これは投資に限らずよくある話ではありますが、商品を紹介する側と
しては、お客様に買っていただきたいというのが本音なので、商品を
良く見せようと誇張した表現をよく使ってきます。

「私はインドネシアまで直接赴き、代表者と会って話を聞いてきた。
現地をみれば本当はもっと実感できるけれど、正直数年で五倍になっ
てもおかしくないと思います。」

「一年あれば、間違いなく二倍に資産がなりますよ。」

1000人しか会員がいないにもかかわらず、「世界で三万人すでに会員
がいます。日本ではまさに今から組織が大きくなっていくタイミング
なので、入っておいて損はないです」など、挙げだしたらきりがあり
ません。

あなたも営業の仕事を経験したことがあれば、誇張表現を使った
ことがあるかもしれませんし、彼女の前でかっこよく見せるために、
そういった話をしたこともあるかもしれません。

人間少なからず、「他人に良く思われたい」「すごく見せたい」と
いう思いがありますので、誇張表現を使ったことがない人は世の中
にはいないでしょう。

ただし、彼女の前や友達との話の中で誇張表現を使うのとは、わけが
違います。

前述のようなときは、特に「それほんとなの?」とか「それ証明でき
る?」など疑わずとも、素直にほめてあげればいいのですが、投資に
おいては、その誇張表現を疑いもせず真に受けて投資の判断をすると、
とんでもない目にあいます。

ですので、わたしたちはは相手の話している内容が事実なのか誇張表現
なのかをしっかり吟味しなくてはいけません。

過去に、ロサンゼルスで大流行しているジーンズを日本で販売する
投資案件に出資をしたことがあります。

正直、ファッションについては疎いため、海外で流行ったものが
日本に入ってくることがよくあることは知っていましたが、どの
程度日本でニーズがあるのか判断できずにいました。

そんなときに私にこの商品を紹介してくれていたエージェントが、
まだ日本国内で販売が始まっていないにもかかわらず、すでに
2万本の新規受注が入ったと教えてくれました。

普通のジーンズであれば10本買えるような単価の高いジーンズ
だったので、自分では買いたいと思いませんでしたが、それだけ
国内で需要があるのであれば、うまく行きそうだと思い、特に
裏付けのデータを見せられたわけでもないうちに契約をしてしまいました。

その結果、想像がつくと思いますが、結局その二万本の受注の話
自体がなくなり、案件もまったくうまく行きませんでした。

普通に暮らしている人ですと、基本、性善説で物事を考える癖が
ついていると思いますので、平気で嘘をついたり、誇張表現をしたり
する人はいないと思います。

仮に嘘をつかれたりしても、そこまで自分の生活に大きな影響を
受けたことがある人はほとんどいないでしょう。

しかし、投資の話を聞くときは注意が必要です。私は口酸っぱく
いつも言うのですが、投資は性悪説で考えないと必ず失敗します。

要は、エージェントの言ったことを鵜呑みにしてはいけないという
ことです。

相手の言っていることが、何かしらの根拠に基づいているのかを
しっかり確認したうえで、判断する必要があります。

私の例でいえば、2万本の新規受注がはいったのであれば、どこの
会社からの受注なのか、申込書など実物はないかなど、相手の
言っていることが正しいかを判断する方法は後から考えると色々
ありました。

そして、それ以降私が取り入れているのは、エージェントの話を
録音するという方法です。

事前に相手側に「しっかり内容を勉強したいので、録音してもいい
ですか?」と事前に確認して承諾をもらっておきます。

「あなたの言うことが本当かどうか疑っているので、録音しても
いいですか?」なんて言ったら当然向こうも嫌がりますが、そう
でなければ、断られることはまずないでしょう。

万が一、断られたらその時点で投資をしないほうが無難ですね。

どちらにしてもこの「録音してもいいですか?」という言葉は非常に
効果を発揮します。

エージェント側からすれば、変なことを言ってしまうと証拠として
残ってしまいますから、誇張表現が限りなく少なくなり、より事実に
近い内容が収集できるはずです。

「絶対儲かります」といった言葉はまず言ってこなくなるでしょう。
ただ、人によっては初めから了承もとらずに録音しようとする人が
いますが、この方法はあまりお勧めしません。

この録音の一番の目的は、エージェントの誇張表現をできるだけ
排除し、事実に近い情報を得ることにあります。

ですので、こっそり録音していては、確かに記録を残せますが、
エージェントはそのことを知らないので、誇張表現を使ってくる
可能性が高いです。

投資がうまくいかなくなったときには、「あの時にこう言ってました
よね。」と証拠能力はありますが、うまくいかなくなったときのために
録音するのは本末転倒です。

私たちは、相手から正しい情報を収集して、その情報をもとに投資判断
をするわけですので、誇張された話を録音したとしても投資判断する上
では全く役に立たないのです。

この方法は非常におすすめなので、ぜひ活用していただきたいと思います。