債券や債券ファンドに投資を検討している人であれば、一番
チェックしておかなければいけないのが、格付会社による格付
です。

大概、売りに出ている債券や債券ファンドは「リスクは高く
ありません。」と謳っていますが、実際どの程度リスクが
低いのか具体的に把握している人は少ないのではないでしょうか?

また信用格付けは格付会社によって、評価の仕方が異なって
いますので、同じ格付でもデフォルト率が若干変わってきます。

そこで、今回は主要な格付け会社別に、格付のランクでどの程度
デフォルト率(元本や利息の支払いが滞る率)に差があるのかを
具体的に見ていきたいと思います。

信用格付とは

格付というのは、スタンド―ド・アンド・プアーズやムーディーズ
といった格付会社が債券やその発行体に対して付与するもので、
企業業績や財務内容などを分析して、債券の利息の支払いや元本の
返済が滞らないかの安全度を測るものです。

以下の図のように、AAAの評価が一番高く、SD/Dが一番最低の格付
となります。

一般的に格付がBBB以上の債券は投資適格債券と呼ばれており、
相対的にリスクが低く、投資のプロである機関投資家が投資対象
とみなしている債券です。

BB以下の債券は投資不適格債券と呼ばれており、ハイリスクな
債券ファンドを組成したりするときなど以外にはリスクが高いため、
機関投資家も目を向けません。


債券の安全性を測る指標として使えるのは、各格付の累積デフォ
ルト率という指標です。

今回は経過年数を5年で統一してわかりやすくしていますが、
5年前の時点でAAAの評価だった企業が5年後の時点でどの程度
デフォルトしているかを率で表しています。

つまり、償還期限が5年ある債券を購入するときに、5年以内に
購入した債券がデフォルトする確率を表しているとも言えます。

なお、デフォルトの定義は各社判断が微妙に異なっていますが、
今回はそこまで細かく調べるのが目的でないので考慮しないこと
とします。

また、計測期間が長いほど累積平均デフォルト率は高くなりますが、
その点も今回は考慮しないことにしています。

それでは、格付け会社ごとの累積デフォルト率を見ていきましょう。

信用格付会社別の累積デフォルト率を比較

今回は4社の信用格付会社をピックアップしています。

世界的に有名な格付会社であるスタンダード・アンド・プアーズ
とムーディーズ。そして国内の代表的な格付会社であるJCRと
R&Iの2社を比較しました。

Standard & Poor’s(スタンダード・アンド・プアーズ)

格付カテゴリー 累積平均デフォルト率(5年)
AAA 0%
AA 0%
A 0.17%
BBB 1.79%
BB 4.93%
B 21.62%
CCC/C 22.38%

※1981年~2017年
※対象:503社

Moody’s(ムーディーズ)

格付カテゴリー 累積平均デフォルト率(5年)
AAA 0%
AA 0%
A 0.25%
BBB 0.70%
BB 4.51%
B 9.40%
CCC/C 29.03%

※1990年~2017年
※対象:263社

格付投資情報センター(R&I)

格付カテゴリー 累積平均デフォルト率(5年)
AAA 0%
AA 0.06%
A 0.49%
BBB 1.01%

※1978年~2017年
※対象:1518社

日本格付研究所(JCR)

格付カテゴリー 累積平均デフォルト率(5年)
AAA 0%
AA 0.09%
A 0.50%
BBB 2.71%
BB 14.35%
B 57.00%
CCC/C 61.54%

※2000~2017年
※対象:記載なし

4社を比較してみると、どの格付会社でもA以上の評価がついて
いれば、5年以内にデフォルトする確率は1%以下であることが
わかります。

BBB評価になると、格付け会社によって0.5%~3.0%程度の幅が
あるようです。

BB以下の格付になると一気にデフォルト率が上がることから、
投資対象としてはリスクが高すぎるように感じますね。

とにかく自分で債券を購入する場合は最低BBB、理想でいえば
AA以上の格付がついている企業の債券にするのがよさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

債券のリスクが高い低いと抽象的な言葉で議論するよりも、
具体的に何%程度のリスクなのかわかると投資判断がしやすく
なったのではないでしょうか。

格付は民間企業が営利目的で行っているため(格付をしてほしい
という企業からお金をもらっているため)、100%信用できる指標
かというと疑問が残りますが、少なくとも過去の実績をみれば、
投資判断する上で十分に役立つ指標だと思っています。