良い投資情報を聞いたと思ったときほど、ほかの人の
意見を聞かずに、すぐ契約したくなるものです。

良いと思っていればいるほど、周りが見えなくなって
いることも多く、あとから考えればなぜ投資したんだと
思えるような案件でも、なぜかそのときはとても魅力的
に感じてしまうことがあります。

その熱くなっている頭を冷やし、冷静に判断できる状態
に戻すという意味で、私が必ず行っていることがあります。

それは、第三者の意見を聞くということです。

ここでいう第三者とは、投資についてある程度の経験が
あり、ちゃんと判断できる人のことを指します。

私はベンチャーキャピタルで働いている友人とよく情報
交換をするのですが、ベンチャー投資のプロである彼ら
も第三者へのヒアリングは必ず行うようにしているとの
ことでした。

結局、本人から聞いている話というのは、どこまでが
真実なのか本人の話だけから判断するのは不可能に近い
のです。

ですので、今の取引先や以前の取引先、交渉はしていた
けれども取引に繋がらなかった先の企業にヒアリングを
することで、多面的に投資先を見ることができるのです。

これは、非常に重要なことで、投資資金を募集している
人たちというのは、大抵の場合、過去にも資金を集めて
いることが多いです。

ですので、その投資案件がどうなっているのか、仮に
うまくいかなかった投資案件があったとして、そのとき
に対応がどうだったのかなど情報を集めることができれば、
投資判断するうえで非常に役立ちます。

とは言っても、ここまで知り合いがいる人もそうは多く
ありませんので、やはり身近な有識者に意見を聞くのが
一番よいでしょう。

よくやりがちなミスですが、自分の周りに投資経験が
ある人がいないため、家族に聞いたり友人に聞いたり
するのはNGです。

私の経験上、アドバイスを求められた側はまず間違いなく
「そんな投資はやめておいたほうがいい」と言います。

それは非常にシンプルな理由ですが、まず第一に家族や
友人は投資について詳しくないので、あなたが投資しよう
としている案件について正しい判断できません。

そして、もしここで「良さそうだね。やってみればいいん
じゃない?」とでも無責任にも言ってしまい、あなたが
投資をしたとします。

もしそれでうまくいかなかったときに、投資は自己責任
とはいえ、投資を勧めてしまった友人としては罪悪感を
感じることになるでしょう。

そうなのであれば、投資をさせないでおけば、損失を
出すことはなくなりますから、罪悪感を感じることも
ありません。

このような理由から、家族や友人に相談しても意味が
ないのです。

ですから、意見を聞く相手というのは非常に重要です。

色々な投資を経験しており、ちゃんと判断してくれる人、
良いものは良いと言ってくれるような人から意見を聞くと
よいと思います。

もし誰もいないということであれば、投資経験のない身近
な人に聞くよりは、インターネットで情報収集するほうが
よいでしょう。

これは、実際に取り入れてもらわないとわからないこと
ですが、今までに出会ったことのない素晴らしい投資案件
だ!と思ったときに、第三者からの客観的な意見を聞き、
改めて冷静に判断してみると、大した案件ではなかった
ことが多いものです。

ですので、ハイリスク・ハイリターン投資の案件ほど、
投資をする前に第三者の意見を必ず聞くようにしてくだ
さい。どのような答えが返ってきても、聞かないよりは
良いことしかありません。