レバナス投資は短期投資派と長期投資派がいますが、
長期投資派の中にはさらに一括放置派と積立派がいます。

レバナスの記事を書くようになってから、

「レバナスは一括投資であとは放置がいいのか、
積立投資がいいのか、どちらの買い方がいいですか?」

とよく質問を受けるようになったので、今日はどちらの
買い方がいいのか私の持論を解説していきます。


レバナスを一括投資して放置している人の声

さて、ここからはレバナスの一括投資をして放置している人の
意見を見ていきましょう。

米国株が軟調であることもありますが、レバナスを一括で
買った人たちはかなり資産が目減りしているようです。

レバナスは上昇するにしても、下落するにしてもとにかく
変動幅が大きいため、一括投資をする場合、買い時を
間違えると、買ったと同時に大きく値下がりしてしまう
リスクがあります。

積立投資でドルコスト平均法を活用する場合は、むしろ
購入単価が下がりますので、気になりませんが、一括投資の
場合は、買った地点から上がるか下がるかなので、買い時が
とにかく重要になります。

オルソ100%さんのようにまだ投資を始めて間もないにも
かかわらず、すでに弱気な発言をしているような人は、
ほぼ100%長くは続かないですね。

風丸さんが最後にとても良いことを言っていますが、投資
というのはメンタルスポーツのようなものなので、目先の
値動きに心を揺さぶられて、売却してしまわないように
するための耐性が必要です。

普通は少額から始めて、徐々に金額を大きくするため、
そこで耐性がついていくわけですが、耐性もないうちから
レバナスで一括投資を始めてしまうと、値動きに耐えられ
ないのは当然ですね。

レバナスを積立投資している人の声

続いて、レバナス積立をしている人の声を見ていきましょう。

りりこさんのように値段を見ずに遊び枠でレバナスを購入する
という考え方はレバナスを長期保有する上では、とても大事な
考え方です。

毎日買うことで、ドルコスト平均法が効いてきますし、目先の
レバナスの変動に気を取られなくなるのも大きいです。

ハピカブさんのような方は珍しいですが、自分の運用収益率を
もとに積立額を変更するようです。

自動で積立金額を変更できるのであればいいですが、毎日
チェックをして積立額を変更することになるので、結局
レバナスの値動きが気になってあまりうまく行かない気がします。

さて、ここまでレバナスの一括投資派と積立投資派の意見を
見てきました。

ここからは私がどう考えているのかお話ししていきます。

結局レバナスの買い方はどちらがおすすめなのか

結論から言ってしまえば、レバナスの買い方としては
積立一択です。理由は3つあります。

①一括投資はそもそもとても難しい

1つ目は、普通の投資家には一括投資は難しいからです。

一括投資をする場合、一番重要になってくるのは、いかに
割安な価格で一括投資をするかということになります。

※一括投資をするのに割安かを判断していないとしたら論外です。

この割安かどうかを判断して、投資をするのは、何十年も
投資をやっているプロ投資家でも判断するのは難しいです。

もし皆がこれをできれば、株式投資で皆が大金持ちになれますよね。

レバナスの場合は、さらに普通の商品よりも値動きが大きい
ので、奇跡的に良いタイミングで入れる可能性もありますが、
失敗すると、かなり高い価格で掴んでしまう可能性があります。

「良いタイミングで投資ができればより儲かる」という
夢物語から早く目を覚ますことが大事です。

②積立なら投資耐性を少しずつつけられる

2つ目は、レバナスの値動きに少しずつ耐性をつけられる
からです。

前述しましたが、レバナスはとにかく値動きが大きいので、
目先の値動きを気にしてしまう人は、精神的に疲れてしまい、
長く投資を続けることはできません。

特に一括投資をすると、自分の投資金額が増えているのか
減っているのか気になってしまいがちです。

一方で、レバナス積立の場合は、積立額が少しずつ増えて
いきますので、いきなり大きな含み損を抱える心配があり
ません。

徐々に投資金額が大きくなる中で、徐々に含み損への耐性も
つけていけるので、長期保有を継続できる可能性が高くなります。

③積立なら気軽に始められる

3つ目は、レバナス積立のほうが気楽に始められ、投資
していたことも忘れるくらいの感覚で続けられるからです。

他の記事でも紹介しましたが、レバナスで大きな利益を
得るためにとても大事なのは、大きなリターンをそもそも
期待せずに投資をすることです。

大きなリターンを期待し始めたと同時に、あなたはレバナスの
値動きが気になって仕方なくなり、そうなると、長く保有を
続けるのはほぼ不可能です。

一括投資のように、「この資産を増やしてやろう!」という
心意気で始めてしまうと、目先の値動きの大きさに心を揺さ
ぶられ、疲れてしまい、長続きしません。

ですので、遊び半分で始められて、運よく儲かればいいやと
いう気持ちで始められるレバナス積立のほうが最終的に成功
しやすいのです。