様々な投資案件に投資をしていると、必ず出会うのですが、好条件で
追加出資を募るキャンペーンです。

キャンペーンの内容も、追加でいくらの金額を出資すれば、配当の
条件がよくなるというものや、3年間解約なしという条件で出資を
してくれたら、配当の条件がよくなるなど様々あります。

株や投資信託等にしか投資経験がない人ですと、証券会社の販売手数料
の無料キャンペーンや金利キャンペーン等と同じように考えてしまい
がちですが、まったくの別物だと考えてください。

何より、今まで配当もちゃんと受け取っているし、ここで追加出資を
すれば、より配当が増えると思ってしまいがちですが、このような
キャンペーンの告知が届いたときは何よりも優先して解約をしなくて
はいけません。

では、なぜ即刻解約する必要があるのか。

運用する側の目線で考えてもらうとよくわかりますが、投資家への
配当というのは、運営側でいう借金の利息のようなものです。

当然、利息の支払いは少ないに越したことはありません。

もし運用がうまくいっているのであれば、投資家にとって今より
良い条件、つまり運営側からすると、利息の支払いが増える条件
で資金を調達する必要がないわけです。

配当を増やす必要があるというのは、結局運用が実際にはうまく
いっておらずタコ足配当が続いているときだけです。

運用する資金が減ると、配当を出すのが難しくなるので、運用の
元金をできるだけ減らしたくない一方で、配当を止めてしまえば、
一気に解約が増えるので、配当を止めるわけにもいきません。

そうすると、新規で出資を募り、運用元本を増やすのが、唯一
延命できる措置となるわけです。

私は過去に、ライフステージというFXファンド(集めたお金を
FXで運用して毎月配当があるような案件)に投資をしていたこと
があります。

ちょうど二年経つかたたないかのタイミングで、その会社が追加で
出資をしてくれた方に豪華海外旅行をプレゼントするというキャン
ペーン始めました。

これは危ないかもしれないと思い、即刻資金を引き揚げましたが、1年
もたたないうちにそのファンドは配当が止まりました。

最近ニュースになったケフィアという食品オーナー事業案件も最後は
キャンペーンを行って、資金を何とか食い繋いでいたようです。

そのタイミングで追加出資をしてしまった人はお気の毒としか言えま
せんが、キャンペーンの怖さを覚えておいてください。

また、毎月分配型のファンドを見てもらえばわかりますが、一度タコ足
配当を始めて元本が減り始めたファンドが同じ条件での配当を続けて
いるのを見たことがありますか?

基本的に元本は減る一方で、苦し紛れに配当金を減らしていますよね。
もし配当を減額しなければ元本が急激に減っていくわけですが、まさに
そのようなことが行われているということです。

普通に考えればまともじゃありません。

ですから、キャンペーンなどの情報が入ってきたときは、そのキャン
ペーンに飛びつくのではなく、冷静になって資金を引き揚げたほうが
いいタイミングだと考えたほうがいいでしょう。

もちろん、配当が止まるのが三カ月後なのか一年後なのかはわかりま
せんが、配当が止まってからでは対処のしようがありませんので、
危ない兆候が少しでも見えたら、一度撤退するのが投資の正しい戦略です。

契約内容によっては、解約手数料がかかるかもしれませんが、すこし
手数料が取られるくらいなのであれば、解約したほうがよいと思います。

それくらい危険が迫っていると思っておいたほうがよいでしょう。