株式は手軽に始められる投資として人気があり、投資信託は証券会社や
銀行の販売員にすすめられて購入したことのある人も多いと思います。

一方で、米国債については、商品自体は非常に魅力的なのですが、
証券会社が儲からないため、あまり積極的に販売されていません。

そのため、米国債はどこで買えるのかよくわかってない人がほとんど
だと思います。

そこで、今回は米国債がどこで買えるのか、詳しく解説していきます。

米国債(アメリカ国債)が購入できる証券会社は?

驚く方も多いのですが、現在ではほとんどの証券会社で米国債を
購入することができます。

私も全部の証券会社を調べたわけではないですが、証券口座数の
多い証券会社で言うと、野村證券、SBI証券、SMBC日興証券、
大和証券、楽天証券、マネックス証券あたりでは米国債を購入
できることを確認済みです。

もし、上記の証券会社をお持ちでない場合は、インターネットで、
「●●証券会社 米国債」と検索すれば、購入できるか判断できます
ので、試してみてください。

証券会社ごとの米国債(アメリカ国債)取扱本数の比較

さて、多くの証券会社で米国債を購入できることがわかりましたが、
証券会社によって取り扱っている米国債の種類や年限、利回りは
異なっています。

米国債の取り扱いはネット証券のほうが少ないことがわかります。
償還日の異なる米国債が複数あったほうが定期的な購入計画が立て
やすいのですが、楽天証券の本数だと少し物足りなく感じてしまいますね。

証券会社 利付債(トレジャリーノート債) 割引債(ゼロクーポン債、ストリップス債)
野村 17本 19本
大和 8本 7本
SMBC日興 12本 16本
SBI 6本 10本
楽天 2本 2本
マネックス 4本 7本

※2019年3月時点

証券会社別の米国債(アメリカ国債)の購入単価比較

米国債を購入するにはある程度まとまった資金が必要だと思われて
いますが、近年では購入単価もかなり下がっています。

証券会社別に購入単価を見てみると、SBI証券と楽天証券では
約1万円から購入できるようになっています。この金額であれば、
とりあえず買ってみようと思える単価になっていると言えますね。

証券会社 最低購入単価
野村 1000米ドル
大和 1000米ドル
SMBC日興 1000米ドル
SBI 100米ドル
楽天 100米ドル
マネックス 1000米ドル

米国債投資(アメリカ国債投資)完全攻略ガイド

証券会社別の手数料比較

米国債は満期まで保有することを前提に投資をするのであれば、
毎年受け取る利子と償還時の価格は決まっています。

そうすると、あとはいかにコストを抑えて購入できるかが投資の
利回りに影響を与えることになります。では、押さえておくべき
手数料は以下になります。

①為替手数料

まず米国債は米ドルで購入することになりますので、日本円しか
持っていない場合は日本円を米ドルに交換してから購入する必要が
あります。

ただ、安心してほしいのは円貨決済という方法がありますので、
この決済方法を選択して注文を出せば、米国債の買い付けに必要
な外貨に交換するための取引と米国債の購入の手続きが自動で
同時に行えます。

そして円を米ドルにするときと、米ドルを日本円に交換するときに
発生するのが為替手数料(為替スプレッド)です。

他の証券会社の為替手数料がいくらかかるのかを知りたい場合は、
「●●証券会社 為替スプレッド」で検索すれば、たいてい上位に
表示されますので、そちらを参考にしてください。

では、具体的に為替手数料を表にまとめました。ネット証券は
一律で25銭。対面証券は一律で50銭となっています。

これは1ドルあたりの手数料ですので、もしあなたがSBI証券で両替を
する場合、1ドル=100円のときに、100ドル分両替しようとすると、
100ドル×100円=10,000円と、100ドル×25銭(0.25円)=25円を
合わせた10,025円が必要となります。

また、逆に100ドルを日本円に両替する場合にも同じだけの為替
手数料がかかります。

とにかく、対面証券であれば、取引金額の0.5%、ネット証券であれば
取引金額の0.25%が手数料としてかかると覚えておけばよいでしょう。

証券会社 為替スプレッド
野村 50銭
大和 50銭
SMBC日興 50銭
SBI 25銭
楽天 25銭
マネックス 25銭

このように証券会社を比較すると、為替手数料面ではどこも差が
つかないように見えます。しかし、SBI証券ではこの為替手数料を
6分の1以下に抑える方法があります。

それは住信SBIネット銀行を活用した方法です。住信SBIネット銀行
でも同じように日本円から米ドルに両替ができますが、そのときの
為替手数料は片道4銭しかかかりません。

ですので、コストを極力抑えるのであれば、住信SBIネット銀行で
日本円を米ドルに両替し、両替した米ドルをSBI証券の外貨口座に
入れることで、為替手数料たったの4銭で米国債を購入することが
できるようになります。

これだけでも十分ありがたいのですが、SBIネット銀行ではさらに、
以下のような為替手数料0円キャンペーンを行うときがあります。

投資家からすると、メリットしかないキャンペーンなので、米国債を
購入予定の資金をキャンペーンに合わせて両替しておくのが一番よいですね。


※2019年1月7日~2019年3月29日

ちなみに、米国債を一時的に米ドルに戻すような場合、わざわざ
米ドルを日本円に戻す必要はありません。

米ドルで保有をしておくのもよいですし、運用効率を高めたい
のであれば、外貨建てMMFに投資をすることで、米国債の
運用効率を上げることができます。

外貨建てMMFを知らないという人は、この機会に覚えておくと
よいと思います。

米国債の運用効率を高める!外貨建てMMF完全攻略ガイド

②販売手数料

米国債には為替手数料以外にもうひとつ販売手数料がかかります。
投資信託のように購入時手数料がいくらか明確に記載されていない
ため、忘れがちですが、証券会社もしっかりここで稼いでいます。

どのように販売手数料を取っているのかというと、米国債の購入
単価に手数料をこっそり上乗せしているのです。

一例をあげてみましょう。以下は償還日が同じゼロクーポン債の
購入単価です。もし手数料等が一切なければ、どの証券会社も
購入単価は同じになるはずです。

しかし、わずかながら単価が異なっており、これは各証券会社が
購入時手数料を上乗せしているからです。

色々と調べた結果、対面証券よりもネット証券のほうが手数料を
とっていないことはわかっているのですが、ネット証券同士では、
同じ償還日の債券が少ないこともあり、どの証券会社が一番手数料が
安いかまでは判断できませんでした。

少なくとも、証券会社によって購入単価が異なるということだけは
覚えておいて損はないでしょう。

ゼロクーポン債(ストリップス債) 償還日(2024/11/15)
SBI 88.16
野村 88.40
大和 88.66

おすすめの証券会社はどこ?

いかがでしょうか?

米国債を購入するにしても、どの証券会社で購入するかによって、
まったく状況が変わってくることが分かったと思います。

取り扱い本数や手数料を加味すると、やはり一番バランスが良いのは
SBI証券ということになるでしょう。

もちろん、SBI証券に口座を持っていないのであれば、他の証券会社
で購入しても構いません。

SBI証券や楽天証券であれば、1万円程度から購入できますし、ぜひ
これを機会に米国債に興味のある方は購入してみてください。