2019年はレバレッジ型ファンド元年とも言うべき年で、
各運用会社が先物を活用したレバレッジファンドを
次から次へと設定しました。

 

グローバル3倍3分法ファンドなどは、1年で3000億円以上
の巨大なファンドとなり、いかに多くの投資家がレバレッ
ジ型のファンドに注目をしているかがわかります。

 

実は、投資信託だけでなく、海外ETFでも幅広くレバレッ
ジ型ETFが登場しています。

 

日本の投資信託にはない特徴をもったETFがいくつも
ありますので、紹介していこうと思います。

 

今日はその中で、Direxion デイリーS&P500ブル3倍ETF
『SPXL』を徹底分析していきます。

 

 

Direxion デイリーS&P500ブル3倍ETF『SPXL』の基本情報

投資対象は?

SPXLの投資対象は米国のS&P500の構成銘柄500銘柄です。

 

SPXLは手数料および費用の控除前段階で、ファンドの
日次の基準価額の値動きがS&P500指数の3倍のパフォー
マンスになる投資成果を目指します。

 

組入銘柄の上位はApple、Microsoft、Exxon、Google、、、
と米国の超大手企業の名前が並んでいます。

 

近年、米国株人気もかなり出てきていますので、S&P500
のことはすでに知っている人も多いかもしれませんね。

 

純資産総額は?

SPXLの純資産総額は約800億円となっており、十分な
規模の純資産です。

 

直近パフォーマンスがよかっただけに多くの資金流入を
していたようですが、エントリーして1年もせずコロナ
ショックの被害を受けた人も多いのではないでしょうか。

 

実質コストは?

続いて、SPXLの実質コストを見てみましょう。

 

運用報酬や、運営費用、ファンドにかかる手数料などを
すべて含めると、0.99%かかります。

 

また証券会社によりますが、日本円を米ドルに換える
ための為替手数料やETFを購入するときにかかる売買
手数料が別途かかります。

 

それを考えると、日本のインデックスファンドもかなり
安くなってきたことがよくわかりますね。

購入時手数料 証券会社による
実質コスト 0.99%(税込)

 

Direxion デイリーS&P500ブル3倍ETF『SPXL』の評価分析

基準価額の推移は?

続いてSPXLの直近10年間の基準価額の推移を見てみ
ましょう。

 

2020年2月までは大きな下落は何度かありましたが、
着実に基準価額が上昇していました。

 

しかし、直近のコロナショックではすでに70%近く
下落しており、2015年以降にSPXLを購入した投資家
は含み損を抱えるような展開です。

 

直近、米国株式市場が好調だっただけに、コロナ
ショックの直前で、SPXLを仕込んでしまった人も
いると思いますが、この下落幅はさすがに厳しいですね。

 

利回りはどれくらい?

続いてSPXLの利回りを見てみましょう。

 

直近1年間の利回りはなんとマイナス50%を超えています。
5年平均で見ても、かろうじてプラスといった状況です。

 

しっかりとロスカット等を入れて、リスク管理をして
いなかった投資家は5年間運用してほぼプラスがないので、
投資家的にはかなり厳しい結果ですね。

年間利回り
1年 ▲52.16%
3年 ▲10.03%
5年 0.56%
10年 17.17%

※2020年3月時点

 

年別のパフォーマンスは?

続いてSPXLの年別のパフォーマンスを見てみましょう。

 

2020年の暴落分がまだデータに反映されていませんが、
2010年以降はとても素晴らしいパフォーマンスを残して
いることがわかります。

 

残念ながら2020年の大暴落で含み益の大部分が吹き
飛んでしまった方が多いでしょう。

 

ただ、よく見ると2008年~2009年のリーマンショック
以降にSPXLを購入していた場合、かなり資産を増やす
ことができていたことがわかります。

 

今回、コロナショックで基準価額が落ちきったところで
仕込むことができれば、今後の伸びにかなり期待が持て
そうです。

年間利回り
2019年 +103.30%
2018年 ▲24.86%
2017年 70.89%
2016年 29.37%
2015年 ▲5.48%
2014年 37.49%
2013年 117.94%
2012年 44.00%
2011年 ▲14.57%
38.89%

※2020年3月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

SPXLとS&P500とのパフォーマンス比較

SPXLはレバレッジを効かせて運用をしていますので、
一概に比較をすることはできませんが、S&P500と
比べてどの程度のパフォーマンスになっているのか
SPXL(青線)、SPX(橙線)で比較をしてみました。

 

SPXLのトータルリターンは423%に対して、SPX(S&P500)
は117%ですので、10年間の確固たる決意をもって長期保有
ができれば、SPXLを保有していたほうがSPXを保有する
よりも4倍ほどパフォーマンスがよくなります。

 

 

ただし、直近5年間のパフォーマンスを比較してみると、
直近の2月まではSPXLがSPXを上回っていましたが、
コロナショックの影響で、SPXLがSPXを下回りました。

 

かなりボラティリティが大きいので、ときどきSPXを
下回ってしまう時が必ずあります。

 

そのようなときに、自分の運用スタンスをぶらさずに
保有を続けられるかが一番重要ということですね。

 

とにかく変動が大きいので、損しても諦められる金額で
投資をすべきです。

 

SPXLとTECLのパフォーマンス比較

SPXLへの投資を検討している人は、同じく3倍のレバレッジ
ETFであるTECLへの投資も検討している人が多いと思います。

 

TECLはご存知の方も多いと思いますが、米国のテクノロジ
ー・セレクト・セクター・インデックス(IXTTR)の日次変動率
の3倍動くように設定された海外ETFです。

 

そこでSPXLとTECLの10年間のパフォーマンスを比較して
みました。

 

10年間のトータルリターンはSPXLが423%に対して、TECLは
1067%です。

 

直近10年間ややはりamazonやgoogle、facebookなどテクノ
ロジー企業の株価が圧倒的に強かったので、納得のいく結果です。

 

 

ちなみに直近5年間のパフォーマンスでも比較をして
みましたが、SPXLはマイナス4%に対して、TECLは
153%プラスなので、パフォーマンスを見ると、TECLに
投資をしたほうがよさそうです。

 

どこで買えるの?

SPXLは人気の海外ETFですので、海外ETFを扱っている
証券会社であれば、購入できると思って間違いありません。

 

ネット証券で言えば、SBI証券、楽天証券、マネックス証券
など有名どころの証券会社であればどこでも購入することが
できます。

 

Direxion デイリーS&P500ブル3倍ETF『SPXL』の評価まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

海外ETFには日本ではお目にかからないハイレバレッジの
ETFがいくも存在しています。

 

レバレッジ型ETFはうまく行けば当然大きな利益がでる
のですが、毎回うまくいくわけではありません。

 

SPXLのように、ある一定期間では参照指数であるS&P500
にパフォーマンスで負けることもあります。

 

そのときに、大抵の人はS&P500に切り替えようとします。

 

しかし、そこで切り替えるのではなく、我慢して長期保有
を続けることで、大きなプラスのリターンが期待できるの
がレバレッジ型ETFの魅力です。

 

くれぐれもレバレッジ型ETFで一発当てようと全力で投資を
するのはやめましょう。

 

しっかりとリスクコントロールをして、取引していかな
ければ、今回のように一瞬にして資産を吹き飛ばすこと
になります。

 

資産を増やすためにはリスクを取っていくことも重要で
すが、自分のリスク許容度をはるかに超えるリスクを
取ってしまうと、一発退場することにもなりかねません。

 

そのあたりはくれぐれも注意しながら投資をしてください。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点