FIREについて色々な人が色々なことを言っていますが、
FIRE達成者に向けたアンケート調査は今までほとんど
ありませんでした。

今回、不動産クラウドファンディングの事業を展開している
LENDEXが1005名のFIRE達成者にインターネット調査を実施し、

その結果を公開していますので、その結果から見えてくる
FIREを達成するためのポイントを考察していきます。

正直、予想外の回答が色々とあり、色々な気づきがありました
ので、あなたにもきっと役立つ内容になっていると思います。

FIREするために、いくらの額を貯めたのか

まず、今回の調査は、不動産クラウドファンディング事業を
展開している株式会社LENDEXが1005名のFIRE達成者に
インターネット調査でアンケートを取った結果になります。

まず、FIREするために、いくらの金額を貯めたのか、
その結果をみてみましょう。

順位 金額 割合
1位 1000~3000万 51.8%
2位 3000~5000万 21.4%
3位 5000~7000万 14.2%
4位 7000万~1億 5.7%
5位 1億以上 6.9%

1位は1000~3000万円でFIRE達成者のうち約半数が
この水準で
FIREをしています。

雑誌や本を出している人は1億円とか2億円とか貯めた
という人が多いですが、実際にはもっと少ない金額で
FIREしている人がたくさんいるということです。

確かに生活費を抑えることで、1000~3000万円の資金でも
十分にFIREすることができると思いますが、それでもなかなか
勇気がいる金額ですね。

一方で、1億円以上貯めているような人はごくわずかで、
ここまで頑張って資産を増やす必要はないと思っている人が
多いことがわかります。

本や雑誌に載るようなすごい投資家を見て、「自分には無理だ」
とあきらめる必要はないということです。

ここで疑問が出てくるのが、1000~3000万の資金を貯める
だけで本当にFIREできるのか?ということです。

この点に関して、FIRE達成後に労働収入を得ているのか、
その解答結果を見ていきましょう。

FIRE達成後も労働収入を得ているのか

比率
はい 76%
いいえ 24%

FIRE達成までに貯めた金額から考えてもそうですが、
やはりサイドFIREの人が約75%ほどで、完全なFIREを
している人が約25%という結果でした。

ある意味、納得の結果ではありますが、やはり早期に
FIREするのであれば、サイドFIREのほうが良さそうです。

ここまで来ると、次の疑問として、FIREした人たちは
どのような労働収入を得ているのだろうかという点が
気になります。

ですので、続いては、この労働収入を得ていると回答した
全体の約75%の人たちはどのような形態で労働をしている
のかを見ていきます。

FIRE達成後、どのような労働形態収入を得ているか

労働形態 割合
会社員 71.3%
自由業 14.1%
経営 7.2%
パート・アルバイト 6.5%
その他 0.9%

正直、この結果を見たときは、
「会社員が71.3%?本当か?データが間違っているんじゃないか?」
と思いました。

私のイメージしているサイドFIREからすると、会社員と
いうよりも、自由業・経営・パートで収入を得ている人が
多いイメージがあったからです。

(これはかなり自分のイメージとギャップがありました。)

ただ、会社員としてバリバリ働き、サイドFIREできる状態に
なったら、

例えば休みが多い仕事に転職したり、テレワーク中心の仕事に
転職したり、週3だけ働ける会社についたり、自分が面白いと
思える会社に転職したりと、給料をもらう形態で働いている
人が多いようです。

まぁそれでも普通に働くよりは、いつでも嫌な職場だったら
やめられるわけですので、気持ちの持ち用は全然違いますね。

このように思った以上に会社員を続けている人が多く、
もしかすると、あなたの職場の友人・知人もすでに
同じような状態になっている人もいるかもしれません。

どちらにしても自分で働くのか働かないのか、働くにしても
どういう働き方をしたいのか選択できる状態になっている
というのが何よりFIREの魅力です。

アンケート調査から見えたこと

今回のLNEDEXの調査から見えてきたをまとめると、

①1億円も貯めなくてもサイドFIREしている人はたくさんいる。
(というよりも1億円以上貯めてFIREしている人はごく少数)

結局、資産を貯めようとすればするほど、長い時間が
かかってしまい、FIREするのが遅くなってしまいます。

若いうちしかできないことがたくさんあることを考えると、
貯める金額はそこそこに留めて、やりたいことをやりながら
生活するほうが後から振り返って後悔しない人生を生きられます。

②FIREの考え方は人それぞれ。自分がやりたい仕事で
働くもよし、完全に仕事を辞めるもよし。

今回のアンケート調査の結果からも、FIREを達成しても仕事を
している人が多いことがわかりました。

私の印象では個人でビジネスを始める人が多いのかと思って
いましたが、予想以上にそのまま働いている人が多いです。

会社員にも色々なメリットがありますし、FIREしてみて、
会社員を続けたいと思ったのであれば、それはそれで
良い選択と言えます。

ただ、私個人の意見としては、やはり会社員からの収入に
頼ったサイドFIREというのは、もったいない気がしています。

もちろん、本人がそれでいいというのであれば何も問題ありません。

ですが、今やインターネットやSNSが普及したことで、
誰でもスモールビジネスをローコストで始められる時代です。

ですので、自分の幅を広げるためにも、会社員という枠組みを
抜け出すFIREをゴールに設定してみると良いと思います。