プロジェクトEの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

世界経済の成長に合わせて、需要が拡大していうことが予想されているエネルギー需要。 需要は増える一方で、地球温暖化防止のためになるべく二酸化炭素を発生させないで、 成長していくことが求められています。 このため、エネルギー供給サイドでは、太陽光や風力といったエネルギー源の多様化が 求められており、様々 […]

エネルギーレボリューションの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

ファンドのカテゴリーといえば、株式、債券、リートなどがまず思い浮かびあがりますが、 高い配当利回りで注目を集めているのがMLP(エムエルピー)というカテゴリーです。 MLPというのは、マスター・リミテッド・パートナーシップの略称で、石油・天然ガスの 精製、備蓄、輸送(パイプライン)施設などのエネルギ […]

サムライバリューの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

株式と株価指数先物を組み合わせることによって、絶対収益(Absolute Return)の 獲得を目指すAR国内バリュー株式ファンド『愛称:サムライバリュー』。 絶対収益というのは、市場全体の変動とは無関係に、上昇相場でも下降相場でも 利益が出るように運用するというものです。 「そんなことができるの […]

発掘名人の評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

ちばぎんアセットマネジメントが運用しているファンドの中で、一番人気があるのが 日本中小型株ファンド『愛称:発掘名人』です。 ちばぎんアセットが運用するファンドは、何とも微妙なパフォーマンスのファンドが 多いのですが、唯一まだましなファンドが発掘名人です。 今日は、発掘名人について徹底分析していきます […]

ハッピークローバーの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

幸運を運んでくる四つ葉のクローバーをハッピークローバーと呼んだりしますが、 幸運を運んでくる4か国の債券を四つ葉のクローバーに見たてて名付けられたのが、 DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)『愛称:ハッピークローバー』です。 資源国に絞って投資を行うことで、世界的な人口増加による資源需 […]

オーナーズ・インカムの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

2016、2017年と苦戦が続いていたJ-REITが2018年には息を吹き返しており、 一度は去っていった投資家が戻りつつあります。 やはり少額から不動産に投資できて、かつ自分では絶対購入できないような 大型の不動産にも分散投資ができる点は、魅力的です。 一方で、J-REITならどれもそうは変わらな […]

風物語の評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

日本株においては、大型株より中小型株のほうが中長期で見てパフォーマンスが 優れているというのは有名な話です。 そして、小型株というのは銘柄数で見ても圧倒的に数が多く、十分に企業が調査されておらず、 将来の日本を担うような優れた企業が眠っています。 そんな小型株に特化したファンドが新光日本小型株ファン […]

華咲く中小型の評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

最近有名な運用会社と言えば、レオスキャピタルのひふみ投信だと思いますが、 ひふみ投信の陰に隠れて、圧倒的なパフォーマンスを出しているファンドがあります。 それが、スパークス・M&S・ジャパン・ファンド『愛称:華咲く中小型』です。 スパークスの運用しているファンドは良いファンドが多いのですが […]

物件満彩の評価や評判は?今後の見通しはどう?

アクティブファンド分析

2020年の東京オリンピックに向けて日本中が盛り上がりを見せている昨今、 不動産投資にも再び注目が集まってきました。 「不動産投資を実際始めるには最初の手続きや管理が難しいそう、、」 そういう考えから少額から分散投資ができる不動産投資信託・Jリートを 購入してみようと考え始めている方が増えています。 […]

JPM グローバル医療関連株式ファンドの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

高齢化社会が進行する中で、常に注目を集めているテーマが医療関連セクターです。 ただ、テーマとしては成長分野ではあるものの、大きく成長し続けているファンドが ないのも特徴のひとつです。 さて、JPM グローバル医療関連株式ファンドはどうなのでしょうか? 今日は、JPM グローバル医療関連株式ファンドに […]

世界家主倶楽部の評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

世界のリートに分散投資ができる世界家主倶楽部。 一時期は5千億円超もある巨大ファンドでしたが、リーマンショックの時に とてつもない下落を記録したことで、純資産総額が一気に5分の1程度にまで 下落したファンドです。 今日は、DIAM ワールド・リート・インカム(毎月決算)『愛称:世界家主倶楽部』 につ […]

ファインゴールドの評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

いつからか有事の金という言葉が使われるようになり、多くの投資家が リスクオフ志向が強まると安全資産の金が買われるようになりました。 ただ、多くの人が何となく金を買っておけば安全だろうと 思っていることに対しては、警鐘を鳴らしたいと思っています。 今回は金ETFに投資をしていく三菱UFJ 純金ファンド […]

杏の実の評価や評判は?今後の見通しはいかに?

アクティブファンド分析

一時期は一兆円近くの規模があった大和投信のハイグレード・オセアニア・ボンド 『杏の実』。 当時、流行りのオーストラリア建て公社債を中心に投資し、安定的な高い利回りの確保を 目指したファンドです。 近年の毎月分配型ファンドへの逆風と、パフォーマンスがそもそも悪いことにより資金が どんどん流出しています […]

プライムOne2018-10を徹底分析!

アクティブファンド分析

プライムOneの好調ぶりが止まりません。 プライムOne 2018-07に続き、プライムOne 2018-09、 そしてこの度プライムOne 2018-10の募集がスタートしました。 元本確保という仕組み自体が国内ではまだ浸透していませんが、 リスクを極力取りたくないという投資家には、変なバランスフ […]

つみたて8資産均等バランスの評価や評判は?実質コストはいかに?

インデックスファンド分析

三菱UFJ国際から新しくつみたて8資産均等バランスファンドが登場しました。 ある程度インデックスファンドに詳しい人であれば、「あれ?三菱UFJ国際と言えば、 eMAXIS Slim バランス8資産均等型があったような・・・」と思うかもしれません。 そう思ったあなたはさすがというべきなのです。 つみた […]

2018年9月度 運用実績レポート

運用実績レポート

米国と中国の貿易摩擦問題が不安視される中、ついに日経平均が1991年以来、 27年ぶりの高値を付けました。日米の通商政策の行方も気になるところではありますが、 ここを超えてくると、日経平均ももう一段高値を目指すことになりそうです。 全体として、日本株の好調が寄与し、今月は+132.9万円(+2.49 […]

ダイワ J-REITオープンの評価や評判は?実質コストはいかに?

インデックスファンド分析

昨年は悲惨なパフォーマンスだったJ-REITですが、2018年は健闘しており、 再度注目を集めています。 ただ、東証RIET指数をベンチマークとするREITは数多く存在しており、 低コスト競争が激化しています。 以前から設定されているファンドは、純資産総額は大きいものの、苦戦を強いられており、 果た […]

新光 J-REITオープンの評価や評判は?実質コストはいかに?

インデックスファンド分析

小口の資金で不動産に分散投資ができるということで、一部の投資家から根強い 人気があるJ-REIT。 2017年はまったくパフォーマンスが奮いませんでしたが、2018年は健闘しており、 再度注目が集まっています。 東証RIET指数に連動するインデックスファンドも近年は低コスト競争が激化しており、 以前 […]

ストックインデックスファンド225の評価や評判は?実質コストはいかに?

インデックスファンド分析

1985年に設定以来、長期間投資家に愛されている大和投信のストックインデックスファンド225。 他のインデックスファンド何か違いがあるのかというと、そういうわけではありませんが、 500億円以上の純資産を維持できているというのは、人気が衰えていないという証拠です。 近年は、日経225に連動するインデ […]

MHAM 株式インデックスファンド225の評価や評判は?実質コストはいかに?

インデックスファンド分析

1995年に設定されて以来、1000億円超の資金を運用し続けている MHAM 株式インデックスファンド225。 アセマネOneはみずほ信託銀行の運用部門と新光投信、DIAMアセットが事業統合した という背景もあり、1000億円超の規模の似たようなインデックスファンドが複数 存在しています。 1000 […]

ページの先頭へ