年平均10%のファンドAと年平均マイナス10%のファンドBが
あったとき、あなたはどちらに投資をしたいと思いますか?

普通の人であれば、ファンドAに投資をすると思います。
(私もそうします。)

一方で、ファンドの運用というのは長期で見ると、平均に
収斂していくという考え方があり、

もしそれが事実なのであれば、パフォーマンスが最悪の
ファンドに投資をすれば、インデックスを上回る運用実績を
残せるのではないかと考えに行きつきました。

というわけで、ここでは6000本以上あるファンドの中から、
2020年2月1日~2021年1月31日の1年間で運用成績が
ほぼ最下位のファンドを3本選び、1年間積み立て投資を
していきます。

ちなみにその3本というのは以下のファンドになります。

ファンド名 年利回り
eMAXIS 新興国リートインデックス ▲31.98%
シェール関連株オープン ▲28.03%
HSBC ブラジルオープン ▲26.21%

※集計期間:2020年2月1日~2021年1月31日

果たして、インデックスファンドを上回ることはできるのでしょうか??

運用実績を公開!

2021年3月末時点のファンド別の運用実績

3月の運用実績は、eMAXIS Slimの人気シリーズを
上回るパフォーマンスとなりました。

今後の運用が楽しみです。

ファンド名 純資産(円) 損益
eMAXIS 新興国リートインデックス 1,054 +5.4%
シェール関連株オープン 1,057 +5.7%
HSBC ブラジルオープン 1,049 +4.9%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 1,005 +0.5%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 1,052 +5.2%

※運用期間:2021/3/1~