日本国内から投資できる恐怖指数関連のETF/ETNというと、
UVXY、VXX、VXZ、EVIXなどがあります。

 

しかし、この4商品はそれぞれ連動している指数が異なるため、
値動きも当然変わってきます。

 

今日は、この4商品について、値動きと騰落率にどのような
違いがあるのかを徹底分析していきます。

 

上がるか下がるか相場を予測するから負ける。相場を予測せずに勝つVIXトレードスクールって何?

 

VXX、UVXY、VXZ、EVIXの商品性の違い

まず改めてになりますが、4商品の名称から紹介していきます。

 

名前は長いので、略称だけ覚えておけば十分です。ちなみに
iパスシリーズはバークレイズが、ベロシティシェアーズは
クレディスイスが運営しています。

 

プロシェアーズだけは自社で運用していますね。

正式名称 略称
プロシェアーズ・ウルトラ・VIX・ショートターム・フューチャーズ・ETF UVXY
iパス・シリーズB・S&P 500・VIX・ショートターム・フューチャーズ・ETN VXX
iパス・シリーズB・S&P 500・VIX・ミッドターム・フューチャーズ・ETN VXZ
ベロシティシェアーズ・1×・ロング・VSTOXX・フューチャーズ・ETN EVIX

 

指数 倍率
UVXY S&P500 VIX短期先物指数 ▲0.5倍
VXX S&P500 VIX短期先物指数 ▲1.0倍
VXZ S&P500 VIX中期先物指数 ▲1.0倍
EVIX VSTOXX 短期先物指数 ▲1.0倍

VXX、UVXY、VXZ、EVIXの値動き比較

では、まずVXX、UVXY、VXZ、EVIXの値動きについて比較を
してみました。

 

価格で比較をすると、やはりレバレッジが利いているUVXY(灰)が
変動が大きくなっています。続いてVXX(青)の変動が大きくなって
います。

 

 

ただ、この表だけだと、騰落率にどの程度差があるのかわかりづらい
ので、2018年3月1日を100として、どの程度価格が変動しているかの
騰落率を比較しました。

 

VXX、UVXY、VXZ、EVIXの騰落率比較

VXX、UVXY、VXZ、EVIXの騰落率を比較してみると、だいぶ
特徴がつかめます。まず一番騰落率が大きかったのはUVXY(灰)
でした。

 

UVXYはレバレッジが利いているので当然下落率は高くなるはず
なのですが、UVXYに匹敵するレベルで下落しているものがあり
ました。それがEVIX(黄)です。

 

私もこのようにして比較するまで気づきませんでしたが、EVIXは
下落幅が大きい割に、VSTOXX指数が急騰時に、他の3商品と比べる
と急騰しにくい性質を持っています。

 

そのため、下落率が他の商品より高くなっているようです。また
VXZ(橙)は他の3商品と比べて、明らかに騰落率の変動が小さく
なっています。

 

それでも仕組み上は着実に下落しますので、リスクを大きくとり
たくない人にとってはオススメかもしれません。

 

追伸

1つ重要な事実をあなたにお伝えしなければなりません。

 

それは相場を予測しようとする限り、あなたは今後も
トレードで勝てない可能性が高いということです。

 

もう相場を予想してトレードするのはやめましょう。

 

世界の三大投資家であるウォーレン・バフェット、
ジム・ロジャーズ、ジョージ・ソロスの誰一人として、
相場は予測できると言っていません。

 

予測するから負ける。この事実に気づいてください。

 

あなたが本来目指すべきは相場を予測せずに勝てるトレードです。
⇒⇒相場を予測せずに勝つVIXトレードに興味のある方はこちら。