このブログの読者の方は株式や投資信託、債券といった投資の
一歩目としてはセオリーの道を歩んでいる人が多いと思います。

しかし、投資を始めると今まで見たことも聞いたこともない
ようなハイリスク・ハイリターン投資案件に必ず出会います。

※ここで言うハイリスクハイリターン投資というのは、株、
投資信託、債券、不動産以外で年利10%超の案件だと思って
ください。ソーシャル・レンディングや仮想通貨もここに入ります。

今まで株や投資信託、債券といった基本的な投資しか経験のない
人にとっては、ビットコインの運用や、タイ・モンゴルの鉱山開発
、ワイン投資など、今まで聞いたこともない投資案件は非常に
魅力的に感じてしまうものです。

しかし、あなたが今まで聞いたことのない投資案件というのは、
あなたが思っている以上にリスクが高い案件が多く、このような
案件に投資をして失敗すると、投資した元金がゼロになってしまう
ことがほとんどです。

私のところにもどうにかできないかと多くの人が相談に来ますが、
投資してしまった後に資金を回収するのは、困難を極めます。

ですので、投資をする前にしっかりと投資案件を見極める目を
養うしか方法はないと思っていただいて間違いありません。

今回は、私や私のお客様が経験してきた投資詐欺案件をまとめて
います。

あなたがすべての項目を読み終えるころには、ハイリスク・ハイ
リターン投資案件を見極める目が大いに養われることに間違いあり
ません。

ぜひこれを機会に熟練投資家がどのような観点で投資案件を精査
しているのか知ってほしいと思います。

投資詐欺の被害金を回収できるのか?

さて、あなたはハイリスク・ハイリターン投資がうまくいかなかった
とき、どの程度の損失が発生すると思って投資をしているでしょうか?

こういった投資案件の場合、20%だけ損をして残りは戻ってきた
ということは基本的に起こりません。損失が発生=投資元本がゼロ
になります。

では、どうにかその被害金を回収する手立てはないのか。
以下の記事で私の体験も含めて具体的に解説します。

投資詐欺の被害金を回収する方法はあるのか?

ハイリスク・ハイリターン投資の成功率は高くない

あなたは友人・知人から紹介された魅力的な投資案件がどの程度
成功するだろうと思って投資をしているでしょうか?

私は年間100件ほどの投資案件の話を聞いていますが、その中で
5年以上安定的に配当が続いている案件はどれくらいあると思いますか?

たぶん、あなたは投資の成功率を高く見積もり過ぎています。
それにより何が起こるのか次の記事にまとめています。

ハイリスク・ハイリターン投資で高く見積もり過ぎの投資成功率。

元本保証の投資案件の真実

ハイリスク・ハイリターン投資案件の話を聞いていると必ずと
言っていいほど登場するのが「元本保証」です。

ただ、詐欺師もバカではないので、直接的に元本保証だと言って
いるケースは稀です。

では、なぜ元本保証だと思って投資をしてしまう人が後を絶たない
のでしょうか。そこには、投資詐欺師の巧妙な話術が隠されています。

元本保証の投資案件の真実

意外に知らない人が多い契約書の基本ルール

多くの人が思った以上に理解していないのが契約書です。

どのような形態の契約書があり、それぞれどのようなリスクがあるのか、
知らないままで契約してしまうと取り返しのつかないことになります。

金銭消費貸借契約、社債契約、匿名組合出資契約などの契約形態の
違いがわかっていないのであれば、次の記事を読んでおいてください。

意外に知らない人が多い契約書の基本ルール

投資詐欺師が嫌がる質問No1は?

数多くのハイリスク・ハイリターン投資の話を聞いてきた結果、
本当にまっとな資金調達を目的としていない場合には、非常に
答えにくい質問というものを発見しました。

たいてい、この質問をしたときの回答をきけば、まともな投資案件
なのかかなり精度高く判断できます。

ぜひあなたもこの質問を活用してみてください。

投資詐欺師が嫌がる質問No.1は?

信頼できる人からの紹介は信用できる?

投資案件の紹介は基本的には、信頼できる友人・知人からでしょう。

しかし、信頼できる人からの紹介=信頼できる投資案件という公式は
一瞬成立するように思ってしまいますが、ほんとうにこの公式は成立
するのでしょうか?

実は投資詐欺にあった人の多くが、「信頼できそうだったから投資
してしまった」と答えています。

どのくらいの人がそう答えているのか、次の記事で紹介していきます。

信頼できる人・権威のある人と投資の成功率の意外な関係

ビジネスモデルの複雑さと投資の成功率

シンプルな仕組みの投資案件と、自分には理解できない複雑な
仕組みの投資案件とどちらのほうが儲かりそうな気がしますか?

たいてい、投資初心者の場合は複雑な仕組みの投資案件と答えます。

しかし、本当にそうなのでしょうか?私の実体験から至った結論を
紹介います。

ビジネスモデルの複雑さと投資の成功率

相手の話が事実か誇張表現なのかを見抜くための方法

投資案件について相手から話を聞くとき、あなたは相手がすべて
正直に話すと思って話を聞いていませんか?

私は投資を始めたころ、まさにそのようなスタンスで話を聞いて
かなり痛い目にあったことがあります。

そのおかげもあって、今では相手が誇張した表現を極力使えない
状況を作り出す方法を思いつきました。

ここでは、その方法を紹介したいと思います。

事実か誇張表現なのかを見抜くためのおすすめの方法

キャンペーン告知は終わりの始まり

ハイリスク・ハイリターン案件では時々キャンペーンというものを
行います。

これは、キャンペーン期間に多額の投資をしてくれた人に、配当を
優遇したり、旅行に招待したりするものです。

一見、企業が潤っているから行うように見えますが、もしそう
思ってしまったらあなたはドツボにはまることになるでしょう。

私の実体験も交えて詳しく解説していきます。

キャンペーンの告知は終わりの始まり

ハイリスク・ハイリターンの投資案件を精査するときに必ずやること

ハイリスク・ハイリターンの投資案件を精査するとき、私が必ず
やっていることがあります。非常に簡単なことなのですが、効果は
絶大です。

私の友人にベンチャーキャピタルで働いている人がいますが、その
友人もかならず同じことをすると言っていました。

はたして、その方法とは何なのでしょうか?

ハイリスク・ハイリターンの投資案件を精査するときに必ずやっていること

基本だけど疎かにされていること

さて、最後はビジネスの基本でありながら、多くの人が見落とし
がちなポイントをまとめています。

もしここであげる項目に該当している場合、その投資案件は撤退
するべきです。

投資の基本だけれど、案外おろそかにされていること

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全部を読むとかなりのボリュームになってしまいますが、今後あなたが
投資活動をしていくうえで非常に有用な内容になっている自負があります。

ハイリスク・ハイリターン投資にはそもそも手を出さないというのも
選択肢のひとつです。しかし、すぐに切り捨ててしまうのは機会損失に
つながります。

とても良いと思える案件の話を聞いたときは、今日ここで学んだ内容を
思い出して、ダメな事例にあてはまっていないか確認してから投資する
だけでも成功率は大きく変わると思います。

ぜひ今後の投資活動の参考にしてください。