ハイリスク・ハイリターン投資の話を聞いているときに、いくつも
質問を投げかけていると、怪しい投資案件のときは必ずと言っていい
ほどボロがでてきます。

そして、今まで私が質問してきた中で、まともな投資案件でない場合、
必ずと言っていいほど答えに窮する質問があります。

この質問にしっかりと答えられるかどうかが案件を見極める上で、
非常に有効だと思っていますので、紹介していきます。

では、その質問とは何なのか。

それは、「なぜこのような方法で資金を集めているのか」という
質問です。ひと昔前までは、資金調達する方法といえば、銀行から
借りるか身内から借りるか、手段は限られていました。

しかし、現在では、多様な資金調達手段が考えられます。金融機関、
ソーシャルレンディング、ICO、社債発行など。

もし、あなたがビジネスを始めるために、1億円借り入れるとした
ときに、金利12%で資金を貸してくれる相手と金利2%で資金を
貸してくれる相手がいたとして、どちらを選びますか?

年間1200万円の利息の支払いと年間200万円の利息の支払いですから、
当然、金利2%(年間200万円の利息の支払い)を選びますよね。

これと同じで、投資案件を作っている側(資金を集めている側)の
人間からすれば、資金調達するときの金利は低ければ低いほど、
利息の支払いが減りますので、安定的な運営ができるということです。

逆に調達金利が高ければ高いほど、毎月大きな利息の支払いが発生
しますので、赤字経営に陥る可能性が高くなるわけです。

つまり、あなたから高い金利で資金調達するということは、あなたへの
利息の支払いが大きくなりますので、それだけリスクの高い資金調達
手段を用いているということなのです。

もうあなたもお気づきかと思いますが、銀行から金利2%台で借り
られる時代にもかかわらず、あなたから金利12%で資金を借りよう
とするということは、何かしら銀行から借りれない理由があります。

もちろん、実績を評価する銀行において、新規ビジネスですと融資が
つきにくいということはありますが、新規ビジネスであれば、ベンチャ
ーキャピタルや投資ファンドから出資を受けることもできます。

それでも、高い金利で個人投資家から資金を調達しようとするという
ことは、投資のプロフェッショナル達が評価しないような何か欠陥の
あるビジネスモデルである可能性が高いわけです。

また資金管理の手間から考えても、小口で多くの投資家から集めるより
も、大口の投資家から資金を一度に集めたほうが管理は楽です。

ですので、数万円~数十万円で投資できるような投資案件というのは、
あえて小口にする必要があるわけで、その理由についても詳しく説明
を求める必要があります。

以上のことからわかるように、配当が年10%以上の投資案件をみた
ときは、第一になぜ金融機関から低金利で資金調達をしないのか聞い
てみるのがおすすめです。

まともな理由がない限り、まともな回答が返せません。

「極秘案件だから銀行や金融機関に情報を流せない」「銀行から
資金調達するには、審査など時間がかかるから」「ほんとうに良い
案件だから、銀行に儲けさせるのではなく、あなたに儲けさせたい」
など言ってきたら、100%詐欺です。

固定の支払いが増えるのは、経営者が一番嫌がることです。

にもかかわらず、高い金利で資金を調達する必要があるということは、
それなりの理由があるわけです。他の資金調達方法を知らないなどと
いうことはまずあり得ません。

もし他の資金調達手段を知らなかったとしたら、その時点で経営者と
しての資質に問題があるという判断をすることができます。

ぜひ、ハイリスク・ハイリターンの投資案件の話を聞く機会があれば
この質問を投げかけてみてください。