日経225オプションに投資をしている投資家はSQで最終的に利益が出るかどうか、その確率が高くなるかどうかで取引をしていますので、SQにおける合計損益の計算方法を知っておく必要があります。

ここからは、SQにおいてプット・オプションを買った場合の合計損益について詳しく見ていきます。

SQにおける2つの合計損益

まず、SQにおけるプット買の合計損益を考える上で、次の2つの損益を考える必要があります。

①プット・オプションの購入プレミアム

②プット買いのSQにおける損益

今回、例として権利行使価格が28,000で、プレミアムが200円のプット・オプションを買った時の合計損益を考えてみましょう。

プット・オプションの購入プレミアム損益

①のプット・オプションの購入プレミアムは、オプションを購入するときに支払う費用であり、SQまで日経平均がどれだけ動こうが確実に発生する費用(20万円)になりますので、チャートで表すと以下のようになります。(橙線)

※縦軸が損益、横軸が日経平均株価

プット買いのSQにおける損益

次に、②のSQにおけるプット買の損益は以下のようになります。SQにおいて日経平均が権利行使価格28,000よりも低くなっていれば、オプションの買い手は利益が出ますので、必ず権利行使をします。

一方、SQにおいて日経平均が権利行使価格に届かない場合は、権利を行使すると、損失が出ますので、オプションの買い手は権利を放棄します。


※縦軸が損益、横軸が日経平均株価

もう少し具体例で説明しておくと、権利行使価格が28000のプット・オプションを買ったとして、SQ値が27500だったとします。

そうすると、プット・オプションの買い手は日経平均を28000円で売る権利を持っているわけですので、28000円で売って、27500円で買い戻せば、500円×1000倍=50万円の利益が出ます。

つまり、権利行使価格よりSQ値が低ければ、プット・オプションの買い手は必ず利益が出ますので、必ず権利行使することになります。

一方で、権利行使価格が28000のプット・オプションを買ったとして、SQが28500だったらどうでしょうか。

プット・オプションの買い手は日経平均株価を28000円で売る権利を持っているわけですので、28000円で売って、28500円で買い戻せば、500円×1000倍=50万円の損失が発生します。

権利を行使すると、損失が発生してしまうので、プット・オプションの買い手は権利を放棄することで、損失を回避することができます。

ここまでが、プット・オプションの損益を分解したときの話です。

ここからはさきほどの①プット・オプションの購入プレミアムと②プット買のSQにおける損益を合わせたプット・オプションの合計損益を見ていきます。

プット買いのSQにおける合計損益

具体的にどのようなグラフになるかと言うと、以下のようになります。


※縦軸が損益、横軸が日経平均株価

まず、注目すべき点はSQにおいて日経平均株価が権利行使価格28,000よりも高かった場合です。

この場合、プット・オプションの買い手は権利を放棄しますので、実質的にはプット・オプションを買った時の費用分(20万円)だけ損が出ることになります。ただ、購入費用以上の損失は絶対出ませんので、プット買は損失が限定されていると良く言ったりします。

続いて、SQにおいて日経平均株価が27,800~28,000だった場合です。さきほどSQにおける日経平均株価が権利行使価格を上回っていれば、利益が出るので、オプションの買い手は権利行使をするという話をしました。

この表現は正しいと言えば正しいのですが、厳密にいうと、プット・オプションの買い手は、購入費用20万円を先に支払っていますので、SQ値が権利行使価格よりも少しだけ上回った場合、オプションからの利益よりオプションの購入プレミアムが上回り、トータルの損益がマイナスになることがあります。

ですので、オプションの購入費用分(20万円)、日経平均が上昇した時にはじめて、プット・オプションの買い手は損益がトントンになります。

そして、そこよりもSQ値が高くなった場合、初めてプット・オプションの買い手は利益が出るというわけです。

SQにおけるプット・オプションの全体損益まとめ

・プット・オプションの最大損失はオプションの購入費のみ

・SQの日経平均株価が権利価格より大きく超えれば超えるほど、利益は大きくなる

・プット・オプションが権利行使されても、トータルの損益で見ると、マイナスになることもある。

・SQでの日経平均株価が重要であり、SQより1日前、1日後に権利行使価格を超えても意味はない

教科書では学べない実践で使えるマメ知識

コール買いとほぼ同じになりますが、よくオプションの書籍やブログ、証券会社のwebサイトでは、損失が限定されているからプット・オプションを買ってみよう!などと書いてあります。

ただ、もともと分の悪い賭けなので、負ける確率のほうが高いわけですし、シンプルに今後今よりも下落すると思うのであれば、日経225先物や日経225先物miniを売ったほうがよほど勝てる確率は高いです。やってみればわかりますが、なかなか勝てないと思います。

プット買いの場合は、お宝オプションといって、ATMからはるか遠くのプット・オプションを買っておき、大暴落時にプレミアムが急騰することにかけるような取引方法が推奨されることもありますが、正直負け続けるので、相当な覚悟で臨まない限り、途中で断念することになります。

少なくとも、オプションを始めたばかりの人が取り組むような戦略ではないので、ある程度オプションを習得して、新しいトレード方法を探したいと思った時に検討してみるくらいでいいと思います。

まずは、基本的な戦略の中で使われるプット買いのシーンをしっかりと覚えてください。