VIX関連銘柄の投資を推奨しているブロガーさんの中には、
米国VIベアETFの積立投資をおすすめしている人がいます。

積立投資というのは、中長期的に右肩上がりに相場が上昇
していくことを前提に考えれば、相場の予測も必要なく、
ただ毎月一定額を購入するだけなので、非常に有効な投資方法です。

そして、米国VIベアETFの場合、株式等とは異なり、年間利回りも
高いので、うまく運用ができれば、複利効果も重なってとてつもない
リターンが期待できます。

しかし、米国VIベアETFで積立投資をするには大きなデメリットが
存在します。

その点を考慮せずに積立投資をはじめれば、ほぼ間違いなく退場する
ことになるでしょう。

米国VIベアETFが積立投資に向いていると言われる理由

まず、米国VIベアETFが積立投資に向いていると言われる理由に
ついて改めて考えてみたいと思います。

投資初心者の方の中には、積立投資をしていれば、基本的に負ける
ことはないと思っている人もいるようですが、決してそのような
ことはありません。

以下のシュミレーションで確認してみましょう。

次の図はあるCFDの8カ月の累積リターンのシュミレーションを
表しています。

パターンAの場合は1カ月目-10%、2カ月+10%(累計0%)・・・・と
いった見方をします。

パターンBの場合は1カ月目+10%、2カ月目+10%(累計20%)・・・と
いう見方になります。

8カ月目の累積リターンは±0なので、このCFDがどのパターンで
収益を上げたとしても、累積リターンは変わりません。

では質問です。

8カ月間の累積リターンはどのパターンでも同じですが、毎月1万円
ずつこのCFDを購入したとすると、時価総額(積立金+運用益)は
同じになるでしょうか?

結論を言ってしまうと、3パターンのどの運用がされるかで時価総額は
全く変わります。

仮にパターンBのような運用がされてしまうと、元本割れとなって
しまうのです。

一方で、パターンCのような運用がされれば、積立金を大きく
上回る運用益を手にすることができます。

ここで、非常に重要なのは、パターンCのように一時的に運用が
うまく行かなかったとしても、最終的にもとの水準まで戻って
これば、十分大きなリターンを得ることができるという点です。

逆に言えば、パターンBのような運用になる可能性のある商品で
積立投資はしてはいけないということになります。

ここで非常に重要なのは、米国VIベアETFの場合、仕組み上、
上昇圧力がかかりますので、必ず右肩上がりに価格は上がって
いきます。

ですので、積立当初運用がうまく行かなかったとして、最後には
必ず上昇します。

投資の世界では基本的に「絶対」はないのですが、米国VIベアETFの
場合は、仕組み上、上昇するようになっていますので、絶対右肩上がり
に上昇すると言えるのです。

まだこの仕組みが理解できないという方は、こちらの記事を読んで
みてください。

S&P500 VIX短期先物指数とは?なぜ下落を続けるのか?

米国VIベアETFはSVXYというETFを参照していますが、SVXYは
S&P500 VIX短期先物指数のインバース型の商品となっています。

インバース型というのは、逆の動きをするという意味ですね。

なので、S&P500 VIX短期先物指数がなぜ仕組み上、下落を
つづけるのかを理解できれば、そのインバース型のSVXYが
なぜ上昇しつづけるのかを理解できます。

この仕組みをしっかりと理解できているかどうかで、いざというとき
の判断に大きな影響を与えます。必ず理解していおいてください。

SVXYの利回りから考える米国VIベアETFの積立シュミレーション

では、次に年間 12万円をSVXYに投資をし、20年間積立てつづけた
場合に資産がいくらになるのかシュミレーションしてみましょう。

SVXYは2018年のVIXショック以降リスクを半分に抑えたので、
期待リターンは下がりますが、年10%程度は期待できるでしょう。

そこで、年10%で複利運用ができたとしたときにどの程度、純資産額
(積立額+運用益)が増加したかを確認してみます。

なんと20年間で積立額の3倍超の資産を築くことができる想定です。

ここまでの話を聞くと米国VIベアETFを積立で活用するのは賢い方法
だと思うかもしれません。

しかし、実は大きな落とし穴が隠されています。

それが私が米国VIベアETFで積み立てをおすすめしない理由です。

米国VIベアETFで積立投資をおすすめしない理由

あなたはVIXショックをご存じでしょうか?

2018年1月に起きた大事件で、VIX関連銘柄に投資をしていた人
であれば知らない人はいない事件です。

以下のチャートを見れば一目でわかりますが、それまで順調に
右肩上がりに成長していた米国VIベアETFが最高値から90%超
近く下落しました。

これを期に米国VIベアETFのリスクは半分に設定が変更されたほどです。

このような大暴落は通常起こりえないとされていましたが、実際には
多くの投資家の資産が焼け野原となりました。

私がここまで米国VIベアETFの積立をおすすめしないと言い続けている
理由というのは、このような暴落が次に起きたときに対処法がないと
考えているからです。

積立のメリットは何も考えずに毎月一定額を積立つづけることにあります。
相場が上がろうが下がろうが関係なくです。

しかし、米国VIベアETFでの投資においては、この大暴落が起きる
かもしれない想定で投資戦略を考えなければ、いずれ必ず資産を
吹き飛ばすことになります。

そうなるとロスカットの注文は必須になると思いますが、ロスカットの
注文をしていては、積立投資にならないでしょう。
(相場が下落するとロスカットされてしまうため)

となると、結局のところ積立投資というのは成立しえず、適切な
タイミングでエントリーし、ロスカット注文を入れておいて、
適切なタイミングで売却するというトレードでしか利益をあげる
ことは難しいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

米国VIベアETFは積立投資の対象として色々優れたポイントを
持っているのは事実なのですが、VIXショックのような大暴落を
起こすようでは残念ながら積立投資には向きません。

ですので、くれぐれも米国VIベアETFの積立投資で資産を増やそう
などとは考えないでください。