GMOクリック証券でCFD取引をしたことがある人は知っている人も
いると思いますが、GMOクリック証券には損失の拡大を防ぐための
ロスカットシステムが存在します。

通称、セーフティバルブシステムと呼ばれているこのシステムは
新規約定時に自動計算したロスカットレートを設定し、損失発生を
抑えるものです。

特に、投資初心者の方にとっては、ロスカットの意味も知らない人も
いるので、セーフティバルブシステムのような仕組みがあるに越した
ことはないのですが、この仕組みだけに頼っていては、利益獲得の
チャンスを逃すことになります。

今日は、このセーフティバルブシステムをどのように活用するのが
よいか説明していきます。

GMOクリック証券のロスカットシステム『セーフティバルブシステム』とは?

まず、セーフティバルブシステムについて説明します。

セーフティバルブシステムとは、新規約定時に相場状況に応じて、
自動でロスカット幅を計算し、ロスカットレートを設定するシステムです。

そして、ロスカットレートを割り込んでしまったポジションだけが
強制決済される仕組みになっています。

一般的な証券会社のロスカットルールでは、あなたが保有している
ポジションごとにロスカットレートが設定されるのではなく、口座
全体の証拠金維持率が一定以下になったときにすべてのポジションが
ロスカットされてしまいます。

つまり、一般の証券会社の場合、米国VIブルETFと米国VIベアETF、
米国VIの3つの銘柄についてそれぞれポジションを保有していたとして、
口座全体の証拠金維持率が一定以下になると、すべて決済されてしまいます。

そうすると、せっかくまだ伸びしろがあった銘柄まで強制的に
ロスカットされてしまうといった事態が起こりえます。

一方で、セーフティバルブシステムでは、米国VIブルETF、
米国VIベアETF、米国VIのそれぞれにロスカットレートが
自動で設定されます。

米国VIブルETFだけロスカットレートを割り込んでしまった場合は、
米国VIブルETFだけ強制決済されて、残りの米国VIブルETFと米国VI
はロスカットされない仕組みになっています。

このような仕組みになっていることで、損失の拡大を押さえながら、
利益を追求できるというわけです。

多くのトレード初心者はロスカットレートの設定の重要性を理解して
いないので、自動で設定してくれるシステムというのは非常に有用だと
思います。

ただし、一方で、セーフティバルブシステムだけに頼っていると
利益獲得のチャンスを逃すことになりかねないので、その点に
関して次の章で説明していきます。

GMOクリック証券のロスカットシステム『セーフティバルブシステム』活用時の注意点

では、このセーフティバルブシステムだけに頼るとどのような
問題点があるのでしょうか?

トレードにおいて一番難しいのは利益を確定するタイミングです。

これ以上上がらないだろうと思い、決済したら、さらに大きく
上昇したり、もう下がらないだろうと思い、ポジションを保有し
続けたら、さらに下落したといったことは日常茶飯事です。

そして、セーフティバルブシステムの問題点は新規約定時に
ロスカットレートが設定されるだけで、そのロスカットレートが
動くことはありません。

そうすると、次のような状況が起きたときにはほぼ役に立ちません。

例えば米国VIベアETFを10000円で購入し、3年で20000円にまで
上昇したとしましょう。

GMOクリック証券の場合、新規購入時点でロスカットレートは
9000円くらいに設定されると思います。

そして、4年目に入った時にVIXショックが起き、米国VIベアETFの
価格が70%下落したとします。

そうすると、米国VIベアETFの価格は6700円近辺にまで急落します
ので、初めに設定された9000円で強制決済されてしまいます。

強制決済されればまだよいですが、取引時間外に急落すると、取引が
再開された時点で大きく下落しており、9000円で強制決済されない
こともあります。

つまり、セーフティバルブシステムに頼ってロスカットレートを
調整していないと、VIXショックのようなものが起きたときに
今まで築いてきた資産が一瞬で吹き飛ぶことになるのです。

新規約定時にロスカットレートを設定してくれるという意味では
非常に使い勝手はよいのですが、評価益がある程度大きくなって
きたタイミングでは初期に設定したロスカットレートでは意味を
なさないということです。

では、どうすればよいのでしょうか。

トレードで利益を出している人の多くが相場状況に合わせて、
ロスカットの位置を調整しています。

つまり、ある程度、利益が出たタイミングで、利益確定の逆指値
注文を入れているのです。

逆指値注文の方法は、GMOクリック証券の決済画面から簡単に行う
ことができます。

利益確定の逆指値を入れておくことで、相場が予想に反して下がれば、
利益確定され、相場が上昇していった場合は、逆指値の注文をずらす
ことで利益確定の幅を広げていくことが可能です。

セーフティバルブシステムをうまく活用し、ロスカットレートを
調整しながら、利益の最大化を目指しましょう。