VIX指数関連のCFDに投資をしようとすると、米国VI、
米国VIブルETF米国VIベアETFの3つのどれかから
選択することになります。(GMOクリック証券の場合)

それぞれ異なる特徴をもっているので、状況に合わせて
使いわければよいのですが、毎月ほぼ上位の取引額を
誇るのが米国VIです。

今日は、この米国VIの特徴と売買戦略について徹底
分析していきたいと思います。

米国VIとは?

では、まず米国VIとは何なのか見ていきましょう。

米国VIとはシカゴ・オプション取引所(CBOE)で取引されて
いるVIX指数先物に連動するCFDです。

厳密に言えば、第一限月(満期まで30日以内)のVIX指数先物
に連動しています。

VIX指数先物というのは、その名の通りVIX指数の先物です。
ここでよく勘違いをする人がいますが、VIX指数とVIX指数の
先物というのは、まったく別のものです。

VIX指数自体は実体のない指数なので、取引できませんが、
VIX指数先物は取引できます。

ここで注意が必要なのは、日経平均株価と日経平均先物の場合、
ほぼ同じような値動きとなりますが、VIX指数とVIX指数先物の
場合は同じ動きになりません。

このVIXの仕組みをよく理解しておかないと米国VIの投資で失敗
することになります。

米国VIの値動きは?

それでは早速米国VIのチャートを見てみましょう。VIX指数のチャートを
見たことがある人であればすぐ気づきますが、米国VIの値動きは、VIX指数
のチャートと非常によく似た形状をしています。

つまり、S&P500が大きく下落したときに、チャートが急上昇するという
特徴を持っていることがわかります。

ここで注意しなければいけないことがあります。一見すると
VIX指数と同じような動きをしているので、米国VIを安値で買って、
急騰するタイミングまで待てばよいと考えるかもしれません。

しかし、次に説明するように、チャート上ではVIX指数と同じような
値動きをしているように見えるのですが、実際は右肩下がりに価値は
下落しているのです。

そのため、米国VIを安値で買って急騰を待つという戦略は儲かる
ように見えて、実際には損をすることになります。

米国VIの価格調整とは

さて、ここまで読み進めると、なぜ米国VIの買い戦略が有効でないのか
よくわからないという人もいると思いますので、その理由を説明して
いきます。

日経225や原油、VIX指数の先物のCFDには価格調整という
調整が行われます。この価格調整というのが、元凶なのですが、
これは、いったいどのような機能なのでしょうか?

まず、先物の特性について改めて理解をしておく必要があります。

先物取引というのは、決められた期日に、決められた品物を
現時点で決めた価格で売買することを約束する取引です。

つまり、現時点でVIX指数が15だったとして、3カ月後に
VIX指数を15で購入するという約束をするのが先物取引です。

CFDが参照する先物には期限(満期)がありますので、満期以降は
当然その先物は取引ができません。一方でCFDには期日がないので、
先物が期日を迎える前に、期近から期先へと変更する必要が出てきます。

米国VIの場合は第一限月(満期まで30日以内)の先物が対象なので、
この先物が満期を迎える前に新しい先物を購入する必要があるのです。

これをロールオーバーと言います。

ロールオーバーについて詳しく知りたい方はこちらの記事で
詳しくまとめていますので、読んでみてください。

なぜロールオーバーすると価格が下がるのか?

では、なぜロールオーバーをすると、問題なのでしょうか。

それは、期近の先物と期先の先物の価格が異なるからです。

コンタンゴの状態であれば、期先の先物のほうが価格が高くなり、
バックワーデーションの状態であれば、期近の先物のほうが価格が
高くなります。

つまり、コンタンゴの状態でロールオーバーすると、損失が出て、
バックワーデーションの状態でロールオーバーすると利益が出る
ということになります。

コンタンゴとバックワーデーションで利益や損失が出るイメージが
わかないという方はこちらで詳しく解説していますので、みておいて
ください。

コンタンゴとバックワーデーションとは?

ここで、米国VIについてあたらめて考えてみますが、米国VIが
連動しているVIX指数先物の場合、コンタンゴの状態であること
がほとんどであるため、ロールオーバーすると米国VIの価格が
下落してしまうことになります。

つまり、何もしなければどんどん下落していってしまうわけです。

それを防ぐという意味で価格調整が行われます。

米国VIの日足チャートを実際にみてみるとイメージが湧くと
思います。以下のようにひと月に1度チャートが窓を開けています。

本来であれば、窓をあげずに下落をし続けているはずなのですが、
価格調整が行われることで、チャートが大きく上昇しています。

このように、窓をあけて調整が行われると、米国VIの買い
ポジションを持っていると価格の上昇に伴い、利益が増える
のでは?と考える人もいると思います。

しかし、残念ながらそうはなりません。

結論としては、米国VIの買い側はこの上昇した分を調整する
ための毎月1回、価格調整額という名目で資金が差し引かれます。
なので、実質的には±0ということです。

逆に米国VIの売りポジションを持っていると、価格上昇に伴い、
利益が減ることになります。ですので、毎月1回、価格調整額と
いう名目で資金が増えます。なので実質的には±0になります。

なので、米国VIのチャートを見るだけでは気づきませんが、
チャートは実質的に右肩下がりに下落しています。つまり、
売り戦略が圧倒的に有利ということです。

米国VIを活かしたおすすめの投資戦略は?

繰り返しになりますが、米国VIはチャート上ではあまり下落を
していないように見えたとしても、VIX指数先物のCFDである
米国VIは仕組み上、下落方向に圧力がかかっています。

価格調整について知らないとつい買いポジションを保有してしまう
人もいるのですが、チャート上では損失がでなくても、価格調整に
より損失が膨らむことを忘れてはいけません。

ですので、基本的にVIX指数の急上昇を狙って、買いポジションを
保有するのは得策ではありません。

VIXの急騰を予想できる人であれば投資してもよいですが、それを
予想できる人などまずいません。

そうなると、米国VIを売りポジションから入るほうが戦略上は
優れていることになります。

仕組み上、下落していくわけですので、当然と言えば当然です。

一番理想なのは、VIX指数が急騰して、米国VIも急騰したタイミング
で売りをしかけることですが、このチャンスは年に数回しかないだけ
でなく、売りの規制がかかることもあるので、タイミングがよくなけ
れば、エントリーできません。

また、米国VIを売りポジションから入る場合、VIX指数が急騰した
ときに強制ロスカットに合わないようにしなければすべての投資資金
を失うことになります。

GMOクリック証券ではロスカットの注文が自動で設定されるので
設定をいじらない限りは大丈夫なのですが、ロスカットレートを
自分で設定する場合には注意が必要です。

また、急騰したときほど、値が飛んでしまい、ロスカットの注文が
うまく執行されないことが多々あります。

ですので、注文を入れないよりは入れたほうが当然よいのですが、
うまく執行されないリスクがあるということは覚えておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

米国VIはGMOクリック証券でも非常に人気の商品なので、
さすがに仕組みを知っている人のほうが多いのでは?と
思いますが、米国Ⅵの仕組みを知らないのは致命的です。

ぜひ今後のトレードに活用してください。