年平均10%のファンドAと年平均マイナス10%のファンドBが
あったとき、あなたはどちらに投資をしたいと思いますか?

普通の人であれば、ファンドAに投資をすると思います。
(私もそうします。)

一方で、ファンドの運用というのは長期で見ると、平均に
収斂していくという考え方があり、

もしそれが事実なのであれば、パフォーマンスが最悪の
ファンドに投資をすれば、インデックスを上回る運用実績を
残せるのではないかと考えに行きつきました。

というわけで、ここでは6000本以上あるファンドの中から、
2020年2月1日~2021年1月31日の1年間で運用成績が
ほぼ最下位のファンドを3本選び、1年間積み立て投資を
していきます。

ちなみにその3本というのは以下のファンドになります。

ファンド名 年利回り
eMAXIS 新興国リートインデックス ▲31.98%
シェール関連株オープン ▲28.03%
HSBC ブラジルオープン ▲26.21%

※集計期間:2020年2月1日~2021年1月31日

果たして、インデックスファンドを上回ることはできるのでしょうか??

運用実績を公開!

2022年1月末時点のファンド別の運用実績

株式市場がちょうど調整局面入りしたタイミングなので、
総じてパフォーマンスはいまいちですが、結果は以下の
ようになりました。

原油価格の高騰を背景にシェール関連株オープンだけは、
かなりの高騰を見せています。

しかし、eMAXIS 新興国リートインデックス及びHSBC
ブラジルオープンは、eMAXIS Slimシリーズとほぼ変わら
ない状況です。

この結果から言えることは、1年間パフォーマンスが悪かった
ファンドを1本だけ選ぶとリスクがありますが、3本ほど分散
して投資をすると、なかなか優れたパフォーマンスになると
言えるかもしれません。

こちらいったん1年間の運用実績で検証したいので、あと1か月
運用したのちは、また新しい銘柄に入れ替えて検証を進めて
いこうと思います。

ファンド名 純資産(円) 損益
eMAXIS 新興国リートインデックス 11,319 +2.90%
シェール関連株オープン 13,804 +25.49%
HSBC ブラジルオープン 10,582 ▲3.80%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 10,544 ▲4.14%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 11,318 +2.88%

※運用期間:2021/3/1~2022/1/29