VIX指数については、名前を聞いたことがある人もいると
思いますが、S&P 500 VIX 短期先物指数については、ほと
んど聞いたことがないと思います。

しかし、VIXに関連する投資をする上で、S&P 500 VIX 短期
先物指数については必ず知っておかなければなりません。

と言いますのも、VIX指数関連の商品はS&P 500 VIX 短期
先物指数に連動して設計されていることが多いからです。

今日は、そのS&P 500 VIX 短期先物指数について、どのような
指数なのかを徹底分析していきます。

S&P 500 VIX 短期先物指数とは?

まず、S&P 500 VIX 短期先物指数について説明する上で、
VIX指数(ボラティリティ・インデックス)について理解
しておかなければなりません。

VIX指数とは、CBOE(シカゴオプション取引所)がアメリカの
主要株価指数であるS&P500のオプション取引の値動きをもと
に算出したものです。

そして、VIX短期先物指数とは、VIX指数の先物の第一限月と
第二限月をロールオーバーした場合のリターンを指数化した
ものです。

まず、先物取引がわからない人のために簡単に先物について
説明しておきましょう。

先物取引は将来のあらかじめ決められた期日に、特定の原資産
(日経平均株価、金、原油など)を現時点で取り決めた価格で
売買することを約束した取引です。

例えば、現時点で原油価格が10,000円だったとして、今後、
1カ月で大きく原油価格が上昇することが予測されていたと
します。

あなたは1カ月後に、原油を購入する予定があり、このまま何も
せず1カ月後を待っていると、原油の仕入れ単価が非常に高く
なってしまうと悩んでいます。

このような状況のときに使えるのが先物取引で、1カ月後に
10,000円で購入する約束(取引)をすることができます。

1カ月後(満期)、原油価格が12,000円になっていたとすると、
あなたは10,100円で原油価格が購入できますので、1900円分
得をすることになります。

逆に、1カ月後(満期)に原油価格が9000円に下がっていた場合、
10,100円で購入することになりますので、1,100円の損をすること
になります。

通常であれば、現時点での価格で取引をしますが、将来の商品を
現在の価格で取引すること約束するというのが先物取引です。

また、第一限月というのは、直近30日以内に満期がくる先物の
ことです。

満期日は商品によっても異なるのですが、第2週の金曜日もしくは
第三週の金曜日が満期日となることが多いです。第二限月という
のは、翌月の第二週の金曜日もしくは第三週の金曜日だと思って
ください。

S&P 500 VIX 短期先物指数のロールオーバーとは?

S&P 500 VIX 短期先物指数について、理解するうえで、
ロールオーバーについてしっかりと理解をしておかなけ
ればいけません。

ロールオーバーとは、期日前のポジションを売却して、
期先のポジションに乗り換えることを言います。

以下の表を見ると、ロールオーバーのイメージがつくかも
しれません。

表の見方は、まず今日時点(0日時点)では、第一限月の
先物を100%保有していたとします。

では、1日経過するとどうなるのでしょうか?

1日経過すると、第一限月の先物の保有比率が96,7%に下がり、
第二限月の先物の保有比率が3.3%に上昇します。これはつまり、
第一限月の先物を全体の資産のうち3.3%ほど売却し、第二限月
の先物を3.3%分購入したということです。

2日経過すると、第一限月の先物の保有比率は93.3%に下落し、
第二限月の先物の保有比率が6.7%まで上昇しています。
このように、期近の先物を一定額売却し、期先の先物を
一定額購入する手法をロールオーバーと言います。

S&P 500 VIX 短期先物指数はなぜ下落するのか

さて、S&P 500 VIX 短期先物指数のチャートの値動きを見て
いると一つの疑問に行き当たります。それは、以下の図の
ように安定的に右肩下がりのチャートとなっていることです。

なぜ、このように右肩下がりのチャートになるのでしょうか?
またこれは一時的に右肩下がりのチャートになっているので
しょうか?

結論を言ってしまえば、S&P 500 VIX 短期先物指数は構造的な
要因から必ず下落する方向にチャートが推移する仕組みに
なっています。

これにはさきほど説明したようにS&P 500 VIX 短期先物指数が
ロールオーバーして算出した指数であることと、VIX指数先物
の場合は、コンタンゴの状態あることが多く、期先の先物ほど
価格が高くなる傾向にあるからです。

もう少し具体的に説明すると、満期まで1日のVIX短期先物指数が
100円だったとすると、満期まで30日のVIX短期先物指数が200円
など100円以上に価格をつけています。

ここでロールオーバーをすると、100円の先物を売却して、200円
の先物を購入することになります。安い価格で売って、高い価格で
買い戻しているので、当然差分の100円は損をすることになります。

このように期先の先物の価格のほうが高いコンタンゴの状態だと、
毎日のロールオーバーにより、価格は自然と下落していくことに
なるわけです。

一方で、相場に波乱が起こると、期近の先物のほうが価格が高く
なり、期先の先物のほうが価格が低く成ります。

つまり満期まで1日の先物は200円、満期まで30日の先物は100円と
なり、ロールオーバーすると、100円の利益が出ます。ですので、
S&P 500 VIX 短期先物指数は自然と上昇していくことになるわけです。

VIX指数の値動き自体が以下の図のように1年を通して80~90%は
平穏な状況なのでコンタンゴの状態で、10~20%の期間だけバック
ワーデーションになります。

コンタンゴの状態のほうが圧倒的に長いため仕組み上、下落を
続けるというわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?S&P 500 VIX 短期先物指数が
下落を続ける指数であることを知っている人はいると
思いますが、なぜ下落を続けるのかその仕組みまで理解
できている人はかなり少ないでしょう。

値動きの仕組みをしっかりと理解すれば、自分が投資をして
いても不安になることはありません。

次回以降で、S&P 500 VIX 短期先物指数をトレードにどう
生かすのかを紹介していきます。