昨年から急に人気が爆発しはじめたレバレッジ型ファンド
ですが、海外には日本ではまだ設定されていないかなり
マニアックなレバレッジ型ファンドがいくつも存在して
います。

その一つが、今回ご紹介する金鉱株の指数に3倍のレバ
レッジをかけて投資ができるDirexion デイリー金鉱株ブル
3倍ETF『NUGT』です。

「有事のゴールド買い」と言われるようになって久しい
ですが、今回のコロナショックでは一時的に金価額が上昇
したのち、ゴールドも売られてコロナショック以前の水準
を下回るという異常事態となっています。

ゴールドの市況はそのような状況ですが、果たしてゴールド
を採掘するような企業の株式(金鉱株)は果たしてどうなので
しょうか?

今日はNUGTについて徹底分析していきます。

 

『NUGT』Direxion デイリー金鉱株ブル3倍ETFの基本情報

投資対象は?

NUGTの投資対象は先進国および新興国を含むグローバル
市場でビジネス展開している企業の中で、主に金や銀の
採鉱にかかわっている企業の株式です。

日次の値動きがNYSE Arca金鉱株インデックスの3倍となる
投資成果を目指します。

国別の構成銘柄を見てみると、カナダが約50%、アメリカが
約20%、オーストラリアが約15%とあまりお目にかからない
構成比となっています。

純資産総額は?

NUGTの純資産総額は約400億円程度で、そこそこ大きな
規模のファンドであることがわかります。

実質コストは?

続いて、NUGTの実質コストを見てみましょう。

運用報酬や、運営費用、ファンドにかかる手数料などを
すべて含めると、1.17%かかります。

また証券会社によりますが、日本円を米ドルに換えるため
の為替手数料やETFを購入するときにかかる売買手数料が
別途かかります。

それを考えると、日本のインデックスファンドもかなり
安くなってきたことがよくわかりますね。

購入時手数料 証券会社による
実質コスト 1.17%(税込)

 

『NUGT』Direxion デイリー金鉱株ブル3倍ETFの評価分析

基準価額の推移は?

続いてNUGTの直近10年間の基準価額の推移を見てみ
ましょう。

ブル型ETF(株価が上昇していれば、その3倍のペース
で上昇していくはず)であるにもかかわらず、この約10
年間で金鉱株がいかに下落したかがよくわかります。

2015年以降は並行線に見えてしまうので、もう少し期間
を短くしてみましょう。

これが直近3年間の基準価額の推移です。

レバレッジがかかっているので、当然といえば当然なの
ですが、方向感なく上下に大きく変動しています。

直近のコロナショックの影響は強烈で、約80%近く資産
が目減りしています。

コロナショックで金価格は上昇していたころからも、
金と金鉱株ETFはまったく別物だということがわかります。

利回りはどれくらい?

続いてNUGTの利回りを見てみましょう。

直近で大きく下げたこともあり、利回りは見るも無残な
結果となっています。

インバース型のETFであれば、当然の結果なのですが、
NUGTは値下がりに期待して投資をするようなETFでは
なく、値上がりに期待して投資をするブル型ETFです。

そこから考えると悲惨ですね。何より、直近の大暴落で
資産を削られた人はかなり多いでしょう。

年間利回り
1年 ▲68.65%
3年 ▲44.64%
5年 ▲40.62%
10年

※2020年3月時点

年別のパフォーマンスは?

続いてNUGTの年別のパフォーマンスを見てみましょう。

S&P500に3倍のレバレッジをかけて運用するSPXLなど
はマイナスの年もありましたが、総じてプラスのリター
ンの年がほとんどでした。

しかし、NUGTはマイナスリターンの年のほうが多く、
金鉱株が総崩れしていると言っても過言ではない状況
です。

さすがにこれではNUGTに投資をする気にはなれません。

年間利回り
2019年 100.67%
2018年 ▲44.52%
2017年 3.73%
2016年 57.33%
2015年 ▲78.24%
2014年 ▲59.28%
2013年 ▲95.00%
2012年 ▲43.94%
2011年 ▲47.85%

※2020年3月時点

NUGTとSPXのパフォーマンス比較

NUGTへの投資を検討している人であれば、少なくとも
米国を代表するS&P500へのインデックス投資よりも
パフォーマンスが優れていなければ、投資するに値し
ません。

そこでNUGTとSPXの過去5年間のパフォーマンスを比較
してみました。

結果は、NUGTが95%のマイナス。SPXは14.49%のプラス
となっています。

直近3年間のパフォーマンスを見ても、NUGTは83%の
マイナスに対して、SPXは2.79%のプラスです。

この結果を見る限り、レバレッジをかけてNUGTで運用
するよりもS&P500に単純に連動するETFで投資としては
十分であることがわかります。

レバレッジをかけて運用するのであれば、少なくとも
NUGTをあえて選ぶ理由は全く見つかりません。

どこで買えるの?

NUGTは人気の海外ETFですので、海外ETFを扱っている
証券会社であれば、購入できると思って間違いありません。

ネット証券で言えば、SBI証券、楽天証券、マネックス証券
など有名どころの証券会社であればどこでも購入することが
できます。

『NUGT』Direxion デイリー金鉱株ブル3倍ETFの評価まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的にブル型のファンドは上昇することを前提に
レバレッジをかけて投資をしていくのですが、金鉱株
はパフォーマンスが悪すぎて、悲惨な状況となっています。

改めて、ゴールドと金鉱株は全く別物であるという認識を
持たなければいけません。

またパフォーマンスを見ると、S&P500よりもはるかに
劣っていますので、現状あえてNUGTへの投資を検討する
必要もないと思います。

大きく下落しているからこそ、チャンスだという意見も
聞こえてきそうですが、過去のパフォーマンスを見る限り、
NUGTが今後、大きく反転上昇していくイメージもありません。

下落したからこそ、狙っていくというのであれば、NUGT
ではなく、TECLやSPXLのほうがはるかに高いリターンを
期待できると思います。