GMOクリック証券のCFDで常に取引高上位にいるのが、
米国VIブルETFと米国VIベアETFです。

これらはVIX指数に関連する銘柄であり、少額から投資ができる
ということで、日本でも多くの投資家が投資をしています。

さて、ある程度米国VIブルETFや米国VIベアETFに投資をしている
と、ある疑問に行きあたります。

それは、米国VIブルETFの売りと米国VIベアETFの買いはどちらの
ほうが投資対象として優れているのか?という問題です。

今日は、この点について実際の数値でシュミレーションをしながら
検証していきたいと思います。

米国VIブルETFと米国VIベアETFの参照原資産の違い

まず両者を比較する上で、必ず押さえておかなければいけないのが、
米国VIブルETFと米国VIベアETFの参照原資産の違いです。

米国VIブルETFはUVXY、米国VIベアETFはSVXYを参照しています。

ここまでしか理解していない人だとうまく比較を行うことができません
が、UVXYとSVXYの中身をしっかりと理解すると、どのように比較する
のがよいかがわかります。

UVXYおよびSVXYについて詳しく知らないという方はこちらの分析記事
を確認してください。

UVXYとは?UVXYで利益を出すための投資戦略は?

UVXYとSVXYはどのような銘柄で構成されているか知っていますか?

実はUVXYとSVXYは同じ商品で構成されています。具体的には
S&P500 VIX短期先物指数です。

S&P500 VIX短期先物指数とというのは、VIX指数を先物にして
トレードできるようにしたものです。

満期が常に1カ月になるようにロールオーバーを繰り返し、その
リターンを表したものですね。

S&P500 VIX短期先物指数についてよくわかっていないという方は
こちらを読んでおいてください。

S&P500 VIX短期先物指数とは?なぜ下落を続けるのか?

UVXYはS&P500 VIX短期先物指数の日次の変動率の1.5倍になる
ように設定されており、SVXYはS&P500 VIX短期先物指数の
日次の変動率の0.5倍(厳密にはインバース型なので▲0.5倍)に
なるように設定されています。

米国VIブルETFの売りと米国VIベアETFの買いのシュミレーション

さて、それでは実際にシュミレーションをしていきましょう。

まず大前提として、米国VIブルETFは売りの戦略、米国VIベアETFは
買いの戦略を採用します。

そして、米国VIブルETFは年30%下落し、米国VIベアETFは年10%上昇
するとします。

この数値はさきほど説明したように、S&P500 VIX短期先物指数の
変動率の違いをそのまま反映しています。(UVXYが変動率を3とすると、
SVXYの変動率は▲1となる。)

この前提条件のもと10,000円を15年間運用した場合、以下のような
結果になります。

グラフにするとこのようなイメージです。

さて、ここで注目したいのはつぎの2点です。

1つ目は15年後まで保有を続けた場合、米国VIベアETFのほうが
はるかに高いパフォーマンスとなるという点です。

これは米国VIベアETFの買い戦略はは複利効果を最大限に発揮
しながら資産が上昇するのに対して、米国VIブルETFの売り戦略
は仕組み上、複利効果を活かせない点にあります。

なぜなら米国VIブルETFの売りの戦略は長期保有を続けたとしても、
仕組み上、資産が2倍以上にはならないからです。

この点については、こちらの記事で詳しく解説していますので、
理由がよくわからないという方はこちらをご確認ください。

S&P500 VIX短期先物指数の仕組み上の注意点

2つ目は、7~8年目までは米国VIブルETFのほうがパフォーマンス
で上回っているという点です。

米国VIブルETFは米国VIベアETFの3倍のリスクをとっていると同じ
ようなものなので、当然と言えば当然なのですが、ここがパフォーマ
ンスの分岐点となります。

米国VIブルETFの売りと米国VIベアETFの買いのシュミレーションから見えること

では、このシュミレーションからどのような投資戦略が有効である
と言えるでしょうか?

まず米国VIブルETFや米国VIベアETFというのは基本的に長期投資
には向きません。

それは、米国VIブルETFの売り戦略であれば、資産が2倍以上になる
ことはありませんし、米国VIベアETFではVIXショックのような
大暴落が起きると、資産が激減するからです。

そのため、短期的な投資が中心となります。

そう考えると、やはり米国VIブルETFのほうがパフォーマンスは
良いので、米国VIブルETFを中心にトレードを行うのが良いでしょう。

ただし、米国VIブルETFは取引規制がかかり取引できないことが多い
のも事実です。

ですので、米国VIブルETFが取引規制がかかって取引できないときは
米国VIベアETFを買い足していくような戦略を取るのが理想的です。