近年、不動産、船を筆頭にありとあらゆる投資が小口化
されてきました。

そして、ついに太陽光発電投資も小口投資ができるように
なりました。

太陽光発電投資は、土地を購入し、太陽光パネルを建て、
発電した電力を売却することで、売電収入を得るという
不動産投資のような投資です。

日本のようなエネルギーの大半を海外に頼っているような
国では、自然エネルギーの活用が大きなテーマとなっており、
ESG投資が注目されている近年では、さらに注目が増しています。

今日はそんな太陽光発電投資が少額からできる
CHANGE(チェンジ)について、独自目線で徹底分析していきます。

太陽光発電所「CHANGE」とは?

CHANGE(チェンジ)はクリーンな電気を作る太陽光発電所を
スマホで簡単に購入できるサービスです。

従来であれば、自分で土地を購入し、太陽光パネルを設置して、
電力を販売する必要がありましたが、あなたは何も煩雑な
手続きをすることなく太陽光発電投資を始めることができます。

日本人の暮らしを支えているエネルギーは石油・石炭・天然ガス
などの化石燃料が中心で、90%近くものエネルギーを輸入に
頼っているのが現状です。

原子力発電に関しては、近年その安全性について多くの問題が
指摘されています。

その点、太陽光発電は自然エネルギーを電力に変換しており、
まさにクリーンな電力として、多くの投資家からも注目されて
いるのです。

太陽光発電所「CHANGE」の仕組みは?

続いて、CHANGE(チェンジ)の仕組みを見ていきましょう。

CHANGE(チェンジ)は日本国内の遊休地や耕作が放置された
農地に大型の太陽光発電パネルを設置し、そのパネルの権利を
分割し、投資家が最小1W(200~300円)から購入ができる
サービスです。

つまり、少額から太陽光発電パネルのオーナーになれると
いうことです。

あなたがオーナーとなった太陽光発電パネルから作り出された
電力を電力会社に販売し、その売上が投資家の利益になると
いう仕組みです。

太陽光パネルを買った投資家は特に何かする必要があるわけ
ではなく、運営管理はすべてお任せできますので、オーナーに
なった投資家には負担らしい負担は何もありません。

実際にCHANGE(チェンジ)に投資を始めている人の意見を
見てみます。

太陽光発電所「CHANGE」の評判は?

私もマネともさんが言うように、株や債券と相関が低い資産
という意味で、CHANGE(チェンジ)をポートフォリオに入れるか
検討する価値があると思っています。

下落相場では、株と一緒に下落せずにコツコツ増える資産を
持っておくのはとても意味があります。

少額から積立ができるというのも多くの投資家が気軽に
始められていいですね。

実質利回りも6~7%くらいはあるので、投資体調としても
魅力ですし、太陽光発電=地球環境への貢献というのが
イメージしやすいのもいいですね。

太陽光発電所「CHANGE」の運営会社は?

CHANGE(チェンジ)の運営会社はチェンジ・ザ・ワールドと
いうベンチャー企業が運営しています。

2014年から太陽光発電事業を中心に行っている企業ですが、
財務情報について開示されていないので、どの程度の収益を
あげている会社なのかが判断できません。

2020年度には環境省のグッドライフアワードや経産省の
「J-Startup TOHOKU」に選定されているので、ちゃんと
事業を行っている企業のようにも見えますが、この段階で
判断は難しいと言わざるを得ません。

今回の案件で言えば、売電収入がワットプラス及びチェンジ
コインというポイントで分配がされます。

事業者側からすれば、投資家から預かった資金をすぐに現金
として投資家に支払う必要がない仕組みになっているため、
投資家から預かった資金がちゃんと保全される仕組みに
なっているのかが非常に気になるところです。

太陽光発電所「CHANGE」はどんな案件を扱っているの?

それでは、CHANGE(チェンジ)が具体的にどのような案件を
取り扱っているのか見ていきましょう。

満期保有利益率というのは、太陽光発電投資にかかる費用を
見込んでいない利益率なので、この数値は何の参考にもなりません。

ここで注目するべきは、実質利回りと言って、メンテナンス
コストや地代家賃、保険料などのコストを差し引いた利回りです。

だいたいどの案件も7%前後にはなっていますので、投資対象
としては十分な利回りと言えるのではないでしょうか。

太陽光発電所(パネルの設置場所)は千葉、茨城といった
関東圏だけでなく、青森にもあるようです。

大半の発電所については、投資家ができる購入枠は埋まって
いますが、直近の4~5件についてはまだ購入できるくらいの
空き枠があるような状態です。

ですので、不動産クラウドファンディングやその他、人気の
クラウドファンディングと比べると、まだ知名度も低いようです。

太陽光発電所「CHANGE」に投資をするメリットは?

少額から太陽光発電投資ができる

太陽光発電投資を実際にやっている人ならわかりますが、
土地を買ってパネルを建てるとなると、1000万円以上の
資金が必要になります。

ですので、今までは手軽に太陽光発電投資を始める方法が
ありませんでした。

しかし、CHANGE(チェンジ)が登場したことにより、わずか
数百円から投資ができるようになりました。

これにより、今まで太陽光発電投資を始めたくてもできな
かった人たちが少額から太陽光発電投資を体験できるように
なったというのは大きなメリットと言えます。

すべてお任せできるのでラク

太陽光発電投資は土地を買って、パネルを建ててしまえば、
後は何もすることがないと思ってしまいがちですが、実際には
盗難対策をしたり、維持メンテナンスをしたりと、売電収入を
長い間、得続けるために様々な活動が必要になります。

その煩雑な作業を一切自分ですることなく、比較的高い
利回りが得られるのは大きなメリットです。

いつでも換金できる

通常の太陽光発電投資であれば、投資をやめたいと思っても、
土地と太陽光パネルを売却するのは簡単ではありません。

しかし、CHANGE(チェンジ)であれば、スマホ上から自分が
購入したワットを売却するだけで、投資をやめることができます。

不動産投資しかり、太陽光発電投資においても、最後の売却を
失敗すると今までの利益がすべて吹き飛ぶようなこともある
世界なので、売却を気軽にできるというのはとても大きなメリットです。

他の資産と相関が低い

よく私がブログで話をしている内容ですが、株や投資信託を
中心に運用している人であれば、株や投資信託と相関の低い
資産を持つことが重要です。

下落相場ですべての資産が大きく目減りすると、気持ちも
滅入ってしまいますが、そんなときに安定してコツコツ収入が
入ってくる資産があれば、気持ちが落ちつきます。

その点、太陽光発電投資は株価の変動と相関がかなり低い
ので、投資対象としてはかなり魅力的だと言えるでしょう。

自然災害や盗難リスクへの対応がされているので安心

太陽光発電投資で恐いのが、自然災害や盗難といった予期せぬ
リスクです。

その点、CHANGE(チェンジ)では災害保険に加入しているので、
火災・落雷・暴風・豪雨、土砂崩れといった自然災害で太陽光
発電ができなくなったとしても心配の必要はありません。

また毎日、発電所に人が出入りするため、盗難やいたずらの
リスクを抑えることができています。

自然災害や盗難リスクへの対応はできているようなので、
あとは運営会社が預かった資金を他の用途で使ってしまわない
限りは、投資元本がいきなり消える心配はなさそうです。

太陽光発電所「CHANGE」に投資をするデメリットは?

元本保証ではない

自然災害や盗難リスクはヘッジされているので、投資元本を
毀損するリスクはないと考えてしまいがちですが、それでも
予期せぬことがおこり、投資元本が毀損するリスクはゼロでは
ありません。

ですので、元本保証ではないということは投資をする前に
しっかりと頭に入れておく必要があります。

レバレッジが効かない

これは現物の太陽光発電投資と比べてということになりますが、
一般的な太陽光発電投資では、銀行から融資を受けてレバレッジ
をかけて運用するのが普通です。

その点、CHANGE(チェンジ)では、自分が持っている貯蓄から
投資をしないといけませんので、レバレッジを効かせることは
できません。

ただ、少額から投資を始めたいという人にとってはデメリット
にはならないと思います。

会社の規模が小さい

CHANGE(チェンジ)に投資をする上で、唯一にして最大の
デメリットが会社の規模が小さく、会社の経営状況が定か
ではないという点です。

CHANGE(チェンジ)がうまく行かない可能性の中で一番恐い
のは、投資をした資金が別の用途で使われてしまい、戻って
こなくなるパターンです。

特にCHANGE(チェンジ)では、売電収入をワット・プラスと
いうポイントのようなもので受け取り、それを換金することで
現金として受け取ることができます。

このポイントで受け取れるというのは少し怖い部分があり、
嫌な言い方をすれば、運営会社は自分の手元に投資家から預か
った資金を置いておかなくても、ポイントだけ配ってしまえば
投資家に売電収入を支払ったことになります。

そうなると、実際の現金は投資家に分配する必要がないので、
他のことに使ってしまうといったリスクが考えられるという
わけです。

考えすぎと言われるかもしれませんが、ポイントで分配金が
受け取れる案件というのは、往々にして詐欺案件になることも
ありますので、注意するに越したことはありません。

太陽光発電所「CHANGE」の評価まとめ

いかがでしょうか?

太陽光発電投資は多くの人がまだ挑戦したことがない分野
だと思います。

そういう意味で少額から投資ができるというのはとても良い
機会になるのではないでしょうか。

利回りも7%前後なので、インデックスファンドに投資をする
のと遜色ないレベルです。

太陽光発電に少額から投資をしてみて、うまくいくイメージが
湧いたら、実際の太陽光発電投資に挑戦してみるのもよいかも
しれません。

メリットはとても多いと思いますが、唯一の注意点はやはり
運営会社であるチェンジ・ザ・ワールドの信用リスクです。

太陽光発電事業を2014年から取り組んでいますので、実績は
十分にあると思いますが、小口化ビジネスを始めるのは初めてです。

資本力のある会社であれば安心できますが、会社の経営状況も
開示されていませんので、何か起こるとしたら、運営会社によ
るものだと思います。

とはいえ、そこを気にしすぎていると投資はできませんので、
まずは少額から投資をしてみてもよい投資先だと思います。