ハイリスク・ハイリターンの投資の話を色々と聞いていると、必ず
といっていいほど元本保証を謳っている案件に出くわします。

「100%元本保証です。」という直接的な表現ではないにしても、
「元本が最後に戻ってきます」「元本も償還されます」などの言葉を
聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

元本保証だと言われれば、リスクがないようなものなので、性善説で
物事を考えてしまう癖のある人は簡単に詐欺師のカモにされてしまいます。

これを機会にぜひ覚えておいてほしいのですが、元本が保証されて
いる投資商品というのはこの世に存在しません。似たような言葉で
まぎらわしいのですが、「元本確保」されている商品というのは存在します。

「元本確保」というのは、100年に1度と言われているリーマンショック
級の金融大恐慌が起きない限りは、元本が守られる仕組みになっています。
債券を組み合わせた商品で、このような元本確保型の商品が存在します。

ただし、「元本保証」ではありませんので、何が起きても100%、
あなたが投資した資金は守られるということではないのです。

あなたが一番リスクが低いと思っている貯金でさえ、日本という
国が破綻してしまった場合、1000万円までしか保証されていません。

貯蓄型の生命保険に加入されている方もいらっしゃると思いますが、
こういった生命保険も保険会社が破綻した場合、90%までは保証
されていますが、全額が返ってくるわけではありません。
※場合によっては90%を下回ることも十分想定されます。

ですから、年利10%以上のハイリスク・ハイリターン投資においては、
「元本が最後に戻ってきます」「元本も償還されます」という言葉を
聞いたとしても、「元本保証」だと思いこんではいけません。

あくまでも「投資が最後までうまく行った場合には元本が戻ってくる
可能性がある」という意味で、うまくいかなかった場合は元本が戻っ
てこない(ゼロになることもありえる)ことを暗に示しているのです。

勧誘する側は言葉巧みにあなたを説得してきます。

「今までにない仕組みだから元本が戻ってくるんだ」「元本保証されて
いるからみんな投資しているよ」「こんな元本保証の商品は二度とない」
など言われても、絶対その言葉を信じないでください。

そもそも「元本保証」という言葉を使って、勧誘することは金融商品
取引法違反にあたります。

パンフレットにそのような記載があれば当然違法ですし、「契約書には
書けないけれど、元本保証なんです。」と言われたとしても、契約書に
書けないのであれば、そもそも何の保証もないのと同じです。

ハイリスク・ハイリターン投資においては、投資で失敗したときは元本
はほぼ確実に戻ってきません。ですので、元本が戻ってくるようなニュ
アンスを相手が話始めたら、その時点で投資詐欺だと思って間違いない
でしょう。

しつこいようですが、くれぐれも元本保証という言葉に騙されないように
してください。