さて、ここまでIPOの魅力や仕組みについて話をしてきましたが、
では具体的にどこから申し込むことができるのか、見ていきます。

SBI証券の口座を利用している人が多いと思いますので、今回は
SBI証券を例にしています。

抽選に申し込むための具体的な流れ

まずSBI証券のTOPページにある「国内株式」タブからIPO・POを
選択します。

そうすると、現在申し込みが可能な銘柄の一覧が出てきます。
この段階で、各銘柄の総合評価が高いかどうかを確認します。

IPOの専門サイトであれば、どこでも評価が書いてありますので、
参考にしてください。総合評価がC以上であれば、抽選に申し込む
価値があります。

銘柄を見て、評価も問題がなければ、「新規上場株式ブックビル
ディング/購入意思表示」ボタンをクリックします。

そうすると、抽選に申し込みが可能な銘柄は、「申込」ボタンが
表示されます。

IPOチャレンジポイントという項目が一番初めに目につくと思います
が、これはIPOに外れるたびに1ポイントたまるポイントで、チャレ
ンジポイントを使って抽選に申し込むと当選確率が高くなるという
ものです。

チャレンジポイントを使っても当選しなかった場合は、使ったポイ
ントが戻ってきますので、当選するまではどんどん貯まっていきます。

私の場合は、IPOチャレンジポイントは総合評価がAかSの銘柄のとき
だけ使うようにしています。

申込ボタンを押すと、抽選申し込み画面に進みます。

ここでは、「申込株数」とブックビルディングへの申込「価格」、
チャレンジポイント使用の有無を入力します。

「申込株数」はSBI証券の口座に入れている資金(買付余力)を
上限として、100株単位で申し込むことが可能です。

抽選結果が出るまでは資金を拘束されますが、抽選結果が出れば
すぐに買付余力に反映されますので、当面、使わない資金なので
あれば、上限まで申込みをしても問題ありません。

つづいて、「価格」です。

価格については、一番高い金額を指定するのがセオリーです。
と言いますのも、もし、一番高い金額を指定していなかった場合に、
公募価格が一番高い金額で決定すると、あなたは申し込みができ
なくなるからです。

今回の例でいえば、価格1280円で申し込んでいたら、公募価格が
1400円に決まった時点で抽選に参加する権利はなくなります。

必要な情報を入力し、取引パスワードを入力すると以下の確認
画面が表示されます。

内容を確認して問題がなければ、「申込」ボタンを押してください。

これで申し込みが完了です。

抽選結果の確認方法

さて、ブックビルディング期間が終了して翌営業日になると、
抽選結果が出ます。

ここでは、抽選結果の確認方法をお伝えします。

まず、SBI証券のトップページから「国内株式」タブのIPO・POを
クリックします。

そうすると、上場待ちの企業一覧が出てきますので、「新規上場株式
ブックビルディング/購入意思表示」ボタンをクリックします。

そうすると、自分の申し込んだ銘柄の「抽選結果」欄に、今回の
申込結果が記載されています。

今回は残念ながら、落選してしまいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一度、流れを覚えてしまえば、1分もかからずに申し込みを完了
させることができます。

あとは、定期的にIPOの抽選申込に参加できる銘柄が増えていないか
チェックを怠らないようにしてください。

SBI証券ではIPOチャレンジポイントも着実にたまっていきますので、
コツコツ申し込みを続けていれば、必ず当たります。

ですので、とにかく申し込みを継続することを忘れないでください。