米国VIベアETFや米国VIブルETFはリーマンショック
以降に新規設定された商品なので、大暴落が来た時に
米国VIベアETFや米国VIブルETFがどのような値動きを
するのかというデータが今までありませんでした。

しかし、今回リーマンショック以上ともいわれるコロナ
ショックが起きたことで、かなり貴重なデータを取る
ことができ、改めて運用戦略を考えるきっかけとなり
ました。

特に、投資効率という観点を考えると、なかなか興味
深い結果となったので、今日は米国VIベアETFと米国
VIブルETFと米国VIでどれが一番投資効率がよいのか
分析結果を紹介します。


コロナショックで米国VIブルETFはどの程度上昇したのか

まず、米国VIブルETFがコロナショックでどの程度急騰
したのか、実際のチャートを見てみましょう。

2020年1月21日に最安値10.36を基準にすると、2020年
3月18日には最高値134.38を記録しました。

なんと約13倍も米国VIブルETFは上昇したことになります。

正直、VIXショック時の上昇率は約3倍程度でしたので、
リーマンショック級のVIXの急騰が起きても最安値から
4~5倍程度だと思っていました。

しかし、今回のコロナショックの経験から、少なくとも
投資金額の15倍の必要証拠金を用意しておかないとロス
カットにあうことがわかります。

さらに、計算上は投資金額の15倍の資金を用意しておけば、
良いことになりますが、実際に投資をしてみると、このよ
うなギリギリの金額設定では、精神的にまず間違いなく
耐えられません。

最低でも投資金額の20倍くらいの資金の余裕をもって
おかないと精神的に耐えられないでしょう。

実際に体感していない人にはわかりませんが、この損失額
の膨れ上がり方は想像以上にメンタルに影響を与えます。

安易な気持ちで50万円分売りから入ったとすると、500万円
近く含み損を抱えることになるわけです。

後から振り返れば、ロスカットに遭わずに済んだという
シンプルな結論ですが、米国VIブルETFが最高値を恐ろ
しい勢いで更新していくときは気が気ではありません。

コロナショックで米国VIはどの程度上昇したのか

続いて、米国VIがコロナショックでどの程度上昇したのか
を見てみます。

2020年1月15日に12.80の最安値を付け、そこから2020年
3月18日に80.02という最高値をつけました。

約6倍の急騰です。

米国VIはリーマンショック時の最高値を更新しており、
コロナショックがいかに恐ろしい急落だったかがわかり
ます。

一部の投資家がtwitter等で米国VIの売りを推奨していた
こともあり、知識もない初心者がいきなり手を出しいま
したが、いかにハイリスクな投資に手を出してしまった
か身をもって体感したと思います。

米国VI/米国VIブルETF/米国VIベアETFの投資効率を考える

さて、いよいよ本題ですが、結局どの商品が一番投資効率
がいいのでしょうか。

投資効率というのは、自己資金を一番効率よく運用できる
かという意味だとお考え下さい。

今回のコロナショックでわかったことは、米国VIや米国VI
ブルETFの売り戦略は損失無限大の投資方法なので、ロス
カットに遭わないように必要証拠金をかなり多めに用意
しておかなければいけません。

その資金は実質、運用ができない資金ですので、当然ですが、
投資効率は下がります。

その投資効率も考慮したときに、果たして、米国VIと米国
VIブルETF、米国VIベアETFのどれが一番、効率よくリタ―
ンを得ることができるのかを検証していきます。

まず、大前提として、リーマンショックやコロナショック
のような大暴落相場が来た時でも、ロスカットに遭わない
ように投資をしていきます。

つまり、前述しましたが、米国VIブルETFの売り戦略で
あれば、保有ポジションの20倍の資金を必要証拠金と
して用意し、米国VIの売り戦略であれば、保有ポジション
の10倍の資金を必要証拠金として用意します。

※これくらい資金に余裕をもっていないと大暴落相場
でロスカットにあってしまうため。

具体的な数値で見ていきましょう。

自己資金が200万円あるという前提にすると、まず米国VI
ベアETFは買いの戦略なので、自己資金(必要証拠金+任意証
拠金)200万円で200万円分のポジションを保有できます。

一方、米国VIブルETFは自己資金(必要証拠金+任意証拠金)
200万円でどれくらいのポジションが保有できるのか。

さきほど説明したとおり、大暴落相場でもロスカットに遭わ
ないような設定を考えると、保有ポジションの20倍くらいの
資金は用意しておきたいので、10万円分しか売りポジション
を保有できません。

※必要証拠金+任意証拠金として、自己資金の200万円を差
し入れておく。

もしかするとまだ、イメージが湧かない人がいるかもしれま
せんので、別の説明もしておきます。

米国VIブルETFが10のときに10万円分の売りポジションを
保有したとしたら、大暴騰して米国VIブルETFが200になっ
ても耐えられるようにロスカットレートをあげて、必要証
拠金+任意証拠金200万円分を差し入れているということで
すね。

米国VIの場合は、ロスカットに遭わないようにするため
には10倍くらいの資金は用意しておきたいので、20万円
分の売りポジションを保有して、必要証拠金+任意証拠金
200万円分を差し入れるということですね。

別の言い方をすれば、米国VIが10のときに20万円分の売り
ポジションを保有し、米国VIが100まで上昇しても耐えら
れるようにロスカット―レートをあげて、必要証拠金+
任意証拠金200万円分を差し入れるということです。

そして、下表がその投資効率の結果です。自己資金はどの
パターンでも同じ200万円です。保有ポジションはさきほど
説明したとおりですね。

パフォーマンスは過去の実績を分析して、無理なく達成でき
る数値をいれています。

自己資金 ポジション 年利回り 利益
米国VIベアETF 200万円 買200万円 10% 20万円
米国VIブルETF 200万円 売10万円 30% 3万円
米国VI 200万円 売20万円 24% 4.8万円

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今までは私も米国VIブルETFや米国VIのほうが効率よく
リターンを伸ばせると考えていましたが、大暴落相場では、
想像以上に米国VIブルETFや米国VIが大きく上昇すること
がわかりました。

そのため、今までの想定以上に必要証拠金を積んでおく
必要があり、ロスカットに遭わないように運用をすると
なると、米国VIブルETFはかなり資金効率が悪い運用
しかできないことがわかります。

今回米国VIブルETFについては、保有ポジションの20倍
ということで少し余裕を持たせているため、このような
検証結果になっていますが、精神的な影響も考慮すれば、
妥当なラインだと思っています。

この検証結果から、米国VIベアETFのほうが運用効率は
良いという判断ができるというのと、

もし米国VIブルETFや米国VIに投資をしようという場合
、ロスカットに遭わないように証拠金を積むよりは、ロス
カットに遭うこと前提で、早めに損切りをするような運用
のほうが最終的には高いリターンが期待できます。

このあたりは引き続き検証していきたいと思います。