IPOに参加するには、証券会社の口座を開く必要があります。

しかし、注意しなければいけないのが、どこの証券会社の口座を
開いてもIPOに参加できるというわけではありません。

日本国内には、店頭証券、ネット証券を合わせると100以上の
証券会社が存在していますが、IPOを扱っているのはごく一部
の証券会社なのです。

では、数多くの証券会社の中から、いったいどこの証券会社に
口座を開設したらよいのでしょうか。

理屈上では、IPOを取り扱う証券会社すべてに口座開設すること
ですが、資金量がかなり豊富でなければ、毎日毎日、前受金の
資金移動、入出金の繰り返しとなり、その煩雑さに嫌気がさして、
すぐにやめてしまうことになりかねません。

ですので、今日はどの証券口座を開設しておいたほうがよいのか
私なりの考えを紹介していきたいと思います。

証券会社の口座開設順

まずは、IPOの申込に慣れるという意味で、ネット証券の口座を
開設しましょう。やはり引き受け社数の多いSBI証券がおすすめです。

ネット証券であれば、開設後はWEB上からコツコツIPOに申し込む
だけですので、手間もかかりません。

IPOの情報を見て、総合評価を確認して、BB期間を確認して、
抽選に参加するかしないかを決めるというフローを繰り返して
ください。

SBI証券だけでは物足りないと思ったら、もう何社かネット証券の
口座を開設しましょう。私も開設していますが、、野村コール&
ネットと岡三オンライン証券がおすすめです。

この2社は引受社数も上位グループに入りますし、抽選前に前受金が
必要ありませんので、資金を移動させる必要もありません。

ここまではいわゆる完全抽選方式の証券会社ですが、さらにIPOの
申込に慣れてきたら、対面証券の口座開設もしてみましょう。

対面証券はSMBC日興証券もしくはみずほ証券がおすすめです。
この2社はIPOの取り扱いがとにかく多いのが特徴です。

対面証券で口座を開設すると、担当営業がつく場合が多いのですが、
担当営業によってはIPOを割り当てることができる営業マンもおり、
担当営業と仲良くすることでIPO枠を獲得することができるように
なります。

ただし、毎回IPOの申込の依頼をするだけでは当然関係性がよくなる
ことはありません。

世間話をしたり、他の投資商品の動向について話をしたり、試しに
担当営業マンのおすすめする商品を購入してみたりすることで、
関係性を築いていく必要があります。

裁量配分方式、割当方式など呼ばれるのがこのパターンですが、
ネットから申し込むよりも、難易度が高いですので、こちらは
慣れてきたら挑戦するくらいの気持ちでいいでしょう。

証券会社別IPO引受件数

口座開設する上で、IPOの引受社数が多くなければ、、IPOに
申し込みをしたくでも申し込むことができません。

そこでIPO株を取り扱っている主要な証券会社別にIPO引受件数を
一覧にしました。どこで開設するか迷った場合は、引受件数が多い
証券会社で口座を開きましょう。

2018年 引受件数()は主幹事
SBI 91 (12)
松井 9 (0)
マネックス 53 (0)
カブドットコム 25 (0)
野村 44 (26)
大和 33 (12)
SMBC日興 73 (25)
みずほ 78 (23)
三菱UFJ 27 (6)
岡三 50 (1)
東海東京 21 (2)
いちよし 29 (1)
エイチエス 11 (0)

 

2017年 引受件数()は主幹事
SBI 87 (8)
松井 14 (0)
マネックス 49 (0)
カブドットコム 27 (0)
野村 40 (28)
大和 44 (16)
SMBC日興 76 (13)
みずほ 64 (16)
三菱UFJ 31 (4)
岡三 37 (5)
東海東京 12 (3)
いちよし 37 (4)
エイチエス 10 (0)

証券会社を選ぶ上でもう一つ重要なポイント

証券会社を選ぶポイントのひとつとして、引受社数が多いことは
当然重要なのですが、もう一つ押さえておきたいポイントがあります。

それは、前受金の必要有無です。前受金というのは、IPO株を購入
するための資金のことで、ブックビルディング(BB)に申し込む
ときに必要になります。

当選した場合は、その資金でIPO株を購入することになりますが、
落選してしまった場合は手元に戻ってくるお金です。前受金は
証券会社によって扱い方が異なっており、次の3つのパターンが
あると思ってください。

① 完全前受制

多くの証券会社で採用されているのが、完全前受制です。これは
BBに参加するためには口座に必要な資金をあらかじめ入れておく
必要があるというパターンです。

② 初回or数回前受制

これは、初回もしくは数回は前受金が必要となりますが、実績が
できるとBBに参加するタイミングで口座に資金が入っていなく
ても申し込みができるようになるパターンです。

これは、証券会社、支店によって運用が異なるため、一概に
どことは言えませんが、実際に存在します。

③ 前受金不要

最後が、BBに参加するために前受金が必要ないパターンです。
つまり抽選に毎回参加して当選した場合に口座に資金を用意すれば
OKというパターンです。

いちいち証券会社間で資金の移動をする必要もないので、とりあえず
申し込んでおいて損はありません。

当然ですが、見事に当選したにもかかわらず、資金が用意できずに
キャンセルなどしてしまうと、その証券会社からIPO株が当選する
可能性は低くなる可能性が高いです。

くれぐれも資金が用意できる目途だけはたてた上で申し込むように
してください。

ちなみに私が把握している限りでは、以下の証券会社で、前受金不要
でBBに参加することができます。

いきなり管理する証券会社が多くなると、大変だと思うかもしれません
が、資金がなくても申し込みができますので、とりあえず開いておいて
損はありません。

・野村ネット&コール

・岡三オンライン証券

・松井証券

・ライブスター証券

・いちよし証券

・HS証券

・むさし証券(トレジャーネット)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

IPOをとにかく当選したいと思い、多くの証券会社を一度に
開設する人もいるのですが、たいていは長続きしません。

それよりも少しずつ慣れていき、証券会社を増やしていくほうが
長く続けられると思います。

IPOに何度も当選したことがある人は諦めずにIPOに申し込み
続けている人です。

ですので、まずはネット証券をいくつか開いて、IPOの申込に
慣れてください。慣れてきたら、証券会社を増やしましょう。

さきほど説明したとおり、前受金が不要の証券会社は確実に
開設しておきたいですね。

それにも慣れてきたら、対面証券での口座開設もしてみましょう。

何度も繰り返しになりますが、長く続けることが何より大事ですので
あまり無理はせずにコツコツ続けてみてください。