さて、IPO投資の仕組みや過去の実績からいかにメリットが大きいか
はわかっていただけたかと思います。

しかし、IPOにはリスクがないわけではありません。今日は、リスク
の少ないIPO投資でさらにリスクを下げるためにどのような対策が
できるのかを紹介していきます。

IPO(新規公開株)投資のリスク。公募割れとは?

まず、IPO投資の唯一のリスクだと私が考えているのが公募割れ
というものです。公募割れというのは、公募価格(IPOに当選した
人が購入する価格)より上場時の初値が低かったときの呼び方です。

つまりせっかくIPOに当選したとしても、公募割れすると損をして
しまうリスクがあるわけということです。

では、この公募割れを事前に予測する方法はないのでしょうか?

100%の精度をもって予測することはできませんが、公募割れする
可能性の高い銘柄は事前に予測することができます。

では、どのようにチェックするのかを見ていきましょう。こちらの
サイトは過去のIPOの実績が一覧で掲載されています。

注目すべきは総合評価という項目です。

総合評価というのは、事業内容や業績、調達金額、公開比率などを
もとに、注目度が高い(初値が高くなりやすい)かどうかをランク
付けしてものです。

IPO専門のサイトであれば、たいてい類似した項目があります。

そして、過去のIPO実績を見てみると、総合評価がDとなっている
銘柄はかなりの確率で公募割れしており、相貌評価がCの銘柄だと
公募割れしたりしなかったりしています。

ですので、総合評価がDの銘柄はIPOの抽選には参加しないほうが
よいです。私も参加しないようにしています。

そして総合評価がCの銘柄については、損失をとにかく避けたいと
いう人は参加しないほうが無難です。私の場合は、総合評価がCの
場合、抽選には参加しています。

というのも、仮に公募割れしても、5%程度の下落で済むからです。
総合評価がCの銘柄でも2倍を超える上昇を見せる銘柄もあります
ので、期待値で言えば間違いなくプラスです。

ですので、多少の損するリスクは受け入れて、申し込んでいます。

以上のように、公募割れするリスクを極力抑えるためには、事前に
銘柄の評価をチェックして、あまりに低い場合は、抽選に参加しない
ようにしてください。

IPO(新規公開株)投資で失敗した事例

ここまでで、IPO投資は公募割れのリスクがあることはわかって
いただけたと思います。

通常であれば、公募割れのリスクだけを気を付けていればよい
のですが、思わぬところで失敗する人達がいますので、反面教師
にして覚えておいてください。

①当選したのに購入申し込みをし忘れた

これは非常によくあるケースなのですが、色々な証券会社から
IPOの申し込みをしていると、抽選の結果を見忘れることがあります。

そのようなときに限って、当選していることがあり、私も30万円超
の利益が出るはずだったIPO株を見逃してしまったことがあります。

ですので、抽選に参加したときは結果を必ずチェックするように
してください。私は自分が申し込んだIPOの当選日は手帳にチェック
をいれています。

②初値で売りそびれる

このケースは私の友人が実際に体験したことです。

当選して購入申込みまでしてはいたのですが、肝心の上場日に
成行注文をするのを忘れてしまったケースです。

結局、始値から大きく下落してしまっており、気づいたときには
含み損を抱えてしまっていました。

これも上場日までに売却の注文を入れるという基本的ルールを
しっかり理解しておかないと、IPO株を購入できた時点で、利益が
確定するものと思ってしまいがちです。

ですので、IPO株は売って初めて利益が出るということを改めて
心に刻んでおいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

IPOの唯一のリスクでもある価格変動は、総合評価を事前に
確認することでかなり抑えることができます。

くれぐれもD評価の銘柄に投資しないようにしてください。

またIPOの失敗については、他の人から話を聞いていれば、回避する
ことができますが、何も知らないまま挑戦していると、うっかり
忘れてしまうものです。

ですので、この記事を読んだ方はくれぐれも同じようなミスは
犯さないように注意してください。