外貨建てMMFに投資をするのであれば、必ず押さえておきたいのが
手数料です。

親切に手数料がいくらかかるか記載のある金融商品もありますが、
しっかり調べておかないと知らないうちに手数料を取られていた
なんてこともあり得ます。

また外貨建てMMFに投資をして最終的に手元に残る実質利回りを
計算するには、売却時にかかる税金についても理解しておかなけれ
ばいけません。

今日は、手数料と税金について、しっかり説明していきます。

外貨建てMMFにかかる手数料

まず外貨建てMMFの一番の魅力でもありますが、購入時手数料と
売却時手数料はゼロです。ですので、頻繁に売買を繰り返したと
してもあなたの資産が減る心配はありません。

それ以外でかかる手数料というと、為替手数料と管理報酬です。
今日は、この2つの手数料について掘り下げてみていきます。

為替手数料

では、外貨建てMMFで最も注意しておかなければいけない手数料は
何なのか。それは為替手数料です。

あなたが外貨建てMMFを購入するときには、購入予定のMMFの通貨を
用意する必要があります。

米ドル建てMMFであれば、米ドルを、カナダドル建てのMMFであれ
ばカナダドルを用意しなければなりません。

私たちからすれば、無料で両替をしてほしいと思ってしまいますが、
金融機関がこのリスクのない美味しいビジネスを見逃すはずがありま
せん。

為替手数料は通貨ごとに決まっており、証券会社によっても手数料が
変わってきます。

米ドル建てのMMFを購入するのであれば、米ドルの為替手数料が、
トルコリラ建てのMMFを購入するのであれば、トルコリラの為替
手数料がかかります。

では、実際に証券会社ごとの為替手数料を比較してみましょう。

証券会社別にみる手数料比較

今回、全部の証券会社を調べるのは一苦労なので、大手証券会社のみ
調べてみました。

他の証券会社と比較したい場合は、「●●証券会社 為替スプレッド」
で検索すれば、たいてい上位に表示されますので、自分で調べてみて
ください。

今回は米ドルの為替手数料を比較しています。為替手数料はネット証券
では一律25銭。対面証券は一律50銭となっています。

これは1ドルあたりにかかる手数料ですので、もしあなたがSBI証券で
両替をする場合、1ドル=100円のときに、100ドル分両替しようとすると、
100ドル×100円=10,000円と、100ドル×25銭(0.25円)=25円を合わせた
10,025円が必要となります。

また、逆に100ドルを日本円に両替する場合にも同じだけの為替手数料が
かかります。

両替をする金額が小さいうちはよいですが、大きな金額を両替する場合
は無視できない金額になってきますので、この際どこで両替すべきなのか
はしっかり押さえておいてください。

余談ですが、海外旅行にいくときなどに、空港の両替所などを利用する
と、とんでもない金額の為替手数料が取られます。お得に旅行したいの
であれば、事前に両替してから旅行することをおすすめします。

証券会社 為替手数料
野村 50銭
大和 50銭
SMBC日興 50銭
SBI 25銭
楽天 25銭
マネックス 25銭

このように証券会社を比較すると、ネット証券で両替したほうが
よいことはわかりますが、どこも差がつかないように見えます。

しかし、SBI証券では一工夫することで、この為替手数料を6分の1
以下に抑えることが可能です。

それは住信SBIネット銀行を活用した方法です。住信SBIネット銀行
でも同じように日本円から米ドルに両替ができますが、そのときの
為替手数料はなんと1ドルあたり4銭しかかかりません。

ですので、為替手数料を極力抑えるのであれば、住信SBIネット銀行
で日本円を米ドルに両替し、両替した米ドルをSBI証券の外貨口座に
入れることで、為替手数料たったの4銭で米国債を購入することが
できるようになります。

具体的な操作方法はこちらに紹介しておきます。1ドル4銭はサービス
しすぎな気もしますが、利用しない手はありません。

ちなみに、これだけでも十分ありがたいのですが、SBIネット銀行では
さらに、為替手数料0円キャンペーンを行うときがあります。

投資家からすると、メリットしかないキャンペーンなので、米国債を
購入予定の資金をキャンペーンにある程度まとめて両替しておくと、
ただで米ドルに両替できますよ。


※2019年1月7日~2019年3月29日

管理報酬

外貨建てMMFはあくまでも投資信託です。

ですので、ファンドマネジャーが様々な短期金融商品を組み入れて
運用を行います。

SBI証券で取り扱いのある米ドル建てのMMFの管理報酬は以下の
ようになっており、MMFによって管理報酬は異なります。

正直、最近の超低コストのインデックスファンドを見ていると、
高いと思ってしまいますが、しっかりプラスの利回りを確保できて
いるので、よしとしましょう。

管理報酬は下げる裏技のようなものはないので、諦めるしかないですね。

MMF 管理報酬
ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド 0.91%
ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト 0.66%
BR・スーパー・マネー・マーケット・ファンド 0.75%
ゴールドマン・サックス 0.70%

外貨建てMMFにかかる税金

外貨建てMMFには二つの利益があります。
1つが分配金でもう1つが途中売却もしくは償還時に発生する売却益です。

このうち、分配金は利子所得という扱いになり、20.315%の税金が
源泉徴収されたあとで月末に再投資されます。

一方で、売却益については、譲渡所得として20.315%の申告分離課税
という扱いになります。

簡単に言ってしまえば、利益に対して20.315%取られるということ
なのですが、外貨建てMMFの売却益は特定口座に組入れることで、
株式や投信との損益通算が可能になりました。

税率20%も取られるのかと思ってしまいますが、雑所得として総合課税
の対象になってしまうと、もっと高い税率になってしまうので、この
税率であれば満足するしかないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

手数料については、どこで円を外貨に交換するかで大きく手数料が
変わってきます。

一度、両替の方法を覚えてしまえば、30秒もかからず両替できるように
なりますので、面倒くさがらずにやり方を覚えてほしいと思います。

また自分の手元に残る実質的な利益を計算する上で税金は切っても切り
離せません。

細かいことまで覚える必要はありませんが、利益の20.315%は税金で
取られてしまうということだけは覚えておきましょう。