カレンダー・スプレッドは、同一権利行使価格で期近の限月のオプション売って、期先の限月のオプションを買って、タイムディケイの差を利用して利益を上げる手法です。

ここからは具体的な事例で見ていきます。10/10にポジションを取って、10/17に反対売買した時の損益を見てみましょう。

【2022年10月10日】

日経平均株価:28000円

11c28000@40 売1枚

12c28000@80 買1枚

【2022年10月17日】

日経平均株価:27800円

11c28000@20 売1枚

12c28000@70 買1枚

【決済損益】

11c28000:40円-20円=+20円

12c28000:70円-80円=▲10円

合計損益+10円

カレンダー・スプレッドを選択するときの特徴

ポジション:同一権利行使価格で期近の限月のオプションを売り、期先の限月のオプションを買う

狙い目:期近のオプションのボラティリティが大きいとき

最大利益:反対売買や満期到来で売りポジションがなくなり、買いポジションだけになると利益無限大

最大損失:理論上、無限大。ただ、多くの場合、買いポジションでカバーできる

長所:タイムディケイの恩恵を受けられる。

短所:売りのみに比べて利益が減る。