、Bが知らなかった情報を追加で得ることが
できることも多いので、可能なかぎり、Aと会うことが重要です。

普通はBが営業活動しているはずなので、Bに依頼をして、Aに会わ
せてもらうのが一番スムーズな流れですね。またAと直接会って話
を聞いておくことのもうひとつのメリットがあります。

それは、投資案件がうまくいかなくなると、たぶんあなたはZ社の
Bにまず連絡をとると思います。

Bが会社の状況、運用の状況をしっかり把握しており、納得のいく
説明をあなたにしてくれれば、それでよいのですが、多くの場合、
Bの立ち位置の人間は何が起こっているのか把握できていません。

あやふやな回答が返ってくるので、逆にあなたがイライラするだけ
の結果になるでしょう。

もし、ここであなたがBの連絡先しか知らない場合、あなたはAから
直接話が聞きたいと言うかもしれませんが、Aがあなただけのために
わざわざ時間を作ってくれる可能性はかぎりなく低いです。

投資したお客様に対して、真摯な対応をしてくれる会社であれば、
Aが説明会を開いてくれることがありますが。

つまりここで言いたいのは、運用がうまく行かなくなったとき、Aの
連絡先や住所を把握しておけば、何かあったときに直接事情が聞ける
ということです。

あなたが専門家を雇って、資金回収に動くとしたときも、住所を
知っているということは非常に大きな強みとなります。

もしAの連絡先を把握できていない場合、Bとしか連絡がとれず、何が
起こっているのかもよくわからないまま、何の対処もできないまま、
資金が戻ってくることもなくなってしまう可能性が高いということです。

そもそも、会社の代表がどのような人間かわからないにもかかわらず、
投資しようと意思決定してしまっている時点で、その投資判断は失敗です。

もしAが過去に大きな詐欺事件を起こしている人間だったり、ビジネス
センスのかけらも感じさせないような人間だったら、あなたはそのよう
な会社に投資しますか?

そういう意味でもAと話してどのような人なのか把握することには大きな
意味があるのです。