VIX指数関連の投資に興味がある人であれば、米国VIブルETFの
名前を聞いたことがあるかもしれません。

米国VIブルETFは米国VIベアETFと並んで、人気のCFDであり、
少額からVIX指数に関連する投資をしたいという人には、まさに
最適な金融商品と言えるでしょう。

今日は、米国VIブルETFは投資するに値するのか、徹底分析
していきます。

米国VIブルETFとは?

まず、米国VIブルETFとは何なのかを説明していきます。

米国VIブルETFはNYSE(ニューヨーク証券所)に上場している
プロシェアーズ・ウルトラVIX短期先物ETF(UVXY)に連動する
ように設計されたCFDです。

GMOクリック証券のCFD取引高では、だいたいトップ3に入る
取引高を誇っており、多くの個人投資家が注目している商品でも
あります。

難しい言葉がいきなり出てきてよくわからないという人も
いるかもしれないので、もう少し細かく見えていきます。

この商品はプロシェアーズという運用会社が設定したETFに
連動するようにGMOクリック証券が設計したCFDです。

CFDが何なのかよくわからないという人は、こちらの記事に
CFDについてまとめていますので、確認しておいてください。

CFD取引って何?知る人ぞ知るCFDの魅力とは?

そして、プロシェアーズが運用するETFはVIX短期先物指数に
連動するETFです。もともとVIX短期先物指数の日々の変動率の
2倍変動するように設計されていましたが、VIXショック以降は、
日々の変動率の1.5倍変動するように設計されています。

つまり米国VIブルETFの仕組みを理解するには、プロシェアーズ・
ウルトラVIX短期先物ETF(UVXY)の理解が必要であり、プロシェア
ーズ・ウルトラVIX短期先物ETF(UVXY)を理解するには、VIX短期
先物指数について理解をできればよいということになります。

VIX短期先物指数というのは、VIX指数先物の第一限月と第二限月を
ロールオーバーして、満期が常に30日になるように、設計されている
合成先物です。VIX短期先物指数については、こちらの記事でかなり
細かく説明しているので参考にしてください。

S&P 500 VIX 短期先物指数とは?なぜ下落を続けるのか?

米国VIブルETFの値動きは?

では、実際に米国VIブルETFがどのような値動きをしてるのかを
見てみましょう。

以下の図は設定来の米国VIブルETFの推移を示しています。

一目でわかりますが、恐ろしい勢いで下落していることが
わかります。2012年以降はほぼ、真横に推移しているので、
値動きがないのではないかと思ってしまいますが、決して
そういうわけではありません。

次の図は米国VIブルETFの直近2年間の値動きの推移を示して
います。確かに右肩下がりに下落はしていますが、VIX指数が
上昇するタイミングで、米国VIブルETFも上昇しています。

このチャートを見て、買いをしかけようと思う人はわずかだと
思いますが、売りをしかけるにしても、指数の急上昇にも耐え
られるだけの資金管理術が必要となります。

 

米国VIブルETFは仕組み上、2段階の下落圧力がかかります。

一つ目の下落圧力が米国VIブルETFが連動する指数である
VIX短期先物指数による影響です。

VIX短期先物指数はコンタンゴの状態であれば、ロールオーバー
するときに、価格の安い第一限月の先物を売却し、第二限月の
先物を購入しますので、自然と価格が下落していきます。

ロールオーバーの仕組みを徹底解説!

そしてもう一つの下落圧力が日VIX短期先物指数の日々の
値動きの1.5倍の変動をするように設定がされているという
点です。

これは実際に数値の変動をみたほうがイメージが湧きますので、
具体例を見てみましょう。

以下の表は米国VIブルETFとVI短期先物指数の変動率を比較
したものです。VIX短期先物指数と米国VIブルETFの1日目の
価格をそれぞれ100とします。

そして、VIX短期先物指数が100→120→100→120→100と変化
したときに、米国VIブルETFがどのように変動するかを示しています。

ここで注目すべきは米国VIブルETFの5日目の価格が91となって
いる点です。VIX短期先物指数は元の100であるにもかかわらず、
米国VIブルETFは100から91とマイナスになっています。

このように、単純にVIX短期先物指数の1.5倍の変動をしている
わけではないということを理解しておいてください。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
VIX短期先物指数 100 120 100 120 100
変動率 +20% ▲17.7% +20% ▲17.7%
変動率(1.5倍) +30% ▲26.55% +30% ▲26.55%
米国VIブルETF 100 130 96 124 91

米国VIブルETFのパフォーマンスは?

ここでは、米国VIブルETFが連動しているUVXYのパフォーマンスを
見てみましょう。

2018年のVIXショック時を除いて、非常に好調なパフォーマンスと
なっています。

これを見ると、売り戦略を取れば、2年で資産が2倍以上に増える
ようなイメージを持ってしまうかもしれませんが、残念ながら
そういうわけではありません。

米国VIブルETFはVIX短期先物指数に連動する商品ならでは
の注意点がありますので、こちらを確認しておいてください。

VIX短期先物指数の仕組み上の注意点

米国VIブルETFで勝つための戦略とは?

では、このような特徴的な値動きをする米国VIブルETFで
勝つにはどうすればよいのでしょうか?

まず、CFDを買いから入るというのは、普通に考えて
あり得ません。下落圧力が圧倒的に強いにもかかわらず、
上昇に賭けるというのは愚策です。

ですので、基本的には下落すると利益が出るようにCFDを
売る戦略が正しいと言えるでしょう。

ただし、ここでも注意が必要です。

中長期的にみれば確かに下落はしていますが、ときどきVIX指数が
上昇するタイミングで米国VIブルETFも大きく跳ね上がります。

直近のVIXショックがあった2018年2月には3倍くらいまで
跳ね上がりました。

空売り戦略は確かに利益が出やすいのは間違いないのですが、
資金管理もちゃんとせず投資をしてしまうと、急上昇した
タイミングで、一発退場になる可能性があります。

急上昇はめったに起きないだろうと思って、戦略を立てている
ようでは、いつか必ずそのめったに起きない急上昇にやられて
投資資金をすべて失うことになります。

GMOクリック証券では自動でロスカットラインが設定されて
いますので、設定をいじらない限りはそこまで大きくやられる
心配はありませんが、ロスカットラインの設定を自分で行う
場合は要注意です。

最低でも3~4倍に米国VIブルETFが上昇したとしても、
追証にならない程度に資金を保有するようにしましょう。

またエントリーするタイミングも非常に重要です。

利益を最大化するためには米国VIブルETFが急上昇する
タイミングを見計らって投資をするのがベストです。

ひとつの目安としては、NYダウの下落が大きくニュースで
報じられたしたときはチャンス到来だと考えてください。

NYダウが下落するときは、S&P500も必ず下落します。
S&P500が下落するということはVIX指数が急騰するタイミング
であり、米国ブルETFが急騰するタイミングです。

ただし、実際に投資をしてみればわかることですが、
GMOクリック証券ではVIX指数が急騰したときに、
米国ブルETFの取引に規制がかかってしまいます。

そのため、GMOクリック証券が規制をする前、もしくは
規制が解除されるタイミングに合わせて、エントリーする
しかありません。

さきほどいったようにニュースでNYダウの下落が報じられる
ような時は、ほぼ間違いなく規制が入りますので、細目に
規制が解除されるタイミングを見計らう必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

米国VIブルETFは売りから入れば基本的には勝てる仕組みに
なっています。しかし、たまたま勝てることはあっても正しい
トレードルールに従ってトレードをしなければ、あなたの利益は
すぐになくなってしまうでしょう。

最近、米国VIブルETFについてお問い合わせを多くいただくように
なったこともあり、米国VIブルETFのトレードスクールを開催
する準備を進めています。

10月ごろにはリリースしたいと思っていますので、また改めて
告知させてもらいますね。