CFD取引を行うのであれば、CFD取引を扱っている
証券会社に口座を開く必要があります。

CFD取引は相対取引といって、取引所を介さない取引で
あるため、同じ日経平均に連動する指数でもCFD業者に
よって提示する価格が異なる場合もあります。また、
取り扱い銘柄やコストもバラバラです。

つまり、CFD取引を始める前にまずどこで口座を開くのかが
非常に重要となるわけです。

今日は、どのような基準で、どこの証券会社の口座を開くのが
ベストなのか徹底解説していきます。

信頼性

金融商品取引法では、投資家から預かったCFD取引の証拠金は
会社の運転資金とは別に分別管理することが義務付けられて
います。

まともに運営が行われているCFD業者であれば、当然顧客資金を
分別管理しているはずなので、CFD業者に何かあっても安心です。

しかし、過去にはFX会社が破綻した際に、分別管理が法令通りに
行われておらず、証拠金が返還されなかったという事例が発生
しました。

ですので、信託保全されていれば100%安全かというとそういう
わけではないのです。

ここまで聞くと、不安に思うかもしれませんが、今から紹介
する証券会社は、基本的に破綻の心配はないと考えても大丈夫な
規模はありますのでご安心ください。

取り扱い銘柄

すべてのCFD業者が同じ商品を扱っているわけではなく、
CFD業者によって取り扱い銘柄数はかなり変わります。

例えば、多くのユーザーが利用しているGMOクリック証券では
約140銘柄のCFDを取引することができます。

一方で、日本から口座が作れる海外の証券会社では、
サクソバンク証券が約6000銘柄、IG証券が約11000銘柄と
圧倒的な開きを見せています。

サクソバンク証券やIG証券は一般的なCFDだけでは物足りない
という上級者向きの会社と言えます。

レバレッジ・必要証拠金

レバレッジについては、各証券会社で大きな差はありません。

レバレッジには差はないので、取り扱い銘柄や次に紹介する
手数料でどこにするかを選ぶのがよいでしょう。

GMOクリック サクソバンク IG
株式 5倍 5倍 5倍
株価指数 10倍 10倍 10倍
商品 20倍 20倍 20倍
債券 50倍 50倍

手数料・取引コスト

続いて、CFD取引をする上で重要なコストを見ていきましょう。
CFD取引では売買手数料は基本無料となっています。

ここで勘違いをしていけないのは、売買にかかるコストが
ゼロというわけではありません。

売買手数以外にかかってるコストとして、スプレッドがあります。
スプレッドとは、買う時と売る時の差分の金額だと思ってください。

以下のように、BID(売却時の値段)とASK(購入時の値段)には
差があり、この差分が証券会社の手数料になっているというわけです。

では、具体的にどの程度スプレッドに差があるのかを証券会社別に
見ていきます。

ご覧のように、スプレッドではGMOクリック証券が圧倒的に
安くなっています。

取り扱い銘柄ではサクソバンクやIGに劣りますが、このスプレッドの
差は大きいですね。

GMOクリック サクソバンク IG
日経平均 2.0 5.0 30.0
NYダウ 1.0 2.5 5.8
S&P500 0.3 0.5 0.9
原油 3.0 5.0 6.0
0.3 0.6 0.5
1.5 3.5 3.0

VIX関連銘柄に投資をするのであれば、どの証券会社にすべきか

今回CFDを利用する目的は、VIX指数に関連した銘柄に投資を
するためですので、VIX指数に関連する銘柄がなければ話に
なりません。

しかし、GMOクリック証券、サクソバンク、IG証券であれば、
すべて取り扱いがありますので、ご安心ください。

では、この証券会社の中からどれを選ぶべきなのかということ
ですが、結論としてGMOクリック証券の一択となります。
やはりコスト面が優れているというのが大きいです。

GMOクリック証券では、VIX先物に連動する米国VI、UVXYに
連動する米国VIブルETF、SVXYに連動する米国VIベアETFの3種類の
取引が可能です。

米国VIとは?米国VIは投資対象に成り得るのか?

米国VIブルETFは投資対象に成り得るのか?

米国VIベアETFは投資対象として優れているのか?

オプションが使えないというのは残念ですが、手始めに
VIX指数に連動する商品に投資をするということであれば、
この3つで十分でしょう。

CFD取引を開設するのは簡単

取引する業者を絞り込めたら、いよいよ口座開設に進むわけ
ですが、口座開設はどの証券会社でも無料であり、年会費の
ような維持費用も基本的にはかかりません。

ネットで証券会社の口座を作ったことのある人であれば
簡単に作れますので、早速口座を開設してみましょう。