VIX指数に関連する投資を行っている人であれば、一度は
米国VIベアETFの名前を聞いたことがあるかもしれません。

米国VIベアETFはNYSE(ニューヨーク証券取引所)で取引
されているETF、プロシェアーズ・ショートVIX短期先物
ETF(SVXY)をCFDにした商品です。

VIX短期先物と聞いてピンときた方は、かなりVIX指数に
ついて勉強されている方だと思います。

米国VIベアETFは、VIX短期先物のインバース型のETFなので、
VXXやVXXB、1152国際のETF VIX短期先物指数とは、また
違った値動きの特徴を持っています。

今日は、この米国VIベアETFについて徹底分析していきます。

米国VIXベアETFが連動しているものとは?

まず、米国VIXベアETFが投資対象として優れているのかを
判断する上で、米国VIXベアETFが何に連動しているのかを
しっかりと理解しておかなければなりません。

米国VIXベアETFはプロシェアーズのショート・VIX短期先物
ETF(SVXY)に連動するわけですが、そもそもSVXYが何なのか
を理解できていなければ、話になりません。

SVXYはVIX短期先物指数をショートする(売る)ポジション
から入る投資戦略ですが、なかなかわかりづらいです。

ですので、ショート・VIX短期先物指数と全く逆の投資戦略を
とるVIX短期先物指数を理解することで、その逆の値動きをすると
思っておけばイメージが湧きやすいでしょう。

VIX短期先物指数については、こちらの記事で詳しく解説を
していますので、VIX短期先物と聞いて、あれのことか!と
わからない方は目を通しておいて損はないと思います。

S&P 500 VIX 短期先物指数とは?なぜ下落を続けるのか?

ここでは、結論だけをまとめますが、VIX短期先物指数は仕組み上、
下方圧力がかかっていますので、VIX指数が大きく上昇すると
上昇しますが、中長期で下落していきます。

それと逆に、ショート・VIX短期先物指数は上方圧力がかかって
いますので、VIX指数が大きく上昇すると下落しますが、基本的
には上昇していきます。

ですので、米国VIXベアETFも上昇圧力がかかっている商品で
あることがわかります。

米国VIXベアETFの値動きは?

では、ここで米国VIXベアETFが連動しているSVXYの過去の
値動きを見てみましょう。

SVXYは2011年10月4日から取引され始めましたので、それ以降
のデータとなります。

注目すべきは、2011年から2018年まで指数関数的に上昇して
いるという点と、2018年2月にとてつもない下落を記録して
いるという2点です。

ショート・VIX短期先物は仕組み上、上昇圧力が強いので、
中長期的には当然上昇するのですが、2018年2月のVIXショックは
多くの投資家の資産が焼け野原となりました。

過去にもSVXYが下落する局面はありましたが、ここまで
大きく下落したことはありません。

ほぼ100%の個人投資家が大損すると同時に、相場に100%は
ないということを改めて感じされられる事件でした。

ちなみに、このVIXショックを契機に、米国ベアETFは
ショート・VIX短期先物指数の日々の値動きの0.5倍の
変動をするようにリスクが抑えられています。

ここで重要なのは、このような値動きを直近の変動から予測
ができたのかという点です。

以下の図は、VIX指数とSVXYのそれぞれの終値を前日と比較
して騰落率としてまとめたものです。

ぱっと見て気づくのは、VIX指数の上昇率に対して、SVXYの
下落率は基本的に小さくなっています。

特にVIX指数が大きく30%近く上昇したときでもSVXYは10%も
ない程度の下落しかしてきませんでした。

ですので、VIX指数が前日に比べて100%超上昇したとしても、
まさか80%超も1日で下落するとは誰も思っていなかったと
思います。

このような値動きは、残念ながら事前に予測することは不可能
であり、今後も同じようなことが起これば、多くの投資家の
資産は激減することになります。

7年かけて長期で保有していた資産が一夜にしてマイナスになる
のはさすがに耐えがたいでしょう。

多くのブログでは、今が安値だから米国VIベアETFは買いだ
という論調が強いようですが、VIXショックのような相場が
来た時にどう対策をするのか決まっていなければ、結局また
同じように資産の暴落を経験することになります。

米国VIベアETFで勝つためには

米国VIベアETFの恐ろしさがわかったところで、私が少額で
投資をしている方法をご紹介しましょう。

まず大前提として、暴落を想定した戦略となっていなければ、
それは有効な戦略にはなりません。

下落したときに積み立てればいいとか、長期で保有をつづければ
よいという声もありますが、結局、大暴落するときにどう対応
するのかが明確になっていなければ、ほぼ資産を失うことに
なりますので、投資戦略としては決して優れているとは言えません。

では、どうすればよいのか。

残念ながら、米国VIベアETFの大暴落を予測することは不可能です。

ですので、次の暴落がいつ来てもプラスで終わるようにコツコツ
資産を増やすというのが正しい投資戦略です。

では、私が行っている投資方法の例を紹介しましょう。

まず、投資元本として100万円を用意します。金額はこれより
少なくても全く問題ありません。そして、一括投資で
米国VIベアETFを購入し、持ち続けます。

過去のデータでは、相場が悪くなければ2年で2倍程度には
増えます。

そして、資産が2倍になったタイミングで100万円分を売却し、
別のリスクの低い投資に回します。私であれば投資信託や
IPOの抽選申込のための原資にするといったところです。

これで、投資元本は回収できたので、これ以降は、残りの
100万円がVIXショックにあおうが、元本割れすることはあり
ません。そして、また保有を続けます。

また2年後に資産が2倍近くになったら、100万円分を売却します。
ここで、ある人は元本を確保したのであれば、なぜ2倍になった
タイミングで売却するんだと思うかもしれません。

当然、指数関数的に資産は増えますので、資産を引き出さない
ほうが上昇率は高くなります。

しかし、これは、私の過去の経験に基づいているのですが、欲を
出せば出すほど必ず痛い目にあいます。それよりも適度なところで
やめておいて、着実に資産を増やしていくというスタンスのほうが
最終的にはうまくいくものです。

まとめ

いかがでしょうか?

この方法は、元本分を確保するまでにVIXショックが来な
ければ負けない方法です。

なので、あなたが負うリスクは、資産が2倍になるまでの
2年間ということになります。

将来のことはわからないとは言え、VIXショックが起きて間もない
今のタイミングであれば、タイミングよくポジションを取れる
チャンスだと思います。

ぜひ少額からチャレンジしてみてください。